ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山田厚史の「世界かわら版」

ビール税制改正見送りで本当に得をしたのは誰か

山田厚史 [デモクラTV代表・元朝日新聞編集委員]
【第95回】 2015年10月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 日本のビールは世界でも珍しい歪んだ構造になっているのはご存じの通り。「ビールと呼べない紛い物」や「ビールっぽいがビールではない飲料」が、「ビール」と呼ばれて出回る世界で類を見ない市場だ。

 ビールの税金が高いため、節税に的を絞った「ビールもどき」が次々と生まれた結果でもある。メーカーは麦芽を抜いたり添加物に頼る「色水つくり」に熱心で、日本のビールはカラバゴス化の危機にある、とさえ言われる。

 そんな中で「今年こそ歪んだ税制の是正を」という動きが業界や自民党から上がり、年末の税制改革で「すっきり税制」になるはずだった。ところがマイナンバーカードによる消費税還付が頓挫したどさくさに紛れ、ビール税制の是正が消えてしまった。

 節税ビールでシェアを伸ばす「サントリーの策略」との憶測さえ広がるほど、業界は疑心暗鬼になっている。

サントリーが「抜け駆け」?
ビール税制改正をめぐる憶測

 首相の行動を記録する朝日新聞の「動静」。10月13日、こんな動きがあった。

 「午後6時45分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ。同ホテル内の宴会場AZALEAでサントリーホールディングスの鳥居信吾副会長、新浪剛史社長と懇談。麻生太郎副総理兼財務大臣ら同席。7時52分、自宅」

 隅に載った数行の記事がビール業界を動揺させた。

 「この微妙な時期に特定の会社のトップが首相に会うなんて、業界の申し合わせ違反ですよ」

 事情に詳しい業界関係者はそう語る。ビール業界(ビール酒造組合)は、税制改正の議論が行われている最中は、政治家や役所への働きかけは業界で一本化し、個別の面談などはしないことを申し合わせている、という。それが本当ならサントリーの動きは「抜け駆け」になる。

 新浪社長は経済財政諮問会議の委員も務め安倍首相と懇意の間柄だ。会って話をするのは不自然ではない。だが、今回は鳥居副会長も同席している。サントリー社長として会ったのだろう。麻生財務相も一緒だった。となると税制をめぐる陳情があったに違いない、と憶測が広がった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山田厚史 [デモクラTV代表・元朝日新聞編集委員]

やまだ あつし/1971年朝日新聞入社。青森・千葉支局員を経て経済記者。大蔵省、外務省、自動車業界、金融証券業界など担当。ロンドン特派員として東欧の市場経済化、EC市場統合などを取材、93年から編集委員。ハーバード大学ニーマンフェロー。朝日新聞特別編集委員(経済担当)として大蔵行政や金融業界の体質を問う記事を執筆。2000年からバンコク特派員。2012年からフリージャーナリスト。CS放送「朝日ニュースター」で、「パックインジャーナル」のコメンテーターなど務める。

 


山田厚史の「世界かわら版」

元朝日新聞編集員で、反骨のジャーナリスト山田厚史が、世界中で起こる政治・経済の森羅万象に鋭く切り込む。その独自の視点で、強者の論理の欺瞞や矛盾、市場原理の裏に潜む冷徹な打算を解き明かします。

「山田厚史の「世界かわら版」」

⇒バックナンバー一覧