証券会社比較

【auカブコム証券の特徴とおすすめポイントを解説】
NISA口座なら日本株と米国株の売買手数料が無料で、
クレカ積立の還元率は「1%」とネット証券トップクラス【2024年5月1日時点】

2024年4月12日公開(2024年5月16日更新)
<Sponsored Content(PR記事)>
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
KDDIグループ✕MUFGグループのネット証券で、クレカ積立のポイント還元率ではトップクラス!
auカブコム証券 ⇒詳細情報はこちら
auカブコム証券の公式サイト

 2024年からNISA制度が新しくなって投資限度額が増額されたこともあり、クレカ投資のポイント還元率を気にする人が増えているが、そんななか「au PAY カード」を利用すると“還元率1%”の高還元になることで注目を集めているのが「auカブコム証券」だ。

 auカブコム証券は「五大ネット証券」のひとつで、「カブドットコム証券」と呼ばれていた時代から多くの個人投資家に利用されてきた老舗のネット証券。ここでは、auカブコム証券の売買手数料や取扱銘柄、NISAの対応状況などのスペックや、ぜひ知ってほしいおすすめポイントなどを紹介していこう。

★★「auカブコム証券」のおすすめポイント!★★
◆NISA口座なら「株の売買手数料が無料」など、よりお得に利用可能!
NISA口座を利用すれば、日本株や単元未満株、さらには米国株の売買手数料が無料に。投資信託も数多く揃っていて、「つみたて投資枠」「成長投資枠」ともに対象銘柄数が充実。
⇒詳細はこちら!


◆クレカ積立のポイント還元率が「1.0%」と業界トップクラス!
投資信託を積立購入する際、同じKDDIグループのクレジットカード「au PAY カード」で決済すると、積立金額の1%分のPontaポイントが還元。1年で最大1万2000円相当のPontaポイントがたまる。
⇒詳細はこちら!


◆「auじぶん銀行」と口座連携すると、普通預金金利が大幅にアップ!
auじぶん銀行との口座連携サービス「auマネーコネクト」を使うと、通常年0.03%の普通預金金利が年0.13%に。「au PAY カード」の利用代金をauじぶん銀行の口座から引き落とすと+年0.05%、「au PAY アプリ」と口座を連携すると+年0.05%が追加され、最大で年0.23%と普通預金金利が大幅アップ!
⇒詳細はこちら!


◆「最新アプリ」や「高機能チャート」など多くの取引ツールが利用可能
数多くの取引ツールや情報・分析ツールを提供されており、投資対象や投資スタイル、投資経験などに合わせて、各種ツールを使い分けることが可能。さらに、2023年にリリースされたばかりの最新アプリは、従来の取引アプリと比べて機能や使い勝手が大幅にアップしている。
⇒詳細はこちら!


◆「自動売買」が充実しており、リスク管理も万全!
auカブコム証券は、創業当時から「リスク管理追求型サービス」としてロスカットの重要性を訴求し、今では当たり前となった「逆指値注文」を国内で初めて提供。現在でも自動売買には力を入れており、自動売買注文の種類では主要ネット証券のなかでも最多レベルとなっている。
⇒詳細はこちら!


◆IPOの取り扱い実績が多く、本気でIPO株を狙いたい人におすすめ!
auカブコム証券は毎年多くのIPO銘柄を取り扱っており、数多くのIPOに申し込むことができる。しかも、グループ会社の三菱UFJモルガン・スタンレー証券が主幹事を務めるIPOでは、auカブコム証券に配分される株数が多くなることが期待できる
⇒詳細はこちら!
auカブコム証券の口座開設はこちら(公式サイトへ)
【ザイ・オンライン×auカブコム証券】
スペシャルタイアップキャンペーン

口座開設+投資信託の購入で現金2000円をプレゼント!

【期間】
2024年3月1日〜終了日未定
【内容】
ザイ・オンライン内の記事からauカブコム証券の口座開設申し込みページに遷移して口座を開設し、申し込みをした月の翌月末までに投資信託を合計3万円以上購入すると、現金2000円をプレゼント!
 
★★「auカブコム証券」最新情報&ニュース★★

「NISAでの投信買付」で、最大5000円相当のポイントがもらえる「新NISAスタートダッシュキャンペーン!」を実施中!

