ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

デルがEMCを670億ドルで買収
巨大企業の合体は実を結ぶか

瀧口範子 [ジャーナリスト]
【第363回】 2015年10月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

古いIT企業同士が
生き残りに賭ける

 デルがEMCを670億ドルで買収するという、これまでにない大型企業同士の合体は、古いIT企業の生き残りを賭けた動きで、この業界の急速な変化を思わせるものだ。

 デルは、コンシューマー向けのパーソナルコンピュータを起源としながら、そのビジネスモデルを刻々と変化させてきた。目指すところは、企業向けのITソリューションビジネスで、2009年にペロット・システムズを買収するなど、数々の事業を統合してその土台を築いてきた。2013年には、創業者のマイケル・デルが同社を非公開化して、思いのままに戦略を立てられるような体制にしている。

 一方、EMCは企業向けITサービス会社として知られる最大手のひとつである。データストレージやセキュリティ関連の技術で知られ、セキュリティ企業として有名なRSAは、同社が買収しており、また仮想化技術の大手であるヴイエムウェアの81%を所有している。

 「この2社が合体すれば、企業向けソリューション会社として強力になる」というのが、今回の買収の理由である。

 だが、両社とも企業のクラウド化の波に乗り遅れ、すでにクラウドサービスを大きく展開するアマゾンやグーグル、マイクロソフトという競合にそのビジネスを先取りされるなど、今後のチャレンジは大きい。

買収発表直後、ユーザー企業の
反応は厳しい

 そうした中、調査会社の451リサーチが両社の顧客企業を対象にアンケート調査を行った。その結果が興味深い。この買収は成功すると見る顧客が多い一方で、そうでないとする顧客の不安は深いという印象を受ける。

 このアンケート調査は、買収が発表された後24時間以内に行われ、両社の企業ユーザーの体感温度が感じられるものとなっている。対象となったのは447社で、各社のIT技術導入担当者が回答した。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

瀧口範子 [ジャーナリスト]

シリコンバレー在住。著書に『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』(共にTOTO出版)。7月に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか?世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』(プレジデント)を刊行。


ビジネスモデルの破壊者たち

シュンペーターの創造的破壊を地で行く世界の革新企業の最新動向と未来戦略を、シリコンバレー在住のジャーナリストがつぶさに分析します。

「ビジネスモデルの破壊者たち」

⇒バックナンバー一覧