ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
絶対儲かる「値上げ」のしくみ、教えます
【第2回】 2015年9月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
石原明 [日本経営教育研究所代表、僖績経営理舎株式会社代表取締役]

儲けたいなら、値下げはダメ

1
nextpage

いよいよ発売される『絶対儲かる「値上げ」のしくみ、教えます』連載第1回は、値上げの重要性を説きました。今回は、値下げが招くデメリットと値上げのメリットを紹介します。「頭ではわかっているが……」という方は、あとは行動だけです。「実行」に移すための指南本なので、ぜひご活用ください。

10月29日(木)、東京・目白で1日限りのセミナー開催決定!

値下げは「最悪の経営手法」

 景気が後退すると、ほぼすべての企業が下層に向けたビジネスをします。値段を安くして、モノやサービスを売ろうとしてしまうのです。大企業の動きにしたがって、中小企業までもがどんどんと、安く売るビジネスへと向かっています。

値下げをすることは、自分が手掛けるビジネス、取り扱う商品・サービスに自信がない証拠です。しかし、世の中を見渡してみると、「自分たちの商品には、自信を持っている」と言う人たちまでもが、「でも、安くしなければ売れない」と自ら安売りに走ってしまっているのです。

 本当に自信があるのならば、なぜ高く売るという選択ができないのでしょうか?

 自信がある商品やサービスを、希望する金額で買ってもらうことがなぜいけないのでしょうか?

 マジメな日本企業の多くは、本当は自社の商品に自信を持っているのにもかかわらず、どうしても景気が悪くなってくると、皆さん弱気になっていきます。

 しかし、値下げは「最悪の経営手法」であると言わざるを得ません。

 たとえば、売価100円で利益30円の商品があったとします。これを80円に値下げしたらどうなるでしょうか。原価が値下げする以前と同じであれば、利益は10円となり、一気に利益が3分の1になってしまいます。

利益が3分の1になってしまうのでは、3倍の数を売らないと、会社としては同じだけの利益を確保することができません。ということは、顧客の数も3倍に増やす必要があるわけです。

 そうなれば、それに対応する人員を増やす必要があります。顧客に対応する営業マンや販売スタッフも増やすことが必要になってきます。顧客の母数が増えれば、問い合わせやクレームの数もその分増えますから、それに対応する人手も必要です。

 さらには、集客のための宣伝も増やす必要が出てきますし、販売数が増えれば、それだけ在庫も増やさなければいけません。製造業であれば、増産のための設備投資も新たに手掛けることになるかもしれません。

 値下げをするということは、商品一つひとつの利益が減るだけでなく、そうした諸々のコスト負担が増え、会社全体の利益を圧迫することになるのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


石原明 [日本経営教育研究所代表、僖績経営理舎株式会社代表取締役]

 

ヤマハ発動機株式会社を経て、外資系教育会社代理店に入社。約6万人のセールスパーソンの中で、トップクラスの実績を収める。「セールス・マネージャー世界大賞」を受賞後、日本経営教育研究所を設立し、経営コンサルタントとして独立。中小企業から大企業まで、業種や企業の規模を問わず幅広いコンサルティング活動を行っている。
毎年の講演回数は100回以上。ビジネスの発想力やマーケティング力を開発・育成する「高収益トップ3%倶楽部」には、全国延べ4500社が参加。
2万人の読者を抱えるメールマガジン『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです! 』や、独自の視点で経営を綴るブログ『石原明の経営のヒント』も執筆中。
毎週金曜日に配信する人気Podcast番組『石原明の経営のヒント+(プラス)』は累計ダウンロード数2200万回を超えている。
著書に、『営業マンは断ることを覚えなさい』(三笠書房)、『「成功曲線」を描こう。』(大和書房)、『トップ3%の会社だけが知っている儲かるしくみ』(KADOKAWA)などがある。


絶対儲かる「値上げ」のしくみ、教えます

値上げをすれば必ず儲かるしくみを説いた『絶対儲かる「値上げ」のしくみ、教えます』より、4つのステップ「値段を上げる」「客層を変える」「情報を加える」「経営を回す」をわかりやすく紹介。値下げは最悪の経営手法であり、値上げによって企業がどう変わるのか――本来あるべき経営スタイルがわかります。

「絶対儲かる「値上げ」のしくみ、教えます」

⇒バックナンバー一覧