ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今度こそ満足の家byダイヤモンドQ

二世帯住宅は資産価値なし?
メリット、デメリットを徹底分析

ダイヤモンドQ編集部
【第7回】 2015年8月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

二世帯住宅は、二世帯でローンを返済するので資金負担が少なく、光熱費も抑制できるメリットがあり、都市部では一定の人気がある。子育てを手伝ってもらえるのも大きなポイントだ。そんなお得感ばかりに気を取られると、重大な落とし穴に気が付かないかもしれない。 

 二世帯住宅には多くのメリットがある。親と子でお金を出し合えば、建設コスト負担は減少。生活空間を共有することで、エネルギー消費量も抑制できる。共働き夫婦なら、育児を両親に手伝ってもらえる。近年、最も注目を浴びているのは相続税対策上の利点だという。

 「2013年の相続税法改正により、『小規模宅地等の特例』に関する二世帯住宅の要件が緩和され、完全分離型にも適用されるようになった」

 こう話すのは、相続税対策込みの不動産コンサルティングを得意とするコア・リサーチ(東京都渋谷区)の大森裕次取締役。「小規模宅地等の特例」とは、条件を満たせば330平方㍍の広さまで土地の評価額を80%引き下げられる制度。14年からあらゆる二世帯住宅に適用された。

 評価額1000万円の土地が200万円に減額されるのだから、節税効果は相当なもの。

 だが、二世帯住宅には一般の一戸建て住宅とは異なり、大きなデメリットがある。「水回りや玄関が複数ある二世帯住宅の需要は非常に小さく、買い手が付きにくい」(賃貸住宅のリノベーションを手掛けるハプティックの小倉弘之社長)のだ。

 そのため、二世帯住宅が相続トラブルの火種となる可能性も。1階に親、2階に子が住む〝よくある〟共有型の二世帯住宅を考えてみよう。この場合、同居する子以外に相続人がいても、家を分割することは不可能。代償相続できる現金がなければ、当然、相続争いは避けられない。処分して分け合おうにも、二束三文にしかならない可能性がある。

1
nextpage

「家についての悩み」を解決したいなら、
実用ライフスタイル誌ダイヤモンドQをどうぞ!

あなたのQuestionにズバッと答える雑誌、それがダイヤモンドQです。老人ホーム選び、病院選びから、資産運用、保育園選びまで、重大な決断を骨太の記事やランキングで手助けします。

2015年9月号 好評発売中(税込680円)

ダイヤモンドQ2015年9月号

第1特集「今度こそ満足の家」
50代以降のリフォーム、住み替えのノウハウとは

第2特集「この夏厳選!親父のおもてなし料理」
派手に見えるが、実は簡単な料理を紹介

第3特集「強欲僧侶に騙されるな!お墓覆面調査」
徹底取材で明らかになった、「本道」を踏み外したお墓とは

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

ダイヤモンドQ編集部

あなたのQuestionにズバっと答える雑誌、それがダイヤモンドQです。保育園選び、学校選び、病院選び、老人ホーム選びなど、人は人生の節目で重要な決断をしなければなりません。ダイヤモンドQは、ランキングやエッジの聞いた骨太の記事であなたの「知りたい」に答えていきます。詳しくはホームページ[http://www.diamond.jp/gr/q]をご覧ください。


今度こそ満足の家byダイヤモンドQ

今度こそ満足のいく住まいに住みたい…。昔から「家は3回建てないと満足できない」というが、それだけいろいろなノウハウやテクニックが必要ということだ。当編集部では、「建築家で本当に満足できる家を建てる方法」「終の棲家にするためのリフォーム術」「正しいリフォーム会社の選び方」「憧れの田舎暮らしを成功させる方法」など、盛りだくさんの情報を提供する。より満足のいく住まいを実現するための役立ててほしい。

「今度こそ満足の家byダイヤモンドQ」

⇒バックナンバー一覧