【エントリー期間】
2023年12月16日〜2024年5月31日
【NISA口座開設完了期間】
2023年12月16日〜2024年6月28日
【投信買付期間、au ID登録期間】
NISA口座開設完了月の翌々月末まで
【内容】
auカブコム証券の口座を開設した状態で、キャンペーン期間中に以下の(1)〜(3)を達成すると最大で5000円相当のPontaポイントをプレゼント
(1)キャンペーンにエントリー
(2)au IDを登録
(3)auカブコム証券ではじめてNISA口座を開設した人が、投資信託を買付約定(成長投資枠、つみたて投資枠のどちらでもOK)
特典でもらえるポイントは以下の通り
・1万円以上の投資信託の買付約定:500Pontaポイント
・3万円以上の投資信託の買付約定:2000Pontaポイント
・5万円以上の投資信託の買付約定:5000Pontaポイント
auカブコム証券の口座開設はこちら(公式サイトへ)

「auカブコム証券」ってどんな証券会社?

 auカブコム証券は、2000年にオンライン上での証券取引サービスを開始した「ネット証券」の先駆け的存在の一社で、現在でもSBI証券や楽天証券などと並んで「五大ネット証券」のひとつに数えられている。2001年から「カブドットコム証券」の名前でサービスを提供してきたが、2019年に現在の名称に変更した。

 auカブコム証券の強みのひとつは、MUFGグループの三菱UFJ証券ホールディングスが51%、KDDIグループのauフィナンシャルホールディングスが49%と、日本を代表する大手金融グループと大手通信グループの2社が共同出資しているということ。国内有数の大手企業グループがバックにいることで、企業としての安定感を増すとともにサービス面でもメリットを享受している。

 安定感に関しては格付機関による信用格付にも表れており、auカブコム証券はJCRの長期発行体格付で「AA-」、R&Iの発行体格付で「AA」と、それぞれの格付機関において大手ネット証券のなかでもっとも高く評価されている(2024年2月末時点)。

 一方、サービス面については、例えば、auカブコム証券の利用者は「三菱モルガン・スタンレー証券レポート」や「モルガン・スタンレーMUFG証券レポート」を読むことが可能。また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が取り扱うIPO株は、一部銘柄を除いてauカブコム証券で申し込むことが可能だ。

 また、最近ではau PAY カードやauじぶん銀行など、KDDIグループの金融サービスとのお得な連携サービスも増加。auのスマホを利用しているなど普段から“au経済圏”のサービスを利用することが多い人であれば、auカブコム証券は特におすすめと言えるだろう。

 ここからはauカブコム証券の具体的なおすすめポイントを詳しく紹介していこう。

【おすすめポイント・その1】
NISA口座を利用すれば、日本株や米国株の売買手数料が無料に!
NISA口座で投資ができる投資信託の銘柄数も充実

 auカブコム証券は2024年から拡充された「NISA」に力を入れている。

 NISAとは、株や投資信託などで得られた利益にかかる約20%の税金が0円(非課税)になるお得な制度で、今年からルールが改正されて、より使いやすくなったこともあり、これから投資を始める初心者におすすめの制度だ。
【※関連記事はこちら!】
【新NISAおすすめ比較】つみたて投資枠+成長投資枠で非課税枠が1800万円に増加した「新NISA」のおすすめ証券会社を解説!

 auカブコム証券は、NISA口座における日本株と単元未満株(プチ株)、米国株の売買手数料をすべて無料化。NISA口座ではない通常の証券口座でも「1日100万円までの取引なら売買手数料は0円」だが、NISA口座では「1日100万円まで」の制限がなくなり、「成長投資枠」の年間限度額240万円までであれば、売買手数料を一切気にせず取引できる。

■NISA口座なら日本株と米国株の売買手数料が無料に!(売買手数料はすべて税込)
  一般口座・特定口座   NISA口座
日本株
(単元株)
【1日定額制】
1日100万円まで:0円
1日100万円超〜200万円以下:2200円 
【1約定ごと】
 5万円以下:55円 
 5万円超〜10万円以下:99円 
10万円超〜20万円以下:115円 
20万円超〜50万円以下:275円 
50万円超〜100万円以下:535円 
無料
単元未満株
(プチ株)
約定代金の0.55%
(最低手数料:52円)
無料
米国株 約定代金の0.495%
(上限22米ドル)
無料
※2024年5月末まではキャンペーンによる全額キャッシュバックで実質無料。2024年6月以降は無料化の予定。

 また、NISA口座は「つみたて投資枠」と「成長投資枠」に分かれており、それぞれで売買できる投資信託が決まっているが、auカブコム証券はNISA対象の投資信託が充実。「つみたて投資枠」対象の投資信託はもちろん、「成長投資枠」対象の投資信託もすべて買付手数料が無料となっている。

■NISA対応の投資信託は「つみたて投資枠」も「成長投資枠」も充実
投資枠 対象投資信託の本数 買付手数料
つみたて投資枠 221本 無料
成長投資枠 1045本 無料

【おすすめポイント・その2】
​クレカ積立のポイント還元率が「月10万円まで1%」と業界トップクラス!
1年で「最大1万2000円相当」のPontaポイントをためることも可能

 auカブコム証券の大きなメリットのひとつが、クレジットカードによる投信積立、いわゆる「クレカ投資」でのポイント還元率の高さ。投資信託を積立購入する際、同じKDDIグループのクレジットカード「au PAY カード」で決済すると、設定上限の月10万円まで積立金額の1%分のPontaポイントが還元される。仮に毎月10万円ずつクレカ積立をすると毎月1000円相当、1年間に1万2000円相当ものPontaポイントが還元される

