ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー

腸内環境のブルーオーシャンに果敢に挑もう

規制緩和に乗るに止まらず社会命題の解決を

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]
【第83回】 2015年8月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

腸内細菌の影響は
認知症やうつ病にまで

 超高齢社会の日本で「健康寿命」を伸ばすことは重要命題です。その方法の一環として注目されているのが腸内環境の改善と全身の健康との関係であり、今年2月にNHKの番組がこのテーマを取り上げ、ここで紹介された「腸内フローラ」という言葉が、その後、他のテレビ番組、週刊誌、雑誌などにこぞって登場するようになりました。

 人間の腸内にはさまざまな菌が住んでいて、腸内フローラとは、腸の中に住む細菌たちの生態系のことを指します。「フローラ(flora)」には「植物相(群)」という意味があり、花畑にさまざまな花が咲いているように、腸内にさまざまな細菌が生息している様子を言い当てています。

 よく、「善玉菌」「悪玉菌」という言葉を聞くと思いますが、人間の腸には1000兆匹もの腸内細菌が住むといわれていて、それらの中には、良い働きをするものもいれば、悪い働きをするものもいます。これらの働きの詳細が、近年の遺伝子解析技術の発達に伴って次第に明らかになってきました。

 腸内細菌の状態は、がんや糖尿病などの病気、肥満や肌のシワなどにも影響を及ぼすことはもとより、さらには、認知症やうつ病のような心の病気とも関連するという、驚くべき研究報告も出始めています。

 日本では、多くの乳酸菌メーカーやヨーグルを発売している乳業メーカーが、「健康維持のためには、腸内の善玉菌を増やすことが重要」という啓発活動を積極的に行ってきた経緯があり、腸内細菌研究とその製品化の分野では、世界でも最も進んだ国の一つです。

 その中で、善玉菌が創り出す「短鎖脂肪酸」という物質が、人間の腸の状態を健康に保つ上で最も重要だということが分かってきました。食生活の乱れやストレスなどで、腸内細菌叢の菌のバランスが崩れて悪玉菌が増え、善玉菌が減っていくと、短鎖脂肪酸も減ってしまいます。

 悪玉菌が増えると、デリケートな腸は炎症を起こしてしまいます。実は、便秘や下痢は腸が炎症状態に陥ることで機能が低下し、消化器系にトラブルが起こることで生じます。

 同じように、悪玉菌が増えによる腸の炎症によって、肥満、冷え、ドロドロ血液などの代謝系トラブルや、乾燥肌、しわなどの皮膚のトラブル、かぜ、花粉症、または大腸がんなど、免疫の低下が起こるともいわれています。

次のページ>> 善玉菌の大好物は何か
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]

慶應義塾大学を卒業後、味の素株式会社を経て、92年、フィンランド人の社長と二人でザイロフィン ファーイースト社(現ダニスコジャパン)を設立。素材メーカーの立場から キシリトール・ブームを仕掛け、キシリトール製品市場はゼロから2000億円規模へと成長。07年、株式会社インテグレートを設立し、代表取締役CEOに就任。著書に『どう伝わったら、買いたくなるか』『99.9%成功するしかけ』 『漂流する広告・メディア』講演活動も行っている。integrateGroupウェブサイト:http://www.itgr.co.jp/

 


マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー

インターネットなど双方向メディアの普及に伴い、従来の広告メッセージが届きにくい時代になったと言われます。どんな方法なら消費者とのコミュニケーションが成立するのか。「次世代IMC」を掲げる注目のマーケティング企業CEOがその極意を伝授します。

「マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー」

⇒バックナンバー一覧