ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
実例で知る! 他人事ではない「男の離婚」 露木幸彦

不倫した妻に子どもを奪われ
養育費だけを払い続けた男の悲哀(下)

露木幸彦 [露木行政書士事務所代表]
【第15回】 2015年10月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

>>(上)より続く

 前述のように『離婚から1年で別の男と再婚する』のは離婚前から決まっていたはずなのに離婚時に再婚しない前提で割高な養育費を設定され、再婚の事実をひた隠しにされ、何も知らない和彦さんはまんまと前妻の計画に引っかかってしまったのです。養育費を1度も遅れることなく支払ってきたのですが、ようやく「すべて計算ずくだった」ことを知ることとなりました。そして今回の件に白黒をつけるべく、前妻へ直談判をしに行ったのですが、話は遅々として進まなかったのです。なぜでしょうか?

 前妻は過去の成功体験に味をしめており、今でも和彦さんのことをと自分より格下の人間だと軽視していたのでしょう。今回もわがまま放題を言い続け、意味不明な持論を展開し続け、ヒステリックで過激な行動を起こし続けたのです。そうすれば、養育費を減額せずにやり過ごせるだろう、どうせ途中で和彦さんがあきらめるだろう、そして自分の思い通りになるだろうという魂胆が見え見えでした。では前妻は具体的にどんな反応をしたのでしょうか?再婚トラブルを解決するためのポイントは6つ(法律の根拠、タラレバ論の排除、面会の放棄、過去の養育費の放棄、慰謝料の放棄、長期化リスクの顕在化)あります。順番に見ていきましょう。

再婚も養子縁組も白紙にすると
言い出した前妻

 「だまされた!アンタが養育費をちゃんと払うって言うから、渋々、離婚届に判を押したのに。養育費を途中で減らされるって分かっていたら、離婚してあげなかったんだからね!もう、どうしてくれるのよ!!」

 「養育費は妻の言い値を約束するから、その代わりに離婚してほしい」。和彦さんが離婚を渋る前妻を説得すべく、話し合いの最中、そんな軽口を叩いたかどうかは、今となっては定かではなく、今さら「言った、言わない」をめぐって押し問答をしても、ますます出口は見えなくなります。

 そもそも離婚するときに、どんな経緯でどんな約束を交わそうと、法律上、養育費は事情変更(離婚時と比べ、経済状況や家族構成等が変わった場合)による見直しが認められているのです(民法880条)。裏を返せば、離婚時にどのような養育費の金額、期間を約束しても、約束した金額を約束した期間の最終回までもらい続けることが保証されているわけではないのです。前妻の個人的な意見と法律の公式的な見解。どちらが優先するのかは言わずもがなですが、それでも前妻はまだ食い下がってきたようで……。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

露木幸彦[露木行政書士事務所代表]

つゆき・ゆきひこ/行政書士、フィナンシャルプランナー。1980年生まれ。国学院大学卒。男性の離婚相談に特化した行政書士事務所を開業し、開業から6年間で有料相談件数7000件、法律文書作成900件を達成。公式サイトは1日訪問者3300人、会員数は1万3000人と、業界では最大規模にまで成長させる。2008年よりドコモ、au、ソフトバンクの公式サイトで法律監修を担当。四半期に一度、大相談会を開催している。主な著書に『結婚貧乏~結婚してはいけない人を避ける方法』(中央公論新社)、『離婚のことばハンドブック~今すぐ解決したい人のキーワード152』(小学館)、『男のための最強離婚術』『男の離婚 賢く有利に別れるための6つの成功法則』(共にメタモル出版)などがある


実例で知る! 他人事ではない「男の離婚」 露木幸彦

昨今の離婚事情は複雑化している。夫が借金、浮気、暴力を繰り返して妻に愛想を尽かされるという「昭和型離婚」ばかりでなく、足もとでは「草食系離婚」も急増している。妻が多重債務、不倫、ヒステリーなどを繰り返し、真面目で優しい夫がそれに絶えられなくなって離婚を決意するというパターンだ。そうしたなか、離婚トラブルで悩み悶える男性が増えている。一度離婚トラブルに発展すると、男性は多くの精神的・物理的な負担を強いられる。到底納得できない理不尽な離婚トラブルに意図せず巻き込まれた場合に備えて、普段から対処法を考えておくことは必要だ。「男性の離婚相談」に特化し、数多くの相談実績を誇る行政書士の露木幸彦氏が、毎回実例を挙げながら、男性が陥り易い離婚トラブルへの対処法を指南する。読まずに泣くか、読んで笑うか――。現在離婚トラブルで悩んでいる人もそうでない人も、「他人事ではない男の離婚」について考えるための参考にしてほしい。

「実例で知る! 他人事ではない「男の離婚」 露木幸彦」

⇒バックナンバー一覧