 「au PAY カード」は1年に1回でもカードを利用していれば年会費は無料。クレカ積立によるポイント還元サービスは他のネット証券にもあるが、「1年間で最大1万2000円相当のポイントを還元」は、実質年会費無料のクレジットカードを使ったクレカ積立としては業界トップクラスだ。

 そもそも「au PAY カード」は、通常利用時でもポイント還元率が1%、マツモトキヨシやかっぱ寿司など「au PAY ポイントアップ店」では1.5~2%以上になるので、auカブコム証券のユーザーなら持っておいて損のないクレジットカードと言える。
【※関連記事はこちら!】
「auカブコム証券+au PAY カード」で積立投資すると1%分のPontaポイントがたまる! つみたてNISAも対象なので、これから投資を始める人にもおすすめ!

au PAY カード
還元率 1.0~2.0%
「au PAY カード」のカードフェイス
発行元 auフィナンシャルサービス
国際ブランド VISA、Master
年会費(税込) 初年度無料、2年目以降1375円    
(年一回の利用で次年度無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
関連記事 「auカブコム証券+au PAY カード」で積立投資すると1%分のPontaポイントがたまる! つみたてNISAも対象なので、これから投資を始める人にもおすすめ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出! 全8部門の“2022年の最優秀カード”を詳しく解説!(スマホ決済+クレジットカード部門)
詳細はこちら(公式サイトへ)

 さらに、auカブコム証券でNISA口座を開設し、auのデータ容量無制限プラン「auマネ活プラン」に加入した人が「au PAY ゴールドカード」でクレカ積立をすると、ポイント還元率が最初の12カ月間は3%、13カ月目以降は2%と大幅にアップ! auのデータ容量無制限プランへの加入や、年会費が1万1000円(税込)かかるゴールドカードの保有など少しハードルは高いが、“au経済圏”でポイントをがっつりためたい人なら検討してみる価値はあるだろう。

 また「資産形成プログラム」により、投資信託の保有残高に応じて毎月Pontaポイントが付与されるのもお得。ポイント付与率は保有残高と保有銘柄によって決まり、例えば「通常銘柄」の投資信託を300万円分保有していれば、それだけで毎年3600円相当のポイントがたまる計算だ。

■投資信託を保有しているだけでポイントがたまる!
月間平均保有残高 ポイント付与率(年率)
通常銘柄 auカブコム証券の指定銘柄
100万円未満 0.05% 0.05%
100万円以上~
3000万円未満
0.12%
3000万円以上 0.24%

 購入時の1回だけが対象となるクレカ積立とは違って、投資信託を保有している限り継続的にポイントがもらえるので、長期投資を考えている人にとってはかなり魅力的なサービスと言える。
【※関連記事はこちら!】
「ポイント投資」ができる6つの証券会社を比較!「クレカ積立&投信の保有」による還元率が高く、新NISAでもお得になるおすすめ証券会社を紹介!

auカブコム証券の口座開設はこちら(公式サイトへ)

【おすすめポイント・その3】
​auじぶん銀行との口座連携サービス「auマネーコネクト」を利用すると、
資金移動の手間がなくなるうえ、普通預金金利が大幅にアップ!

 同じKDDIグループであるauじぶん銀行との口座連携サービス「auマネーコネクト」を使うと、「普通預金の優遇金利の適用」「証券取引時の自動入金」などのメリットを受けられる。

 「円普通預金の優遇金利の適用」は、通常年0.03%の普通預金金利が年0.13%にアップするサービス(金利はすべて税引前)。

 一方「証券取引時の自動入金」は、株や投資信託の購入で証券口座の資金が足りなくなったとき、auじぶん銀行の口座から証券口座に自動的に入金されるサービス。設定時にauじぶん銀行の口座に残したい金額を決められるので、必要資金は銀行口座に残したまま、自分のお金をフル活用できる。

 また、証券口座で取引に使っていない余剰資金は毎日auじぶん銀行へ自動出金され、金利がアップした普通預金口座で運用される。金利が大幅にアップするのに加え、銀行口座と証券口座の間で資金移動の手間をかけることなく優遇金利のメリットを活かすことができるのは、かなり便利なサービスと言えるだろう。
【※関連記事はこちら!】
「auカブコム証券+au PAY カード」で積立投資すると1%分のPontaポイントがたまる! つみたてNISAも対象なので、これから投資を始める人にもおすすめ!

