ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

LINEをビジネスで使うのを、なぜ大人は失礼に思うか

唐仁原俊博[ライター]
【第8回】 2015年7月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
実はベテラン社員もビジネスメールの書き方に悩んでいる?

 日本ビジネスメール協会が毎年調査している「ビジネスメール実態調査」。7月1日に、今年の調査結果が発表された。この調査は、35歳から54歳までが回答者の約7割を占めている(この傾向は去年も同様)ので、会社でいえば、中堅から上の層が多く回答していることになるが、これがなかなか面白い結果になっている。

※調査結果の数値は、小数点第一位以下を四捨五入。

ほぼ100%の人が使うメール
ただし7割が不安アリ?

 まず、「仕事で周囲とコミュニケーションをとるとき、主にどの手段を使っていますか」(複数回答可)という質問では、やはり圧倒的なのがメール・電話・会う、だった。4位はファクスであり、ここまでは従来の順位と変化がない。ただし、ファクスは前年の29%から、今年は21%へと、大きく落ち込んでいる。文書ファイル、PDFや画像をメールに添付することが当たり前になってきたことで、いよいよファスクも役目を終えようとしているのかもしれない。

 調査結果ではほぼ100%の人がコミュニケーション手段としているメール。さぞかし取り扱いには慣れているだろうと考えるだろうが、注目すべきはこのあとだ。「メールを書いて送るときに不安を感じることがあるか」という質問に対して、「よくある」が11%、「たまにある」が64%。なんと、実に7割もの人が、メールに不安を抱えているらしい。繰り返すが、この調査は対象者の大半が35~54歳である。そんな調査で、この結果が出てくるというのは、なかなかに驚きだ。だから就活生や新卒社員は、安心してほしい。みんなメールを出すのは不安なのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


データで読み解くニッポン

今の日本の姿はデータから読み解ける――。そのコンセプトの下、この連載では様々なデータから日本の今を探ります。

「データで読み解くニッポン」

⇒バックナンバー一覧