ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司

優秀なゆとり世代を潰した先輩社員のある一言

高城幸司 [株式会社セレブレイン 代表取締役社長]
【第148回】 2015年10月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 大混戦となった今年のプロ野球セ・リーグを制したのは、ヤクルトスワローズでした。そんな大活躍のチームを支えたのが、山田哲人選手です。今季は3割・30本・30盗塁という「トリプルスリー」を達成しました。

 そんな山田選手は1992年生まれのゆとり世代。一時期は、世間の問題児のように扱われたゆとり世代からスターが生またのです。山田選手のみならず、日本ハムファイターズの大谷翔平選手など、若くして大活躍するスター候補選手が数多く生まれている状態は、以前より著しいように感じられます。

 ゆとり教育以前は、「詰め込み型教育」などと揶揄されたものですが、世代によって社員の能力や特徴なども大きく違う中で、会社はどのように若手社員を受け入れ、育成すればいいのでしょうか?現在の人材育成の現状も参考にしながら考えてみましょう。

ヤクルトの山田選手をスターにした
杉村打撃コーチのすごい指導法

野球の世界でもビジネスの世界でも、若手社員の可能性を活かせるかどうかは指導する人の力量にかかっています

 山田選手をこれほどのスター選手に育てたのは、杉村繁打撃コーチと言われています。1957年生まれの50代後半。「上意下達」な指導を受けてきた世代です。選手時代は、「いいから、やれ」という上からの命令に逆らえないのが当たり前。ところが、杉村氏は自分の教えられたスタイルではなく、選手との「すり合わせ」を徹底していました。山田選手には、

 「ホームランが打ちたいのか、それともヒットが打ちたいのか、どっち?」

 と意見を聞きながら、山田選手の適性を説明して中距離打者として広角に打球をちらし、足を生かすスタイルを目指すことを決め。そのうえで杉村氏の推奨する10種類以上のティーバッティングを徹底的に繰り返しました。その積み重ねができたのは、山田選手が杉村コーチとの日々のすり合わせによって、指導法に納得できていたことが大きかったのではないでしょうか?

 こうした指導の一手間ができるかどうかで、若手選手の「伸びしろ」は大きく変わります。では、最近の会社における人材育成の仕組みは、どうなっているのでしょうか。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
高城幸司氏の共著「新しい管理職のルール」

時代が変ればマネジメントの手法も変わります。では、どのように「戦略」「業務管理」「部下育成」「コンプライアンス」をどうマネジメントに取り入れるのか。新しいマネジメントのルールを教える1冊。1500円(税込)

話題の記事

高城幸司 [株式会社セレブレイン 代表取締役社長]

1964年生まれ。同志社大学卒業後、リクルート入社。リクルートで6年間連続トップセールスに輝き、「伝説のトップセールスマン」として社内外から注目される。そのセールス手法をまとめた『営業マンは心理学者』(PHP研究所)は、10万部を超えるベストセラーとなった。 その後、情報誌『アントレ』の立ち上げに関わり、事業部長、編集長、転職事業の事業部長などを歴任。2005年、リクルート退社。人事戦略コンサルティング会社「セレブレイン」を創業。企業の人事評価制度の構築・人材育成・人材紹介などの事業を展開している。そのなかで、数多くの会社の社内政治の動向や、そのなかで働く管理職の本音を取材してきた。 『上司につける薬』(講談社)、『新しい管理職のルール』(ダイヤモンド社)、『仕事の9割は世間話』(日経プレミアシリーズ)など著書多数。職場での“リアルな悩み”に答える、ダイヤモンド・オンラインの連載「イマドキ職場のギャップ解消法」は、常に高PVをはじき出している。
株式会社セレブレインホームページ
高城幸司氏ブログ

 


イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司

グローバル化や女性の社会進出、上司や部下とのジェネレーションギャップなど、もはや同じ価値観を持った人とだけ仕事をすることは不可能です。そんなギャップのある人たちとの上手な付き合い方・対処法を紹介します。

「イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司」

⇒バックナンバー一覧