 なお、auじぶん銀行の普通預金金利は、「au PAY カード」の利用代金をauじぶん銀行の口座から引き落とすと+年0.05%、「au PAY アプリ」と口座を連携すると+年0.05%が追加され、「auマネーコネクト」を加えたすべての条件を達成すると年0.23%まで大幅アップするので上手に活用したい。

auじぶん銀行
コンビニATM出金手数料(税込) 振込手数料(税込)
セブン-イレブン ローソン ファミリーマート
(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
月2~15回まで無料
以降は110円
(※1)
同行及び三菱UFJ銀行あて:無料
他行あて:
月3~15回まで無料(※1)、以降99円
【auじぶん銀行のメリット】
通常の普通預金金利は0.03%だが、「auカブコム証券」と口座を連携する「auマネーコネクト」を設定すると+0.1%、「au PAY カード」の利用代金がauじぶん銀行の口座から引き落とされると+0.05%、「au PAY アプリ」と口座を連携すると+0.05%と、すべての条件を達成することで普通預金金利が0.23%に! ちなみに「auカブコム証券」から口座開設の申し込みをすると、auじぶん銀行の口座も同時に開設できるので便利!
auカブコム証券とauじぶん銀行の口座を同時開設au PAY カードの公式サイトはこちら

【おすすめポイント・その4】
​リリースしたばかりの「最新アプリ」や「高機能チャート」など、
取引ツールや情報・分析ツールが充実!

 auカブコム証券では多くの取引ツールや情報・分析ツールが用意されており、投資対象や投資スタイル、投資経験などに合わせて、各種ツールを使い分けることができる。また「kabuスコープ」のシミュレーションでパフォーマンスの良い銘柄を抽出し、「kabuカルテ」で売買シグナルが発生しているかどうかを確認、さらに「EVERチャート」でチャート分析をするなど、性格の異なるツールを組み合わせて使うことで、より投資成績をアップさせることも期待できる

■日本株用の主なツール・アプリ
ツール・アプリの概要 スマホ PC
auカブコム証券アプリ
知識や経験の少ない初心者でも直感的に使える「シンプルな操作性」と投資に必要な「充実の情報量」を両立させた取引アプリ。
 
auカブコム証券 株・先物OPアプリ
投資スタイルに応じた多彩な発注方法や豊富な投資情報、充実したチャート機能、カスタマイズ性など、中上級者でも満足できる高機能トレーディングアプリ。
 
kabuステーション
投資情報の収集・分析から注文まで網羅したパソコン用の高機能トレーディングツール。現在、通常プランは990円/月の利用料がかかるが、「月1回以上の取引」「預かり資産100万円以上」などの条件をクリアすると無料で利用可能。さらに、2024年前半に無料化予定。
 
カブボード/カブボードフラッシュ
登録した最大180銘柄の情報を一覧で表示できる銘柄監視ツール。気配値やミニチャートなどを並べることも可能。
EVERチャート
移動平均線から信用残、モメンタム、フィボナッチまで、66種類のチャート機能を使って高度なテクニカル分析が行える高機能チャートツール。
カブナビ
200を超える条件設定で銘柄を絞り込める高機能スクリーニングツール。検索結果はチャートや財務、ニュースなど6種類の情報がグラフィカルに表示されるなど、見やすくまとまっている。
 
kabuスコープ
設定した条件をもとに過去2年間の売買シミュレーション(バックテスト)を行うツールで、全上場銘柄のなかからパフォーマンスの良い銘柄を抽出できる。
 
kabuカルテ
検索した検索に相性のよいテクニカル指標を簡単に判別することができる診断ツール。「EVERチャート」と連携することで、より緻密な分析を行うことが可能。
 

 なお「auカブコム証券アプリ」と「auカブコム証券 株・先物OPアプリ」はどちらも2023年にリリースされたばかりの最新アプリで、従来の取引アプリと比べて機能や使い勝手が大幅にアップしている。スマホでの取引をメインにしている人なら一度使ってみて損はないだろう。
【※関連記事はこちら!】
auカブコム証券の新アプリで「スマホ投資」が進化! 株初心者でもサクサク使える「シンプルな操作性」と、投資に必要な「充実の情報量」を両立できた秘密とは?

【おすすめポイント・その5】
​他のネット証券と比べて「自動売買」が充実!
日中働いていて株価チェックできない人にもおすすめ

 auカブコム証券は、2000年のサービス開始時から「リスク管理追求型サービス」としてロスカットの重要性を訴求し、今では当たり前となった「逆指値注文」をネット証券としては国内ではじめて提供。現在でも自動売買には力を入れており、自動売買注文の種類では主要ネット証券のなかでも最多レベルとなっている。

