ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

日本の自動車メーカーが大躍進!
最強の国際ブランド・ランキング

ダイヤモンド・オンライン編集部
2015年10月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

日本企業のブランド力は、果たして世界でどの程度通用しているのだろうか?インターブランドが発表した「Best Global Btrands 2015」から、日本企業の実力を分析した。

トヨタはアジア系で最高位!
世界で通用する日本ブランドはどこか

 日本経済の成長が大きく見込めないなか、多くの日本企業は海外に活路を見出しており、売上高の半分以上が海外という会社も増えてきた。今後も安定的に成長していくためには、国内のみならず、国際的にも通用するブランド力をつける必要がある。

出典:「Best Global Btrands 2015」(インターブランド調べ)

 世界最大のブランドコンサルティング会社・インターブランドが発表した「Best Global Btrands 2015」から、グローバルで強いブランドはどこなのか、そしてその中での日本企業の立ち位置を分析してみたい。

 同ランキングは、主要基盤地域以外での売上高比率が30%以上あることや、北米・欧州・アジア地域で相応のプレゼンスがあり、新興国も幅広くカバーしていること、ブランドの財務的評価をするために必要な財務諸表情報が公表されていることなどを基準に、対象企業を選定している。

 ランキングの評価基準は3つ。①財務分析による、企業が生み出す利益の将来予測②利益のうち、ブランドの貢献度がどの程度か③ブランドによる利益の将来の確実性の評価—によって、ブランド価値を金額で算出し、ランキング化。ベスト100を発表した。

 ベスト100の内訳は、米国企業が52と過半数を占める。次いでドイツが11、フランスが7、日本が6、英国が5、韓国が3と続く。上の図は、トップ10を抜粋したものだ。アップルやグーグル、コカコーラなど、誰もが納得するであろう「最強のブランド」が並んでいる。トップ10中、唯一の日本企業は、6位のトヨタ自動車。アジアのブランドでは最高の順位となった。そのほかのトップ100入りした日本企業は、ホンダ(19位)、キヤノン(40位)、日産自動車(49位)、ソニー(58位)、パナソニック(65位)だった。

 和田千弘・インターブランドジャパン代表取締役CEOによると、「日本の自動車メーカーは、従来の“ものづくり”のレベルの高さに加え、新しいテクノロジーを積極的に採用したり、先進的なデザインや内装にするなどの革新による、信頼と安心のイメージが定着しました」と話す。

日本ブランドのみならず、アジア系ブランドでも最高位となったトヨタ自動車の強みは何か Photo:AP/アフロ

 製品力だけではない。たとえば、新技術を積極的に開発する姿がテレビなどで報道されたり、テレビやWebのCMのみならず、現場の営業マンも、自社製品の強みを積極的に発信する体制が整っている。こうした各部署の連携によって、ブランドイメージ向上に成功しているのだ。

 「日本の自動車メーカーは、顧客データの分析にも長けている。グレートデータと呼ばれる、高品質のビッグデータを活用できているのです」(和田CEO)。ブランド価値金額を見ると、トヨタは16%、日産は19%と、いずれも2ケタの伸びだ。ホンダはタカタのエアバック問題で前年からの伸び率は6%にとどまったが、あれほどの問題が起きても、ブランド価値毀損には至らなかったとも言える。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ニュース3面鏡

インターネットの登場以来、以前にもまして巷にはニュースがあふれ返っています。そうしたニュースや出来事の中から、DOL編集部が気になる出来事を厳選し、正面のみならず右から左から、価値あるニュース、楽しいニュースをお届けします。

「ニュース3面鏡」

⇒バックナンバー一覧