ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマルチスコープ

公的年金運用の何が問題なのか?

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第123回】 2010年3月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

積極運用派対安全運用派?

 現在、約120兆円に及ぶ公的年金の積立金運用をどうするべきかが宙に浮いている。『日本経済新聞』は3月11日、12日の二日にわたって、上下で「迷走する年金運用」という記事を載せた。

 日経の記事の主な内容は、これまで数度にわたって開かれてきた「年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運営のあり方に関する検討会」で「積極運用派」と「安全運用派」の意見が対立しているということと、5年に一度の改訂時期を迎えたGPIFの基本ポートフォリオと運用目標のうち、運用目標に関して長妻昭厚労大臣が事務方の案を認めず、基本ポートフォリオは、運用目標無しで、暫定的に現状維持される状態になったということだ。

 記事は、原口総務大臣を積極運用派、長妻厚労大臣を安全運用派と色分けして、有力閣僚間で方針に対立があるかのような図式で現状を報じているが、率直に言って、読者の多くは何が真の問題なのか訳が分からないだろう。

 筆者は、GPIFのあり方に関する検討会のメンバーなので、この件に関して、読者よりも少々情報が多いが、この検討会は、市場への影響を考慮して議事が非公開になっているので、議論の内容をご説明することができない。この点は不便なのだが、公的年金の運用が抱える問題点について、今の時点でポイントを指摘しないのは良くないことだと思うので、筆者が最も重要だと思う論点に絞ってご説明してみたい(注:今回説明する点以外にも、重要な論点が幾つかある)。

 尚、筆者は、検討会の議事にここまで参加してみて、議事を非公開にすることはメリットよりもデメリットの方が大きいと思う。この点は、長妻大臣も、原口大臣もそう思われるのではないかと思うが、いかがだろうか。会議の結果の採否や実行の方法は大臣以下の政府の側の裁量と判断の下にある訳だし、巨額の資金運用に関わる重要な論点は国民が広く共有する方がいい。また、もう一言、これまでのところ検討会の議論は全く不十分であり、噛み合った議論になっていないことを付記しておく。

次のページ>> 「100年安心」の意味
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマルチスコープ

旬のニュースをマクロからミクロまで、マルチな視点で山崎元氏が解説。経済・金融は言うに及ばず、世相・社会問題・事件まで、話題のネタを取り上げます。

「山崎元のマルチスコープ」

⇒バックナンバー一覧