闇株新聞[2016年]
2015年10月9日公開(2015年10月21日更新)
バックナンバー
著者・コラム紹介

正体は明かしていない。
人気ブログ「闇株新聞」で「オリンパス事件」「AIJ投資顧問事件」といった経 済事件をきっかけに、信頼のおける解説でコアな読者をつかんでいる。 ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン(DPM)で有料メルマガ『闇株新聞プレミアム』を配信。
著書に『闇株新聞 the book』(ダイヤモンド社)など。

闇株新聞[2016年]

闇株新聞編集部
 

『闇株新聞』は、新聞、雑誌などの大メディアの経済記者や金融業界関係者、プロ級の個人投資家がひそかに情報源にしている。連載『週刊闇株新聞』では、ダイヤモンド社グループの有料メルマガ・DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)『闇株新聞プレミアム』で配信しているディープな闇株的考察のダイジェストや「闇から暴く相場の真実」というスタンスのもと株、為替、日本国債、世界経済の今後などについて解説していきます。

闇株新聞編集部

時価総額7000億円と目されたUSJ再上場を
ゴールドマンサックスが半額で譲った理由

 日本株や為替、世界経済について、明快かつ独特な視点で切り込む刺激的な金融メルマガ「闇株新聞プレミアム」。今回は日本郵政グループに次ぐ今年のIPOの目玉と目されていたユニバーサル・スタジオ・ジャパン運営会社の再上場が急きょ取り下げになった経緯から、世界の情報/エンタメを牛耳る大手メディア・グループについて詳しく解説!

リーマンショック後のテコ入れが大成功したUSJ

 大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下、USJ)の2015年度上半期入場者数が、前年同月比18%増となる654万人で過去最高を更新しました。

 USJと言えば、運営会社のユー・エス・ジェイが今年12月にも東証1部に再上場するという話がありました。実際、5月には申請も出されて準備は着々と進められていたはずですが、ここへきて急転直下「なし」になったというのが今回のお話です。

 ユー・エス・ジェイは、もともとは1994年に大阪市が過半数以上を出資する第三セクターの会社でした。しかし、運営はうまく行かず2005年にゴールドマン・サックスの出資を受けて債務を圧縮、経営の立て直しを図ります(これによりゴールドマン・サックスが4割の株式を握る)。

 そのかいあって2006年には入場者数が5000万人を突破するなど客足が伸び始め、2007年3月には鳴り物入りで東証マザーズに上場します。

 しかし、2008年9月にリーマン・ショックがあって株価が低迷する中で、ゴールドマン・サックスはTOB(株式公開買付け)を実施します。客足が落ち込み先行きも不透明な中で、新アトラクション建設など大規模な投資を迅速に行う必要がある、というのがその理由でした。

買付け価格は時価を約25%上回る1株=5万円。2007年の公募・売り出し価格が1株=4万9000円でしたから、あまり文句のつけられないTOBだったようです。約10%の株主だった日本政策投資銀行と大阪市がこれに応じて、ユー・エス・ジェイは上場廃止となりました。

 ゴールドマン・サックスはに単純計算で1112億円を投じたことになりますが、はたしてテコ入れは大成功。再上場すれば「時価総額が7000億円程度にはなるだろう」とも見込まれていました。

あのゴールドマン・サックスが交渉で屈した相手とは?

 ところが先日(9月28日)、米国ケーブルテレビ(以下、CATV)最大手のコムキャストが、ユー・エス・ジェイの発行済み株式数の51%を1830億円で買収すると発表しました。ゴールドマン・サックスからすれば、投資金額を大きく上回る回収ができることには違いありませんが…。

 コムキャストの取得は51%ですから、ユー・エス・ジェイの時価総額は約3600億円と算定されたことになります。ゴールドマン・サックスは再上場で見込まれた時価総額の約半分の評価額で、コムキャストに株を売り渡すことになります。

 しかも、49%の株式はそのままゴールドマン・サックスの手元に残ります。再上場の計画はご破算となり、持ち株の処分にはかなり苦労しそうです。合意内容がつまびらかにされているわけではないので本紙の推測になりますが、このような契約が成立した場合、長期間(数年~10年程度)処分凍結を約束させられているケースがあるからです。

 こうしたことから、コムキャストは交渉において、ゴールドマン・サックスよりもかなり優位に立っていたことになります。

こう聞くと読者の皆さんの中には「全米最大とはいえCATVの会社があのゴールドマンよりも!?」「そもそもなぜ米国のCATV会社が日本のUSJ(の運営会社)を買収したのだ?」と思われる人もいるかもしれません。

 実はコムキャストという会社は単なるCATV会社ではなく、全米3大テレビの一角であるNBCと、6大映画会社の1つであるユニバーサル・スタジオを傘下に収める全米最大級(つまり世界最大級)の総合メディア・グループなのです。

 今回のユー・エス・ジェイ買収は、傘下のユニバーサル・スタジオの世界展開の一環であり、まさにダイナミックな米国大手メディア・グループの戦略に沿ったものです。

 言うまでもなくUSJは米国ユニバーサル・グループ各社のライセンス供与によって運営されているわけで、ゴールドマン・サックスとすればコムキャストの意向に沿うしか「出口」はなかったことになります。

世界の情報娯楽産業は5大メディアグループが牛耳っている!

