ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

人の手になるものはすべてできあがった瞬間に陳腐化を始める

上田惇生
【第165回】 2009年9月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
イノベーターの条件
ダイヤモンド社
1890円(税込)

 「『それぞれの世代がそれぞれの革命を必要とする』とは、トマス・ジェファーソン晩年の言葉である。同時代のドイツの偉大な詩人ゲーテも、その保守的な性向にかかわらずこううたった。『存在の理由はなくなり、恵みは苦しみとなる』。いずれも啓蒙思想とフランス革命が遺したものへの幻滅を表していた」(『イノベーターの条件』)

 これらの言葉は、200年後の今日、あの偉大な約束、福祉国家がもたらしたものについていえる。

人の手になるものは、すべてできあがった瞬間に陳腐化を始める。

 真に困窮した者、障害ある者のためにプロイセンで生まれ世界に広がり、やがて皆の権利となり、いまや生産活動に携わる者すべての負担となったあの福祉なるものも見直しが求められている。

 必要なことは、自立、能力、責任を生み出すよう見直すことである。福祉が不要になることはない。人を援助すること、少なくとも一時的に援助することの必要性は確実に高まっていく。今日、経済と社会の大転換が進行中である。その結果、至るところで社会的なミスマッチが生じている。

 こうしてあらゆるものが変化し、あらゆる種類の組織、制度、政策に変化を要求している。

 「組織、制度、政策もまた、製品やサービスと同じように生命を失ったあとも生き延びる。目的を達したあとも生き延びる。目的を達せられなくとも生き延びる。一度できあがったメカニズムは生き続ける。『存在の理由はなくなり、恵みは苦しみとなる』」(『イノベーターの条件』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