 自動売買とは、簡単に言えば「条件Aを満たしたら、取引Bを実行」のように事前に条件と行動を設定しておくことで、株価やチャートを見なくても自動的に売買などを行ってくれる機能。リスクを抑えるためのロスカット注文はもちろん、「株価が◯円を超えたら注文を出し、約定したら◯円で損切り注文を入れる」など、日中働いていて株価のチェックや注文ができない会社員などにとっては特に便利な機能と言える。

 auカブコム証券では、以下の表の通り、他のネット証券と比較しても自動売買が充実している。「±指値注文」や「Uターン注文」など株初心者にとっては少し複雑な注文方法もあるが、経験を積んで使いこなすことができるようになれば強い味方となるだろう。

■主要ネット証券の自動売買の対応状況(日本株)
注文方法 auカブコム SBI 楽天 松井 マネックス
逆指値注文
W指値注文
±指値注文
リレー注文
Uターン注文
トレーリングストップ注文
時間指定注文
※2023年4月時点。

【おすすめポイント・その6】
​IPOの取り扱い実績が多く、本気でIPO株を狙いたい人におすすめ!
三菱UFJモルガン・スタンレー証券の主幹事銘柄は特に狙い目

 IPO投資は、投資経験の少ない株初心者でもチャレンジしやすい人気の投資法だが、申し込んでもなかなか当選しないことがネック。そのため、IPO投資で利益を狙うには「できるだけ数多くの証券会社から申し込むこと」が基本戦略となる。その点、auカブコム証券は毎年多くのIPO銘柄を取り扱っており、それだけ数多くのIPOに申し込むことができる

 しかも、グループ会社の三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、毎年複数のIPO銘柄で主幹事を務める大手証券会社。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が主幹事のIPOでは、auカブコム証券に配分される株数が多くなることが期待できるので、本気でIPO投資にチャレンジするなら口座を持っておいて損はないだろう。
【※関連記事はこちら!】
IPO(新規公開株)の主幹事数・取扱銘柄数で選ぶ!当選確率アップが期待できるおすすめ証券会社

auカブコム証券の口座開設はこちら(公式サイトへ)

【まとめ】
「NISAで株の売買手数料が無料」「ポイントがたまる」など、
auカブコム証券のメリットにピンときた人は口座開設を検討しよう!

 ここまで、証券会社を探している人に知っておいてほしいauカブコム証券のメリットを簡単に紹介してきたが、最後にもう一度まとめておこう。

★★「auカブコム証券」のおすすめポイント!★★
◆NISA口座なら「株の売買手数料が無料」など、よりお得に利用可能!
⇒詳細はこちら!

◆クレカ積立のポイント還元率が「1.0%」と業界トップクラス!
⇒詳細はこちら!

◆「auじぶん銀行」と口座連携すると、普通預金金利が100倍に!
⇒詳細はこちら!

◆「最新アプリ」や「高機能チャート」など多くの取引ツールが利用可能
⇒詳細はこちら!

◆「自動売買」が充実しており、リスク管理も万全!
⇒詳細はこちら!
◆IPOの取り扱い実績が多く、本気でIPO株を狙いたい人におすすめ!
⇒詳細はこちら!

 最近は、大手ネット証券であればどこも必要十分なサービスを提供しており、どこを選んでも「失敗した」と後悔することはないだろう。しかし、できることなら「不満がない証券会社」ではなく、自分の投資スタイルや好みに合った「ベストマッチな証券会社」を選びたいところだ。この記事を読んで「auカブコム証券は自分に合っているかも」と少しでも気になった人は、ぜひ口座開設を検討してみよう。

■「auカブコム証券」のサービス概要
日本株
(現物)
単元株 ●売買手数料/1日定額制(税込)
1日100万円まで:0円 
●売買手数料/1約定ごと(税込)
 5万円以下:55円 
 5万円超〜10万円以下:99円 
10万円超〜20万円以下:115円 
20万円超〜50万円以下:275円 
50万円超〜100万円以下:535円 
⇒詳細はこちら
単元未満株
「プチ株」
【売買手数料(税込)
約定代金の0.55%(最低手数料:52円)
⇒詳細はこちら
IPO実績 【銘柄数】
2023年:26社
2022年:23社
2021年:42社

