創続総合研究所

遺言の中身を誤ると、アンハッピーな相続になる
~遺産を渡したくない相手にも、「遺留分」はあるのです

「相続で争いを起こさないためには、被相続人が遺産をどのように分けるのかについて遺言書を書いて、しっかり意志を示すことが大事」。これを否定する相続の専門家はいないでしょう。しかし、逆は必ずしも真ならず。「遺言書を残したから、揉め事は起こらない」という保証はないのです。反対に、その中身が一部の相続人の怒りに火をつけて、不毛な争いに発展することもあるようです。古川勉公認会計士・税理士(古川会計事務所所長)に聞きました。

遺産は「同居の三女夫婦に全部やる」

八木 親の残した遺言書が「争続」の原因になることも、けっこうあるんですよね。

古川 勉氏
古川会計事務所 所長

古川 こんな事例がありました。妻に先立たれた高齢の男性に、長女、次女、三女、長男の兄弟という家族の相続です。心身ともに弱ってきたお父さんの面倒をみていたのは、三女とその夫。なんと婿さんは、自分で建てた自宅を売って、そのお金も原資にお父さんの持つ土地に家を新築し、妻の親と同居したのでした。ちなみに、その家には、無職の長男(妻の弟)も同居していました。
 そのお父さんと三女夫婦が、私のところに相談にいらっしゃいました。お父さんが遺言書を書きたいのだということでしたが、お考えの内容を聞いて、「これはまずいな」と思いました。「自宅の土地、建物はすべて三女に譲る。長女、次女、長男は相続なし」という中身だったんですよ。

八木 自宅以外に、財産はなかったんですね。

古川 協力して家を新築し、同居して面倒をみてくれた三女夫婦に自宅を渡したい、という気持ちは痛いほど分かりました。でも、残りの兄弟のことをまったく考慮しないというのは、問題でした。そういうパターンで揉めた例が、過去にもありましたから。
 それに、例えば、働こうとせずに“タダ飯”を食べている長男にも、遺留分(*1)を請求する権利はあるのです。求められたら、支払わなければなりません。困ったことになるのは、その義務を負うことになる三女夫婦です。そうしたことも含めて、「他のお子さんにも配慮したほうがいいですよ」「せめて、遺留分を捻出する方法を考えませんか?」と申し上げたのですが、お父さんは「他の兄弟には、ちゃんと言い聞かせるから大丈夫」の一点張り。前回お話しした、創業者の会長さんのように、「子どもが争うわけがない」と思い込んでいるのです。

“負の感情”はエスカレートする

八木 ところが、やっぱり争いになってしまった。

古川 お父さんがそのように考えた背景には、まだお母さんが存命中、彼女が子どもたちに「自宅は末娘夫婦にあげるからね」と話し、特に異論の出なかったのを見ていたことも、あったようです。しかし、兄弟たちにとって、お母さんの話は「それはそれ」で片付けられてしまう程度の意味しか持ちませんでした。
 お父さんが亡くなり、いざ相続になって、現実に遺言書で「ゼロ回答」を突き付けられると、特に家を出ていた長女と次女は、「なによそれ!」ということになってしまったんですね。いったんこじれると、“負の感情”はどんどん増幅します。

*1 相続人が、最低限相続できる財産。相続人が子どもだけの場合は、法定相続分の2分の1。この場合は、相続人が4人なので、それぞれの取り分は、4分の1×2分の1=8分の1ずつ。

創続総合研究所 特集TOPに戻る

SPECIAL TOPICS

 


八木美代子 [株式会社ビスカス代表取締役]

早稲田大学卒業後、リクルート入社。1995年に株式会社ビスカスを設立。税理士を無料でご紹介するビジネスモデルを日本で初めて立ち上げ、現在まで10万件以上のマッチングを実現。相続に強い税理士のみを集めたサイト「相続財産センター」を運営し、相続コーディネーターとしても業界ナンバーワンの実績を誇る。著書に『相続の現場55例』(ダイヤモンド社)、『相続、いくらかかる?』(日経BP社)、『相続は『感情のもつれ』を解決すればお金の問題もうまくいく』(サンマーク出版)などがある。
株式会社ビスカス

 


相続の現場~争いから学ぶハッピー相続術

相続の別名は、「争続」。仲の良かった兄弟姉妹が親の遺産を前に骨肉の争いを演じるというのは小説やテレビドラマの中だけの出来事ではないようです。諍いの中心はもちろん「お金」。ですが兄弟姉妹には、他人がうかがい知ることのできない「本音」「思い」があるようで……奥底にある「心の綾」を解きほぐすと争いから一転、分かりあえるのが家族。そうした「ハッピー相続」の例を解説します。

「相続の現場~争いから学ぶハッピー相続術」

⇒バックナンバー一覧