ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

社長の役目は営業にあらず人材採用こそが成長のかなめ
ライブレボリューション代表取締役社長 増永寛之

週刊ダイヤモンド編集部
【第108回】 2010年4月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
ライブレボリューション代表取締役社長 増永寛之(撮影:住友一俊)

 モバイル向け広告代理店を主軸とするライブレボリューションは、本業よりも人材採用のユニークさで知られるベンチャー企業だ。

 採用選考は8次まで。そのほかにもOB訪問や座談会など、学生はおよそ半年間、30回ほどもライブレボリューションを訪問する。

 今年度の会社説明会に来る学生の人数は現在までで、およそ1万3000人にも上る。これは大手商社の説明会に来場する学生数をしのぐ人数だ。

 ジョブウェブが調べた「就職活動生が選ぶ魅力的な企業」で2年連続ナンバーワンになるなど、創業わずか10年のベンチャー企業では考えられない人気ぶりだ。

 社長の増永寛之は、「僕は社長だけど、仕事はほとんど採用担当者。優秀な人材さえ採用すれば、事業はひとりでに伸びる」と断言する。

ビットバレーに刺激受け仲間と起業を決意するも
鳴かず飛ばずの5年間

 1999年。大学院を卒業した増永は、両親の反対を押し切って、金融危機に揺れる証券業界に就職した。渋谷支店に配属されたことが、増永の人生を決定的に左右したのは間違いない。

 この年、6月に孫正義がナスダック・ジャパン構想を発表。これに刺激され、年末には東京証券取引所がマザーズ開設を発表するなど、ITバブルが大きく盛り上がった。ギラギラと野望を語るベンチャー経営者たちは渋谷に集結し、「ビットバレー」と呼ばれるブームをつくり出していた。

 ひょんな縁から、GMOインターネット会長兼社長の熊谷正寿など、40人以上ものベンチャー経営者たちと会っていくうちに、ITバブルの熱気に取りつかれた増永は2000年、あっさり大和証券を退職し、仲間5人とライブレボリューションを設立した。

 ところが、最初の意気込みとは裏腹に、5年間は華やかさとは無縁の日々だった。ベンチャーキャピタルを何十社回っても、出資を得られなかったのだ。「日本のアマゾンみたいなeコマースサイトをつくろう!というような、子どもじみた発想でしたから」。増永は当時を振り返って苦笑する。

 3ヵ月間悪戦苦闘した後、諦めた増永は知人の経営者を頼り、その会社の社員寮の一室を住居兼オフィスに使用。増永以外の仲間4人はその会社で仕事をさせてもらい、糊口をしのいだ。

 たまたま、その会社がネットマーケティングを手がけていたため、ノウハウを学んだ増永たちは、ネット広告代理店を本業にしようと思い立つ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