⇒詳細はこちら
米国株 【銘柄数】
1890銘柄
【売買手数料
(税込)
約定代金の0.495%(上限22米ドル)
【為替手数料
(税込)
片道:20銭
⇒詳細はこちら
投資信託 【銘柄数】
1799本(すべて買付手数料は無料
⇒詳細はこちら
NISA
⇒詳細はこちら
日本株 【売買手数料(税込)
無料
米国株 【売買手数料(税込)
無料
【為替手数料
(税込)
片道:20銭
投資信託 【つみたて投資枠】
221本
【成長投資枠】
1045本
ポイント
⇒詳細はこちら
たまるポイント Pontaポイント
クレカ積立 「au PAY カード」で1.0%還元(月10万円の買付まで)
投信の保有 100万円未満:0.005〜0.05%還元
100万円以上〜3000万円未満:0.005〜0.12%還元
口座開設までの最短日数 最短で申し込み翌日から取引可能
⇒詳細はこちら
※単元株・単元未満株「プチ株」の両方。「プチ株」は、2024年5月末までキャンペーンによる全額キャッシュバックで実質無料、2024年6月以降は無料化の予定。
auカブコム証券の口座開設はこちら(公式サイトへ)
※証券や銀行の口座開設、クレジットカードの入会などを申し込む際には必ず各社のサイトをご確認ください。なお、当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。
株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ
 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ
証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ
 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!
ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ
桐谷さんの株主優待銘柄ページへ
証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ
証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ
【2024年5月4日時点】
【証券会社おすすめ比較】
 手数料、取引ツールetc.で総合比較! おすすめネット証券はココだ!
株式売買手数料(税込) 投資信託 外国株
1約定ごと 1日定額
10万円 20万円 50万円 50万円
◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
すべて0円 2549本
米国、中国
、アセアン
【楽天証券のおすすめポイント】
2023年10月2日約定分から、国内株式の現物取引と信用取引の売買手数料が完全無料(0円)に! 株の売買コストについては、同じく売買手数料無料を打ち出したSBI証券と並んで業界最安レベルとなった。また、投信積立の際、楽天カードを使うと0.5〜1%分、楽天カードでチャージした楽天キャッシュを使うと0.5%分の楽天ポイントが付与されるうえ、投資信託の残高が一定の金額を超えるごとにポイントが貯まるので、長期的に積立投資を考えている人にはおすすめだろう。貯まった楽天ポイントは、国内現物株式や投資信託の購入にも利用できる。また、取引から情報収集、入出金までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経テレコン(楽天証券版)を利用することができるのも便利。さらに、投資信託数が2500本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。「2024年オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」では総合1位を受賞。
【関連記事】
◆【楽天証券の特徴とおすすめポイントを解説!】売買手数料が安く、初心者にもおすすめの証券会社! 取引や投資信託の保有で「楽天ポイント」を貯めよう
◆「日経テレコン」「会社四季報」が閲覧できる証券会社を解説! 利用料0円ながら、紙媒体では読めない独自記事や先行情報を掲載し、記事の検索機能も充実
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・楽天証券の公式サイトはこちら
【楽天カードを活用すれば、投資しながら楽天ポイントもゲット!】
楽天証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
すべて0円
※取引報告書などを「電子交付」に設定している場合
2570本
米国、中国、
韓国、ロシア
、アセアン
【SBI証券のおすすめポイント】
ネット証券最大手のひとつ。国内株式の売買手数料を完全無料化! 取引報告書などを電子交付するだけで、現物取引、信用取引に加え、単元未満株の売買手数料まで0円になるので、売買コストに関しては圧倒的にお得な証券会社と言える。投資信託の数が業界トップクラスなうえ100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。さらに、IPOの取扱い数は大手証券会社を抜いてトップPTS取引も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。海外株式は米国株、中国株のほか、アセアン株も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。米国株の売買手数料が最低0米ドルから取引可能になのも魅力。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。「2023年オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」において14度目の総合 1位を受賞した。また口座開設サポートデスクが土日も営業しているのも、初心者には嬉しいポイントだ。
【SBI証券の関連記事】
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
◆「株初心者」におすすめの証券会社を株主優待名人・桐谷広人さんに聞いてみた! 桐谷さんがおすすめする証券会社は「松井証券」と「SBI証券」!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBI証券の公式サイトはこちら
◆松井証券⇒詳細情報ページへ
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円/日 1885本
米国
【松井証券のおすすめポイント】
1日定額制プランしかないものの1日の約定金額の合計が50万円以下であれば売買手数料が無料という手数料体系は非常に魅力的。また、25歳以下なら現物・信用ともに国内株の売買手数料が完全無料! 資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。また、デイトレード限定で手数料が無料、金利・貸株料が0%になる「一日信用取引」や手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。なお「2023年 オリコン顧客満足度調査」ネット証券初心者部門にて第1位を受賞している。
※ 株式売買手数料に1約定ごとのプランがないので、1日定額制プランを掲載。
【関連記事】
◆【松井証券のおすすめポイントは?】1日50万円以下の株取引は手数料0円(無料)! その他の無料サービスと個性派投資情報も紹介
◆「株初心者」におすすめの証券会社を株主優待名人・桐谷広人さんに聞いてみた! 桐谷さんがおすすめする証券会社は「松井証券」と「SBI証券」!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・松井証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税込) 1日定額(税込) 投資信託
※1
外国株
10万円 20万円 50万円 50万円
◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
99円 115円 275円 550円/日 1774本
米国、中国
【マネックス証券のおすすめポイント】
日本株の取引や銘柄分析に役立つツールが揃っているのがメリット。中でも、多彩な注文方法や板発注が可能な「マネックストレーダー」や、重要な業績を過去10期以上に渡ってグラフ表示できる「マネックス銘柄スカウター」はぜひ利用したい。「ワン株」という株を1株から売買できるサービスもあるので、株初心者はそこから始めてみるのもいいだろう。また、外国株の銘柄数の多さも魅力で、約5000銘柄の米国株や2600銘柄以上の中国株を売買できる。米国株は最低手数料が0ドル、中国株は手数料が業界最低レベルとコスト面でもおすすめ。また、投資信託の保有金額に対し、最大0.08%分(年率)のマネックスポイントが付与されるのもお得だ。なお、2023年10月にNTTドコモと業務提携を発表しており、今後はdポイントやdカード決済、d払いアプリとの連携、ドコモショップを利用したサービスなどが予想される。
【関連記事】
◆マネックス証券は「マネックスカード」での積立投資で1.1%分のポイントが貯まってお得! クレジットカードを利用して、投資信託を積立投資する方法を解説!
◆【マネックス証券の特徴とおすすめポイントを解説】「単元未満株」の売買手数料の安さ&取扱銘柄の多さに加え、「米国株・中国株」の充実度も業界最強レベル!

