ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ネット口コミ徹底活用テクニック
【第8回】 2008年3月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
村本理恵子 [マーケティング・コンサルタント]

ウソと本当の見分けが難しい、掲示板の「脅迫・犯行声明」
――愉快犯が増えている!

1
nextpage

 「お宅の会社の製品に毒を入れる」

 こんな物騒な脅迫状や犯行声明を、企業に送りつける事件は昔からありました。脅迫状というくらいですから、手紙が送られてくるのが普通でしょう。ところが最近は、企業や有名人への脅迫や犯行声明・犯行予告がネットの掲示板上に書き込まれるケースが発生しています。そして、手紙を書くよりも気楽に書き込めるので、その件数は増える傾向にあります。

ストレス発散のために
脅迫文を書き込む人たち

 ネット掲示板の「2ちゃんねる」にJR新宿駅の爆破予告を書き込んだとして、23歳のアルバイトの男性が逮捕されました。2ちゃんねるには2006年7月から9月までの間に、都内の主要駅への爆破予告や小学校への襲撃予告などが50件以上も書き込まれていて、ほとんどはこの犯人の仕業だったようです。警察の取り調べに対して犯人は、

 「仕事をやめて、住むところもなくなってしまい、むしゃくしゃしていた。その腹いせに世間を騒がせてやろうと書き込んだ」

 と話しているようです。ストレス発散の目的でいいかげんな書き込みを続けた青年のために、駅の警備を強化する対策など、多くの関係者が巻き込まれました。とんだ迷惑な話です。ネット掲示板に書き込まれるこのような犯行予告の逮捕者数を以下の図にまとめましたので、ご覧ください。2003年から急増しているのがわかります。

ネット犯行予告の逮捕者数の推移
ネット犯行予告の逮捕者数の推移

ウソと本当を
見分ける難しさ

 ネット掲示板の犯行声明は、2000年の西鉄バスジャック事件で一躍注目を集めました。犯人の少年が事件前に犯行予告を2ちゃんねるに書き込んでいたからです。その後、この事件に影響を受けたと思われる事件が2件起きています。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


村本理恵子 [マーケティング・コンサルタント]

1979年東京大学卒業後、時事通信社に入社。世論調査やマーケティング・リサーチの分析に携わる。98年専修大学教授。同年(株)ガーラ代表取締役会長に就任。(株)ガーラ総合研究所所長をへて、マーケティング・コンサルタントとして独立。企業のマーケティング活動に最新のネット口コミ情報を取り入れ、新しいユーザー志向マーケティングの確立をめざし活動中。


ネット口コミ徹底活用テクニック

ネット上の口コミ情報をいかにキャッチし、有効活用するか。また、自社の危機管理に生かす方法を、口コミ分析の第1人者が豊富な実例で解説。

「ネット口コミ徹底活用テクニック」

⇒バックナンバー一覧