ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

ウインドウズ10を無料提供
大転換に賭けるMSの真意

週刊ダイヤモンド編集部
2015年7月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
スタートボタンを復活させたマイクロソフトの最新OS、ウインドウズ10。無料OSは30年の歴史の中で初となる

 ウインドウズ7以降のユーザーは1年間、無料でアップグレードできる──。かつてない配布方法を採り、ウインドウズ10が7月29日から提供開始となる。

 「ウインドウズ10は、これまでのOSの概念を超えて“サービス”になる」と平野拓也・日本マイクロソフト社長は言う。

 約3年ごとに新バージョンが発売されるというサイクルも改められ、今後は数カ月などの単位で新機能がインターネット経由で追加される。また、これまで基本的にはウインドウズ上ではウインドウズ用のアプリしか動かなかったが、10からはグーグルのアンドロイドやアップルのiOSベースのアプリも動くようになる。30年に及ぶウインドウズの歴史上で、極めて大きな方針転換といえる。

 以前なら全世界一斉リリースに合わせ、東京・秋葉原などで大々的な発売イベントが繰り広げられたものだが、今回はそれもなし。

 昨年秋から「インサイダープログラム」という、参加型の開発コミュニティをつくり、100カ国から500万人を募って開発中のOSを公開、300万件ものフィードバックを開発に反映させてきた。「まずは、これまで開発に参加してくれたインサイダープログラムのメンバー500万人に優先的に配布し、これらのメンバーを集めたパーティを計画している」(三上智子・日本マイクロソフトWindows本部長)という。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