ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
就職できない若者の「トンデモ言動」

高学歴なのに就職できない人の共通点

櫻井樹吏 [キャリアコンサルタント]
【第43回】 2015年11月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 企業が採用面接を行う上で、学歴や学校名が与える影響は大きいと思われがちですが、有名大学の学生なら誰でも簡単に就職が決まるとは限りません。

 私自身、今年の8月からある企業で新卒学生の面接官を担当したなかで、華々しい学歴を持つにもかかわらず、自分を客観的に見る事が苦手だったり面接では全くしゃべることができずに自滅をしてしまっているケースをいくつも見かけました。

 引き続き中小企業をはじめとして新卒の募集を行っている企業は多いようですが、そんな中でも今回は、学歴は素晴らしいにもかかわらずなかなか就職ができない学生や、文系・理系学生の違いなどにも焦点を当てて、お話ししていきたいと思います。

成績優秀なのに就職できない人は
どこに問題があるのか

何が高学歴学生の内定を遠ざけているのでしょうか?

 エントリシートや履歴書に書かれる学歴は、やはり影響を与えやすい項目の一つと言えます。ハロー効果をはじめとして、難関大学を卒業しているというだけで「おっ」という気持ちになるのは、面接の場だけでなく、居酒屋などでの会話でもそうではないでしょうか。

 ですが、学歴だけで全てがパスされるかと言えば、決してそうではないのも事実です。難関大学の学生であればあるほど、受ける企業には手ごわいライバルが数多く存在しています。そして、学歴以外にも数多くの選考項目があり、その中に面接でなければわからない能力があります。

 基本中の基本ではありますが、当然コミュニケーション能力は、大切な選考項目の1つです。もちろん「コミュニケーション能力」はとても曖昧な言葉でありますが、ここでは「話す・聞く・察する」という意味合いで使っていきたいと思います。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

櫻井樹吏 [キャリアコンサルタント]

1980年生まれ。大手通信会社の人事部、総合人材サービス会社の若者専門コンサルタントを経て独立。
2010年から500名を超える若者を支援し、年間のカウンセリング数は1200回を超える。 独立後は若年者、主婦の再就職、雇用支援機構や公共事業の講師・コンサルタントを中心に活動中。ホームページ:http://www.sakuraichirin.tokyo


就職できない若者の「トンデモ言動」

一部の若者が大量の内定をもらう一方で、ある一定数の若者は1社も内定をもらえない――。そんな現実が今の就職市場にあります。そんな就職難の実態を景況感のせいにしてしまいがちですが、実は内定をもらえない若者には特徴があります。それは、彼らが「トンデモない言動」をすることです。この連載では、3年間で450人ほどの就職できない若者を支援してきたキャリアコンサルタントの櫻井樹吏さんが、彼らのトンデモ言動の中身と、そんな彼らがどう就職していったのかをお伝えします。

「就職できない若者の「トンデモ言動」」

⇒バックナンバー一覧