ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

なぜ「airbnb」の物件写真は美しいのか?
シリコンバレーで高まるデザインの重要性

瀧口範子 [ジャーナリスト]
【第356回】 2015年8月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
大手投資会社のパートナーに就任したデザイナーのジョン前田氏は、テクノロジーとデザインの関係を分析して『DesignInTech Report』というスライドにまとめている(日本語版はこちら) Photo by Noriko Takiguchi

ベンチャーキャピタルが
腕利きデザイナーを幹部に招聘

 最近のシリコンバレーでの「デザイン」への注目度は、たとえば10数年前とは比べものにならないくらい高くなっている。

 10数年前、おしゃれだったのはアップル製品くらいだろうか。それ以外のテクノロジー製品はおしなべて地味で、使い勝手も悪く、ともかく目的の機能さえ果たせばいいという感じだった。ウェブサイトなども同様で、見た目も使い心地もよくなかった。まだアプリなど存在していない時代である。

 ところが、大成功を収めたアップルの影響もあるのだろうが、最近はデザインに意識的でなければ存在しないも同然、といった雰囲気になってきている。アプリのインターフェイスしかり、ウェアラブルのデザインしかり、ウェブサイトもますます洗練されている。それだけでなく、スタートアップが次々と作り上げている家庭用品やガジェットのデザインもスマートだ。何よりも、シリコンバレーで仕事をする人々がおしゃれになった。

 この傾向は、何も上辺だけで起こっていることではないようだ。

 それを示すのが、ベンチャーキャピタルがデザインの専門家を雇っているという事実である。

 たとえば、トップクラスのベンチャーキャピタルのクライナー・パーキンズ・コーフィールド&バイヤーズ(KPCB)は、日系人デザイナーのジョン前田氏(上の写真)をパートナーに迎えている。前田氏は優れたグラフィックデザイナーで、MITメディアラボで教え、その後はロード・アイランド・スクール・オブ・デザインの学長を務めていた。

 ベンチャーキャピタルにいきなり入って、最初は投資界の専門用語がわからなくて困ったと、同氏は言っていた。彼の仕事の1つは、スタートアップが成長していく中で早い時期にデザインが企業文化に根付くようにすることだという。ベンチャーキャピタルがスタートアップをサポートする方法は、ともかく加速度的にビジネスを拡大させて成長させることだが、その中でデザインが取り残されないようにしなければならないというわけだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

瀧口範子 [ジャーナリスト]

シリコンバレー在住。著書に『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』(共にTOTO出版)。7月に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか?世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』(プレジデント)を刊行。


ビジネスモデルの破壊者たち

シュンペーターの創造的破壊を地で行く世界の革新企業の最新動向と未来戦略を、シリコンバレー在住のジャーナリストがつぶさに分析します。

「ビジネスモデルの破壊者たち」

⇒バックナンバー一覧