 ところで、世界の大手メディア・グループは、映画、テレビ、ラジオ、出版、新聞、インターネットなどさまざまなマスメディアを傘下に収める巨大な複合企業となっています。とくに21世紀に入ってから、それぞれのメディア関連企業が買収などを通じて巨大化していきました。

 代表的なグループはタイム・ワーナー、ウォルト・ディズニー、ニューズ・コーポレーション、コムキャスト、バイアコムの5社で、いずれも米国籍の企業です。

 主要マスメディアは、ほとんどこの大手5社に入ってしまいます(下図参照)。たとえばテレビ局ではNBCがコムキャスト傘下であることは先ほどお話しましたが、ABCとスポーツ専門局ESPNがディズニー、CBSがバイアコム、FOXがニューズ、CNNがタイム・ワーナーの傘下にあります。

 ちなみに超優良コンテンツとされるNFL(フットボール)とMLB(野球)の全米中継もこれら主要テレビが独占しており、その放映権料はNFLが8年間500億ドル(6兆円!)、MLBが8年間124億ドル(1.5兆円、全米放送分だけでローカル放送局分が含まれていません)と天文学的な金額になっています。

 映画会社(製作・配給会社)では、ビッグ6といわれるウォルト・ディズニーがもちろんディズニー、ユニバーサル・スタジオ(NBCユニバーサル)が先述のコムキャスト、パラマウント・ピクチャーズがバイアコム、20世紀フォックス(現社名は21世紀フォックス)がニューズ、ワーナー・ブラザースがタイム・ワーナーの傘下で、唯一コロンビアが大手5社以外のソニー傘下(現社名ソニー・ピクチャーズ)となっています。

 出版・新聞は、CATVのコムキャストとバイアコム、エンタテインメント会社のウォルト・ディズニーでは主要事業ではなく、もともと出版社だったタイム・ワーナーも名門「TIME」誌を分離してしまっています。5大メディアの中では唯一ニューズが、ウォール・ストリート・ジャーナルを発行するダウ・ジョーンズ社、ニューヨーク・ポスト、英国のタイムズやタブロイド紙のザ・サン、それにオーストラリアを含む数多くのローカル紙を傘下に入れています。

 いかがでしょう。これだけの巨大なコングロマリットを前にしては、世界のゴールドマンサックスと言えども日本のテーマパークの経営権を巡って対立したくない相手であるというのがおわかりいただけたのではないでしょうか。

 今週の「週刊闇株新聞」は最新のメルマガから一部抜粋してお届けしました。『闇株新聞プレミアム』では、世界の情報・エンタメ産業が5大グループに集約される過程で日本のソフトバンクやパナソニックやソニーが絡んだ企業買収のエピソードや、5大メディアの次なる再編ターゲットまで、さらに突っ込んだ解説をしています。

闇株新聞PREMIUM

闇株新聞PREMIUM
【発行周期】 毎週月曜日・ほか随時  【価格】 2,552円/月(税込)
闇株新聞PREMIUM 闇株新聞
週刊「闇株新聞」よりもさらに濃密な見解を毎週月曜日にお届けします。ニュースでは教えてくれない世界経済の見解、世間を騒がせている事件の裏側など闇株新聞にしか書けないネタが満載。
お試しはコチラ

 

DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)

●DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)とは?

金融・経済・ビジネス・投資に役立つタイムリーかつ有益な情報からブログに書けないディープな話まで、多彩な執筆陣がお届けする有料メールマガジンサービス。
初めての方は、購読後20日間無料! 


世の中の仕組みと人生のデザイン
【発行周期】 隔週木曜日  【価格】 864円/月(税込)
世の中の仕組みと人生のデザイン 橘 玲
金融、資産運用などに詳しい作家・橘玲氏が金融市場を含めた「世の中の仕組み」の中で、いかに楽しく(賢く)生きるか(人生のデザイン)をメルマガで伝えます。
お試しはコチラ

堀江 貴文のブログでは言えない話
【発行周期】 毎週月曜日、水曜、ほか随時  【価格】 864円/月(税込)
堀江 貴文のブログでは言えない話 堀江 貴文
巷ではホリエモンなんて呼ばれています。無料の媒体では書けない、とっておきの情報を書いていこうと思っています。メルマガ内公開で質問にも答えます。
お試しはコチラ

 

Special topics pr

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! [クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ! その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

17年の日本株講座
株主優待ベスト136
注目ふるさと納税64

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【266名様に当たる!株主優待品大プレゼント】
特大付録ふるさと納税駆け込み特産品64
2017年儲けるため日本株講座
・発表!高配当株超成長株の本命株ベスト20
・権利確定月別!株主優待ランキング136!
最高16%超優待&配当利回りベスト30
10万円以下も42!少額で買える優待株30
桐谷さんほか優待投資家15の優待満喫生活
少額でも勝てる本格上昇目前3万円株10
・読者の保有投信&ポートフォリオ激辛診断
NISAの枠を使い切るベスト投信22&株12
・トランプでどうなる米国株&買いの8銘柄
・今後3カ月間日本株&為替の透視図
・勝谷誠彦の1000万円株投資日記
AKB48 in NISA株&投信ファイト
・マンガ「恋する株式相場!」
・マンガ・「60~65歳の年金空白期の埋め方」
付録「1万円からできるラップ口座大解剖」

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!