ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方

金融スーパーで買い物する危うさ

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第75回】 2009年3月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「日本経済新聞」(3月9日付朝刊)に載ったアンケート調査によると、金融サービスの普及形態として、さまざまな商品を購入できる「金融スーパー」を望む人が49%、「金融ブティック」を望む人が22%、両者の併存を望む人が29%であったという。

 金融スーパーを支持する主な理由は「商品・サービスが比べやすいから(63%)」ということだった。第2、第3の理由はそれぞれ「時間を節約したいから(40%強)」「有利な商品が見つかると思うから(20%強)」だという。

 金融スーパーの選択理由として、筆者が納得できるのは2番目だけだ。「おカネ」よりも「時間」のほうが大切なら、確かに、金融スーパーで物事をすませるのが便利だ。しかし、A社の窓口一つで物事をすますのと、複数の金融機関を使うのとで、たとえば10万円の差がつくとしたら、それでも「金融スーパーA社」に一本化するほうがいいと思うだろうか。

 たとえば1000万円の退職金のなかから300万円を株式、ないしは株式に投資する商品に回すとしよう。金融スーパーA社では(銀行、信託、生保、証券いずれでもありうる)、販売手数料が3%で信託報酬が年率1.5%程度の投資信託を勧められる可能性がある。個人年金保険(変額保険)なら、顧客が負担する手数料はもっと高くなる公算が大きい。他方、購入先が金融の「ブティック」になるとは限らないが、国内株式への投資ならたとえばノーロード(販売手数料がゼロ)で信託報酬が0.7%くらいのインデックス・ファンドを探すことは難しくない。初年度に払う手数料コストに10万円以上の差がついておかしくない。

 スーパーで日用品を買うのであれば、同じ品目について複数ブランドの商品をその場で比較することができる。しかし、金融機関の店頭で金融商品を選ぶ場合、同一商品について異なる運用会社の商品を十分広い範囲で横比較して買うのが難しいことが多い。商品が、販売金融機関が選んだものに限られてしまうし、多くの商品が選ばれていても、手で触れるような具体的なモノがあるわけではないので、店頭で勧められるもの以外には関心が向きにくい。率直にいって、手数料が安くて顧客にとっていちばんいい商品が金融機関の窓口にわかりやすくラインナップされていることは稀だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