◆マネックス証券のNISA口座は手数料が一番お得! 国内株は無料、外国株も買付は実質無料。外国株やIPOの銘柄数も多いので、投資初心者にはおすすめ!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・マネックス証券の公式サイトはこちら
【人気の「米国株」の銘柄数がトップクラス!】
マネックス証券の公式サイトはこちら
◆auカブコム証券(旧:カブドットコム証券)⇒詳細情報ページへ
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円/日 1799本
米国
【auカブコム証券のおすすめポイント】
MUFGグループとKDDIグループが出資するネット証券で、SB証券や楽天証券などと並んで5大ネット証券のひとつ。日本株は、1日定額制なら1日100万円の取引まで売買手数料が無料(0円)!「逆指値」や「トレーリングストップ」などの自動売買機能が充実していることも特徴のひとつ。あらかじめ設定しておけば自動的に購入や利益確定、損切りができるので、日中に値動きを見られないサラリーマン投資家には便利だ。板発注機能装備の本格派のトレードツール「kabuステーション」も人気が高い。その日盛り上がりそうな銘柄を予測する「リアルタイム株価予測」など、デイトレードでも活用できる便利な機能を備えている。投資信託だけではなく「プチ株(単元未満株)」の積立も可能。月500円から株を積み立てられるので、資金の少ない株初心者にはおすすめだ。「HDI格付けベンチマーク」2023年の「問合せ窓口」「Webサポート」の両部門において、最高評価の三つ星を獲得した。 
【関連記事】
◆auカブコム証券の新アプリで「スマホ投資」が進化! 株初心者でもサクサク使える「シンプルな操作性」と、投資に必要な「充実の情報量」を両立できた秘密とは?
◆「auカブコム証券+au PAY カード」で積立投資すると最大5%のPontaポイントがたまる! NISAも対象なので、これから投資を始める人にもおすすめ!
◆【auカブコム証券の特徴とおすすめポイントを解説】NISA口座なら日本株と米国株の売買手数料が無料で、クレカ積立の還元率は「1%」とネット証券トップクラス
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・auカブコム証券の公式サイトはこちら
◆GMOクリック証券⇒詳細情報ページへ
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円/日 131本
(CFD)
【GMOクリック証券のおすすめポイント】
1日100万円まで取引は売買手数料無料! 1約定ごとプランの売買手数料も最安レベルで、コストにうるさい株主優待名人・桐谷広人さんも利用しているとか。また、27歳以下なら現物株が売買手数料が無料で取引できるのもメリット。信用取引の売買手数料と買方金利・貸株料も最安値レベルで、一般信用売りも可能だ! 近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。商品の品揃えは、株式、FXのほか、外国債券やCFDまである充実ぶり。CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引が可能。この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。頻繁に売買しない初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFDなどのレバレッジ取引も活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【関連記事】
◆GMOクリック証券が“業界最安値水準”の売買手数料を維持できる2つの理由とは? 機能充実の新アプリのリリースで、スマホでもPCに負けない投資環境を実現!
◆「株主優待のタダ取り(クロス取引)」で得するなら、GMOクリック証券がおすすめ! 一般信用の「売建」を使って、ノーリスクで優待をゲットする方法を解説!
◆GMOクリック証券を「無料」で利用する裏ワザとは? グループ会社の株主優待を効率よく利用することで、1年間に「最大375回分」の売買手数料が0円に!
◆億トレーダーが初心者におすすめの証券会社を紹介! NISA口座の売買手数料無料のSBI証券と、株主優待で売買手数料が無料になるGMOクリック証券がおすすめ
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・GMOクリック証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税込) 1日定額(税込) 投資信託
※1
外国株
10万円 20万円 50万円 50万円
◆SBIネオトレード証券(旧:ライブスター証券)⇒詳細情報ページへ
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円/ 28本
(米国株CFD)
【SBIネオトレード証券のおすすめポイント】
以前はライブスター証券だったが、2021年1月から現在の名称に。売買手数料を見ると、1日定額プランなら1日100万円まで無料。1日100万円超の価格帯でも大手ネット証券より割安だ。そのうえ信用取引の売買手数料が完全無料と、すべての手数料プランにおいてトップレベルの安さを誇る。そのお得さは株主優待名人・桐谷さんのお墨付き。2023年10月に新取引ツール「NEOTRADER」が登場。PC版は板情報を利用した高速発注や特殊注文、多彩な気配情報、チャート表示などオールインワンの高機能ツールに仕上がっている。また「NEOTRADER」のスマホアプリ版もリリースされた。低コストで日本株(現物・信用)やCFDをアクティブにトレードしたい人におすすめ。また、売買頻度の少ない初心者や中長期の投資家にとっても、新NISA対応や低コストな個性派投資信託の取り扱いがあり、おすすめの証券会社と言える。「2023年オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」では「取引手数料」において9年連続で1位を獲得!
【関連記事】
◆【ネット証券おすすめ比較】株の売買手数料を比較したらあのネット証券会社が安かった!

