ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
はい上がれる人、はい上がれない人――「負け組社員」リベンジの十字路

会社と争った過去を「前歴照会」されている?
疑心暗鬼に陥った若手営業マンの“空回り”

――前職のトラウマに囚われ、成長できない塚本氏のケース

吉田典史 [ジャーナリスト]
【第14回】 2010年5月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 会社は中途採用試験のとき、エントリーした受験者の過去を調べると言われる。多くの場合は噂の域を出ないが、いわゆる「前歴照会」と呼ばれるものだ。特に最終面接の前に調べることが多いとささやかれるが、最近は個人情報保護法の影響もあり、こういう行為をする会社は少なくなったと言われる。

 しかし、上場企業を退職した人事部員や労働問題を専門とする法律家の中には、会社が「依然として前歴照会をしている」と言い切る人たちがいる。上場企業の現役の人事部員や、興信所の職員の中にもそれを認める人はいる。

 とはいえ、「前歴照会」はその人の過去や社会的な身分を調べる常識外れの行為だけに、真相は闇から闇に葬り去られているようだ。

 連載14回目は、このいかがわしい行為に悩みながら、「負け組」から脱出しようともがく若手営業部員を紹介しよう。あなたも、現在勤めている会社に自分の過去を調べられている心当たりはないだろうか?

------------------------------------------------------------------
■今回の主人公――はい上がれない「負け組社員」

 塚本 誠(30歳)仮名

 現在は、社員数300人ほどの専門商社の営業部に勤務。前職では上司と衝突し、退職強要を受ける。会社と争った挙げ句、条件退職になった。今の会社に転職してからも上司とぶつかる。その頃から、前職でのトラブルを上司に持ち出されるようになった。今はこの「前歴照会」に悩んでいる。

------------------------------------------------------------------

(※プライバシー保護の観点から、この記事は取材した情報を一部デフォルメしています)

会社に過去のトラブルを調べられた?
悪い噂を吹聴する上司に悩まされ……。

 昼の12時25分。塚本は、会社の近くにある公園に小走りで向かった。周りに同僚らがいないことを確認しつつ、携帯電話を背広のポケットから取り出した。そして、東京都の労働相談情報センター(旧労政事務所)に連絡を入れた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

吉田典史 [ジャーナリスト]

1967年、岐阜県大垣市生まれ。2006 年からフリー。主に人事・労務分野で取材・執筆・編集を続ける。著書に『あの日、負け組社員になった・・・』『震災死 生き証人たちの真実の告白』(共にダイヤモンド社)や、『封印された震災死』(世界文化社)など。ウェブサイトでは、ダイヤモンド社や日経BP社、プレジデント社、小学館などで執筆。


はい上がれる人、はい上がれない人――「負け組社員」リベンジの十字路

格差の固定化と大不況のダブルパンチに見舞われた日本の企業社会では、「負け組社員」が続出している。労働問題に精通した著者が、徹底取材で得た生のエピソードを基に、世のビジネスマンが負け組からはい上がるためのノウハウを詳しく教える。

「はい上がれる人、はい上がれない人――「負け組社員」リベンジの十字路」

⇒バックナンバー一覧