ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金融市場異論百出

「フォースと共にあらんことを」
FRBが抱く中国経済への願い

加藤 出 [東短リサーチ代表取締役社長]
2015年10月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
映画「スター・ウォーズ」最新作のイベントの一幕。まさかFRBとスターウォーズが“コラボレーション”する日が来るとは…… Photo by Alberto E.Rodriguez/gettyimages

 「フォースと共にあらんことを」。これは、映画「スター・ウォーズ」でジェダイの騎士が「幸運を祈る」といったニュアンスでよく使う言葉だ。

 「経済的フォースと共にあらんことを」。こちらは米サンフランシスコ連邦準備銀行のジョン・ウィリアムズ総裁が最近行った講演のタイトルだ。公開が近い同映画の新シリーズを彼は楽しみにしているが、そこには不安も表れている。

 米連邦準備制度理事会(FRB)のジャネット・イエレン議長の「右腕」と見なされている彼は、FRBは年内に金利引き上げを開始できると強調してきた。ただ、「グローバルな状況は明らかに大きなリスク」とも語った。9月の非農業雇用者数はスローダウンした。人口動態を考慮すれば深刻ではないと彼は考えているようだが、中国経済が米国にブレーキをかけないように、彼を含む多くのFRB幹部が「フォースと共にあらんことを」と願っているだろう。

 その中国経済だが、9月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は拡大と縮小の分岐点である50を2カ月連続で下回った。また、詳細は後述するが、いわゆる「李克強指数」を用いて中国のGDPを推計すると、かなりの低成長に陥っているという見解もある。

 しかしながら、対照的に9月の非製造業PMIは53.4で、50を上回り続けている。実際、米アップルやユニクロは株式市場の混乱にもかかわらず、中国の消費は悪化していないと説明している。

 旅行需要も強い。10月1日から国慶節の大型連休が始まったが、国内・海外旅行共に、過去最高を更新しそうだ。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月21日号 定価710円(税込)

特集 天才・奇才のつくり方 お受験・英才教育の真実

お受験・英才教育の真実

【特集2】
村田 vs TDK
真逆のスマホ戦略の成否

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


金融市場異論百出

株、為替のように金融市場が大きく動くことは多くないが、金利の動向は重要だ。日本を代表する日銀ウォッチャーが金融政策の動向を分析、金融政策の動向を予測する。

「金融市場異論百出」

⇒バックナンバー一覧