ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「引きこもり」するオトナたち

「親亡き後」を憂うる
引きこもり親子の悲観と希望

池上正樹 [ジャーナリスト]
【第245回】 2015年9月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

前回の『ミイラ遺体になるまで 48歳「引きこもり」男性が放置された事情』の記事に対して、たくさんの反響をいただいた。

 あまりの数の多さに、すべてのメールに返信できていないことを申し訳ないと思いつつ、これから少しずつ対応して行きたいと思っている。

無理心中の道を選ぶ人も
高齢化した“引きこもり親子”の葛藤

高年齢化する「引きこもり」。それと同時に、親たちはさらに高齢化しており、自分たちが亡くなった後を憂うるケースは少なくない

 地域の中で静かに高年齢化していく“引きこもり親子”の問題は、それぞれが孤立して行き詰っていく中で、将来を悲観した事件につながることもある。

 今年6月末にも、東京都葛飾区で、79歳母親と55歳の長男が無理心中を図る事件があった。報道によると、年老いた母親は足が悪く、長男が廊下の手すりから母親を転落させた後、自分も飛び降りて無理心中を図ったとみられる痛ましい出来事で、事情はよくわからないものの、「助けて」の声を上げられずにいる当事者や家族にとっては、決して他人事ではない。

 最近も、奈良市の団地の一室で、年老いた母親と長男の遺体が見つかった事件について、警察は、母親が長男を殺害して自殺した無理心中と断定。「定職に就かない長男の将来を悲観して殺害に至った」と結論づけ、捜査を終結したという。

 双方が高齢化していくとともに、こうした事件は増えていく。

 先行きの見えない未来。同居している当事者たちは、親が病気などで倒れたとき、親戚や身内から「働いていないんだから」と、よく介護を迫られるという。

 その一方で、削られていく年金や生活保護などの社会保障費。不十分な情報のために選択肢がなく、事件として顕在化するのは、氷山の一角に過ぎない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

池上正樹 [ジャーナリスト]

通信社などの勤務を経て、フリーのジャーナリストに。主に「心」や「街」を追いかける。1997年から日本の「ひきこもり」界隈を取材。東日本大震災直後、被災地に入り、ひきこもる人たちがどう行動したのかを調査。著書は『ひきこもる女性たち』(ベスト新書)、『大人のひきこもり』(講談社現代新書)、『下流中年』(SB新書/共著)、『ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護』(ポプラ新書)、『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』(青志社)など多数。TVやラジオにも多数出演。厚労省の全国KHJ家族会事業委員、東京都町田市「ひきこもり」ネットワーク専門部会委員なども務める。YAHOO!ニュース個人オーサー『僕の細道』

 


「引きこもり」するオトナたち

「会社に行けない」「働けない」――家に引きこもる大人たちが増加し続けている。彼らはなぜ「引きこもり」するようになってしまったのか。理由とそうさせた社会的背景、そして苦悩を追う。

「「引きこもり」するオトナたち」

⇒バックナンバー一覧