創続総合研究所

父親の死で試される、残された母子の絆
~“大黒柱”が亡くなって、初めて露わになる母親の本心もある

日本人の平均寿命は、男性80.50歳、女性は86.83歳(2014年、厚生労働省調べ)――この差からも明らかなように、多くの場合、夫婦のうち先に逝くのは夫です。残されるのは、お母さんと子どもたち。彼女たちが新たな家族関係をどう切り結んでいくのか、最初の試金石は父親の相続です。そこでは、さまざまな「ドラマ」も生まれるとか。相続に実績を持つ村越雅規税理士(MIRAI合同会計事務所所長)に聞きました。

「子どもには渡さない」

村越雅規氏
MIRAI合同会計事務所 所長
中央大学法学部を卒業後、全農に入社。約10年間のサラリーマン勤務を経て、平成8年、大原簿記学校の講師をしながらMIRAI合同会計事務所を開所。相続問題を得意とし、司法書士・行政書士等との豊富なネットワークにより、複雑な登記等の手続きから遺言書の作成、終活支援まで幅広くサポートしている。「被相続人と相続人の気持ちに沿った提案を!」をモットーに、生前の相続対策から相続発生後のご相談まで、何でもお応えする地域密着型の提案が強み。

村越前回の話にも出てきましたけど、相続には、両親のうちどちらかが先に亡くなって発生する一次相続と、残ったほうが亡くなる二次相続があります。たいていの場合、一次相続はお父さんですよね。

 一般論でいうと、一次相続は存命中の母親が目を光らせるから、子どもはそんなに好き放題言うこともなく、わりとスムーズに事が進んだのに、二次相続では、兄弟姉妹が骨肉の争いを繰り広げてしまう、というのが典型的なパターンです。

八木 “お目付け役”がいなくなるからですね。

村越 とはいえ、一次相続から揉め事になることも、もちろんあります。親の存在など関係なく子ども同士がいがみ合うこともありますが、本来目を光らせるはずの母親が、騒動の「主役」になることもあるんですよ。

 私が忘れられないのは、とにかくお金を貯めることに執着したお母さん。「1億円貯める」のが目標で、事実夫が亡くなった時点で、それくらいの貯蓄を築いていました。ところが、もう悠々自適の老後のはずなのに、夫の相続でも、できるだけ自分の取り分を多くしたいと、必死なんですね。息子と娘がひとりずついたのですが、「彼らにはできるだけ渡したくない」という姿勢がありあり。

八木 どうやってそんなに貯め込んだのですか? 夫の事業が成功したとか。

村越 いいえ、旦那さんはごく普通のサラリーマンでした。ひとことで言えば、とにかく出費を抑えることに執念を燃やしたんですね。親戚付き合いまで遮断して、冠婚葬祭も、一切「無視」です。子どもたちにも、学生時代には多少の援助をしたものの、あとは面倒をみなかった。結婚式の費用も、子どもができても……。

八木 それで1億円貯めたんですか(笑)。徹底してますね。

創続総合研究所 特集TOPに戻る

SPECIAL TOPICS

 


八木美代子 [株式会社ビスカス代表取締役]

早稲田大学卒業後、リクルート入社。1995年に株式会社ビスカスを設立。税理士を無料でご紹介するビジネスモデルを日本で初めて立ち上げ、現在まで10万件以上のマッチングを実現。相続に強い税理士のみを集めたサイト「相続財産センター」を運営し、相続コーディネーターとしても業界ナンバーワンの実績を誇る。著書に『相続の現場55例』(ダイヤモンド社)、『相続、いくらかかる?』(日経BP社)、『相続は『感情のもつれ』を解決すればお金の問題もうまくいく』(サンマーク出版)などがある。
株式会社ビスカス

 


相続の現場~争いから学ぶハッピー相続術

相続の別名は、「争続」。仲の良かった兄弟姉妹が親の遺産を前に骨肉の争いを演じるというのは小説やテレビドラマの中だけの出来事ではないようです。諍いの中心はもちろん「お金」。ですが兄弟姉妹には、他人がうかがい知ることのできない「本音」「思い」があるようで……奥底にある「心の綾」を解きほぐすと争いから一転、分かりあえるのが家族。そうした「ハッピー相続」の例を解説します。

「相続の現場~争いから学ぶハッピー相続術」

⇒バックナンバー一覧