ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside

米利上げ12月説濃厚、さらなる先送りリスクも

週刊ダイヤモンド編集部
2015年9月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
イエレンFRB議長は、FOMC後の記者会見で「海外経済動向を注意深く見守る」と述べた Photo:REUTERS/アフロ

 米連邦準備制度理事会(FRB)は、9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、利上げを見送った。9月の利上げを予想してきた大川智宏・UBS証券エクイティ・ストラテジストは、「利上げの先送りで、金融市場の不透明感が増してきた」と指摘する。FOMC後、日経平均株価も米ニューヨークダウもじわじわ下落した。

 雇用も消費も強い中、FRBが利上げを見送ったのはなぜか。原油安でインフレ率が低く抑えられていることに加えて、新興国経済、とりわけ中国経済の減速に対する懸念があったからだ。

 「流れを変えたのは、8月の人民元切り下げ。中国経済は思った以上に悪い、と金融市場が不安定になった」(小野亮・みずほ総合研究所主席研究員)

 市場の乱高下が続けば、企業は設備投資を先延ばしし、資産価格の下落懸念から消費も減退する。さらに、中国など新興国の景気減速が米企業の業績悪化を招き、雇用や賃金にも悪影響を及ぼしかねない。そのような現状では利上げに耐えられないと判断されたのだ。

12月の利上げが濃厚

 今後の焦点は、いつ、何を判断材料として利上げが決定されるのかだ。ほんの1カ月前までは10月利上げ説も広く聞かれたが、現時点では、「10月までに中国経済の底打ちが見えるとは考えにくい」との見方が多くなっている。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside

産業界・企業を取り巻くニュースの深層を掘り下げて独自取材。『週刊ダイヤモンド』の機動力を活かした的確でホットな情報が満載。

「inside」

⇒バックナンバー一覧