ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ニューロビジネス思考で炙り出せ!勝てない組織に根付く「黒い心理学」 渡部幹

すぐ辞める“ヘタレ新入社員”増殖のナゾ

渡部 幹 [モナッシュ大学マレーシア校 スクールオブビジネス ニューロビジネス分野 准教授]
【第23回】 2015年4月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

企業も大学も頭を悩ませる
日本の若者は「ヘタレ化」しているのか?

 筆者の住むマレーシアでは、年度始めは1月なので、4月でも人々の暮らしに変わりはない。だが、日本では春の訪れとともに新年度を迎え、新しい環境で心機一転かんばっている人も多いだろう。筆者のもとにも、職場が変わったという挨拶メールがいくつも届いている。

 その一方で、「新入社員が3日でやめた」「やっぱりこんなブラックなところには勤められない、と1週間で辞めていった」「初日の出勤時間前に電話があって『やっぱりしんどいので辞めます』と言われた」といったニュースがいくつも出ている。今どきのゆとり社員はこらえ性がない、などというコメントもよく見る。

高度成長期のモーレツ社員たちから見れば、イマドキの若者はヘタレに見えるのだが … 
Photo:jedi-master-Fotolia.com

 事実、そういった傾向は強くなっていて、それは10年以上前から始まっている。大学新入生や新入社員の中には、いわゆる5月病と言われる状態にハマってしまう者がいる。新しい環境に慣れてきた頃に、当初の興奮が去り、倦怠感や無気力に襲われて、登校・出社する気力がなくなってくる現象だ。

 10年以上前、筆者の勤めていた京都大学の教務担当の先生が、当時「前は5月病ってゆうておったけど、今は4月半ば病になってきとる(笑)。授業1回か2回やったら、もう学生は授業に来んようになって、教室スカスカでタイヘンや」と話していた。

 ニュースに載るような極端なケースは別としても、全体としては、実際に雇用期間は短期化しているし、大学でも退学が最も多い季節は春だ。

 その意味では、もう10年以上前から、日本の若者は「ヘタレ」化しているように見える。だがそれは本当だろうか。

 1970年代の日本のビジネスマンの是は、「努力・根性・忍耐」だった。電通の社長だった吉田秀雄氏が作った「鬼十則」はその典型だ。電通マンの行動規範といわれるそれが作られたのは、51年、終戦直後の大好景気時代幕開けのときだ。

1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事は己れを小さくする。
4. 難しい仕事を狙え、そしてそれを成し遂げるところに進歩がある。
5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。
6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。
7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

渡部 幹(わたべ・もとき)
[モナッシュ大学マレーシア校 スクールオブビジネス ニューロビジネス分野 准教授]

UCLA社会学研究科Ph.Dコース修了。北海道大学助手、京都大学助教、早稲田大学准教授を経て、現職。実験ゲームや進化シミュレーションを用いて制度・文化の生成と変容を社会心理学・大脳生理学分野の視点から研究しており、それらの研究を活かして企業組織にも様々な問題提起を行なう。現在はニューロビジネスという大脳生理学と経営学の融合プロジェクトのディレクターを務めている。代表的な著書に『不機嫌な職場 なぜ社員同士で協力できないのか』(共著、講談社刊)。その他『ソフトローの基礎理論』(有斐閣刊)、『入門・政経経済学方法論』、『フリーライダー あなたの隣のただのり社員』 (共著、講談社)など多数。


ニューロビジネス思考で炙り出せ!勝てない組織に根付く「黒い心理学」 渡部幹

この連載の趣旨は、ビジネスマンのあなたが陥っている「ブラック」な状況から抜け出すための「心」を獲得するために、必要な知識と考え方を紹介することにある。社員を疲弊させる企業が台頭する日本社会では、「勝てない組織」が増えていく。実はその背景には、マクロ面から見た場合の制度的な理由がある一方、日本人の持つ国民性や心理もまた、重要な要因として存在する。そうした深いリサーチが、これまで企業社会の中でなされてきただろうか。本連載では、毎回世間で流行っているモノ、コト、現象、ニュースなどを題材として取り上げ、筆者が研究する「ニューロビジネス」的な思考をベースに、主に心理学や脳科学の視点から、その課題を論じていく。あなたは組織の「黒い心理学」を、解き明かすことができるか。

「ニューロビジネス思考で炙り出せ!勝てない組織に根付く「黒い心理学」 渡部幹」

⇒バックナンバー一覧