ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

日本マイクロソフト社長 平野拓也 
無償のウインドウズ10で低迷するスマホも挽回狙う

週刊ダイヤモンド編集部
2015年10月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

マイクロソフト初の無償OS「ウインドウズ10」。今期から日本法人社長に就任した平野拓也氏にあらためてその戦略を聞いた。

Photo by Masato Kato

──ウインドウズ10のダウンロード状況と、無償化の狙いは。

 グローバルでは7500万ダウンロードを超え、日本での数値は未公表ですが目標値を大きく超える数を記録し、非常に盛り上がりを見せています。

 ビル・ゲイツ時代の「デジタルの民主化をOSが後押しする」という状況は、デバイスが多様化する中、過去のものとなりました。まずはOSを使ってもらい、好きになってもらった上で、自社クラウドサービスに誘導する。これが無償化戦略の大前提です。

 さらに、ウインドウズ10からは、アプリケーション開発者は、一度開発を行えば、パソコン、スマートフォン、タブレット、ゲームなどの全てのデバイスや、さらに組み込み型のIoT(モノのインターネット)をもカバーすることができるようになる。特にIoTでは、バージョンアップのたびにハードを入れ替えることは困難ですが、ネット経由の無料アップデートで対応すればこれも容易になります。

 利便性が高まり、ユーザーが増え、開発者側のアプリケーション開発意欲も向上する。このサイクルにより、クラウドサービスの「アジュール」の普及や新デバイスの売り上げアップにつながる。そんな流れをつくるのが目標です。

──無償化による業績面へのマイナス効果はないのでしょうか。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