◆株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券は? 手数料、使い勝手で口座を使い分けるのが桐谷流!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBIネオトレード証券の公式サイトはこちら
【SBIグループに入ってIPO取扱数も急増!】
SBIネオトレード証券の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。売買手数料は、1回の注文が複数の約定に分かれた場合、同一日であれば約定代金を合算し、1回の注文として計算します。投資信託の取扱数は、各証券会社の投資信託の検索機能をもとに計測しており、実際の購入可能本数と異なる場合が場合があります。

【SBI証券×ザイ・オンライン】タイアップ企画
新規口座開設+条件クリアした人全員に
現金2000円プレゼント!関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!SBI証券の公式サイトはこちら
お得な限定キャンペーン! もれなく2500円プレゼント 株の売買手数料がお得!
SBI証券の公式サイトはこちら!
SBI証券
新規口座開設+条件クリアで
もれなく2000円プレゼント!
岡三オンライン証券の口座開設はこちら!
岡三オンライン証券
1日定額プランで
手数料を大幅値下げ!
松井証券の口座開設はこちら!
松井証券
1日50万円までの取引
なら売買手数料0円!
ネット証券最大手で、ザイ・オンラインでも人気NO.1関連記事 2017年の秋からIPO取扱数がトップクラスに!関連記事 優待名人・桐谷さんも「便利でよく使う」とおすすめ関連記事

「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
マネックス証券の公式サイトはこちら 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!
SBI証券の公式サイトはこちら! 【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

株主優待ランキング
半導体株の儲け方
金投資の入門書

7月号5月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[株主優待ランキング/半導体株]
◎巻頭企画
最新決算でわかった今買いの株48銘柄
2024年度に上がる株を早出し!


◎第1特集
達人24人のガチ推し株が集結!
NISAでも買い!
2024年6月≫12月権利確定月の株主優待カタログ113銘柄

桐谷さんの優待満喫生活&NISA戦略・オススメ株
●目的別の2大ランキング

・「優待+配当」利回りベスト15銘柄
・「少額でえ買える」優待株ベスト15銘柄

●最新情報
・優待の「新設」「廃止」銘柄一覧

●キソ知識

◎第2特集
AI時代の勝ち組筆頭をまるっと図解!
半導体株で儲ける!

●基本を図解
・用途や種類を知れば儲かる会社が見えてくる
・半導体の製造フロー!装置と素材の盟主はココだ!
●儲かる株!
・各製造フローのエースが集結!日本の半導体株ベスト
・素材の注目銘柄/装置の注目銘柄/パワーの注目銘柄/米国株の注目銘柄


◎第3特集
藤野英人さんが運用責任者に復帰して1年
足元3年間は苦戦が続くひふみ投信は復活なるか?


◎第4特集
めざせ!FXで1億円!年億稼ぐトレーダーの神トレ大公開! Y.Iさん/ジュンさん

◎【別冊付録】

最高値更新が止まらない!
「金投資」入門
 

◎連載も充実!
◆おカネの本音!VOL.23北澤 功さん
「パンダやコアラを飼ったらいくらかかる?ペットのおカネガイド」
◆10倍株を探せ!IPO株研究所2024年4月編
「金利上昇などで株価低調も長い目で見れば期待十分!」
◆株入門マンガ恋する株式相場!VOL.91
「経済圏作りは“銀行がポイント”に?」
◆マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
「利上げ後のローン戦略 住宅ローンはまだ変動がいい理由」
◆人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ!
「人気の100本中22本の本当の利回りが10%超に!」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!



「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報