ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル

「自分は特別」という自意識と承認欲求が肥大化する理由

宮崎智之 [フリーライター]
【第13回】 2015年10月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

自意識と承認欲求が
肥大化した果てに……

素人の写真を「キャラ濃い」と押し付けられても…

 最近、Twitterを眺めていたら、ある興味深いツイートが流れてきた。「キャラ濃い問題」と題された、漫画家・イラストレーターの「凸ノ」さんによる投稿である。まずは、ハフィントンポストにも取り上げられた「凸ノ」さんのツイートを見ていただきたい。

 「このメンツ、キャラ濃いわー」は、ちっとも濃くない。死んだ祖母が語る」

 どこにでもいる、ちっともキャラが濃くない同期のメンバーをあたかも特別な存在のように紹介するツイート。それに対して、「いっこもキャラ濃くないわ。普通じゃボケ」と腐した内容だ。確かに、「キャラ濃い」で検索してみると、「凸ノ」さんがツッコミを入れたような投稿はTwitterにたくさんある。そのほとんどが、はたから見るとまったくキャラが濃いように思えない。せいぜい、宴会でちょっとしたコスプレをしている程度である。それはキャラが濃いのではなく、ただのお調子者だ。それこそ、そのへんにごまんといる。

 この「キャラ濃い問題」は、TBSラジオ「東京ポッド許可局」で指摘されている「オンリーワン問題」と通じるところがある。同番組では自分の存在をことさら特別視する考え方を「オンリーワン思想」と呼んでおり、J-POPの歌詞にも同じ傾向があるとしている。

 「オンリーワンであることは当たり前であり、それをわざわざ発信する表現姿勢」について、「ワンオブゼムの謙虚さを持つべきだ」と。同番組に出演するサンキュータツオ氏は、こうした「主人公感の押し付け」に対して、「自意識肥大を感じる」と感想を話す。

 SNSが普及した現在は、自意識と承認欲求による「オンリーワン思想」が蔓延している。大いなる“儀礼的無関心”を発動してスルーしようとしても、どうしても目に入ってきてしまうから厄介だ。なぜ、筆者がこうした現象を「面倒くさい」と思ってしまうのかというと、やはりそれはどことなく“押し付けがましさ”を感じてしまうからである。「主人公感の押し付け」を筆者なりに言い換えるならば、「文脈と関係性の押し付け」ということになるだろうか。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

宮崎智之 [フリーライター]

フリーライター。1982年3月生まれ。地域紙記者を経て、編集プロダクション「プレスラボ」に勤務後、独立。男女問題や社会問題、インターネット、カルチャーなどについて執筆。
ツイッターは@miyazakid
 

 


あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル

「なぜ、彼と話しているとイライラするのか」「彼女と関わると、なぜかトラブルに巻き込まれるのよね」――。あなたの周囲にも、きっとそんなタイプの人がいるだろう。そう、彼らは「めんどい人々」なのである。なぜ彼らは「めんどい」のか。世代間ギャップや価値観の違いなどその背景には色々な理由があるだろうが、はっきり理由がわからず、悩みは深まるばかりだ。この連載では、職場の上司、部下、同僚、そしてプライベートの友人、恋人まで、あなたを面倒事に巻き込む人々のパターンとうまく付き合って行くための心得を、できるだけわかり易く分析して行こう。「めんどい人々」とうまく付き合うための参考にしてほしい。

「あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル」

⇒バックナンバー一覧