HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

背骨&骨盤 ゆがみを直せば若返る! おおたとしまさ

背骨がゆがんでいる人は内臓の病気になりやすい!?

おおたとしまさ [ジャーナリスト],全国健康生活普及会
【第1回】

おおた 痛みは体からのSOSなんですね。

佐藤先生 「今、ここが悪いから、早くなおして!」というサインです。最初は筋肉のハリやコリという形でSOSを発します。マッサージでもその場は楽になりますが、根本的な解決にはなりません。そのうちに痛みが生じます。それでも鎮痛剤などで痛みだけを取り除いているうちは、根本をなおすことはできません。そうやって骨のゆがみを長い間放置していると、そこに関連する臓器が少しずつ弱っていき、病気を発症することがあるのです。

おおた 恐ろしいですね。内臓への負担は自覚が難しいですからね。

佐藤先生 だからこそ、筋肉や関節などに痛みが生じたら、早めに根本的な対処をすることが大切です。健康の維持のためには、骨のメンテナンスも重要な要素なのです。

骨のゆがみは万病のもと

イラスト:青木大(DAICREATION)
拡大画像表示

 骨がゆがむことで、神経が圧迫されると、その神経の先にある臓器にまで悪影響が出ます。どのあたりの骨のゆがみが主にどんな疾患の原因になり得るのかは右のイラストをご覧ください。

 人間の体には自律神経という神経が張り巡らされています。体のどこかに不調があれば、それを感知し、脳と連携して、正常に戻すように働きます。人間本人が気づいていなくても、寝ている間でも、自動的に自律神経が働いて、体の調子を保とうとします。

 しかし骨がゆがみ、神経の通り道が圧迫されると、自律神経をはじめとする神経系統の機能が低下します。その結果、さまざまな疾患が生じてしまうのです。

 たとえば、ある内臓で疾患が生じたとしても、その内臓が勝手に病を作り出したわけではありません。なんらかの悪条件が重なり、さらに体の自己回復能力が滞ることによって、疾患が発生するのです。

1 2 3 >>
関連記事
このページの上へ

おおたとしまさ[ジャーナリスト]

株式会社リクルートから独立後、育児・教育を主なテーマに執筆・講演活動を行う。著書、新聞・雑誌へのコメント掲載など多数。ラジオ番組にもレギュラー出演中。心理カウンセラーの資格ももつ。著書は『名門校とは何か?』(朝日新聞出版)、『追いつめる親』(毎日新聞出版)、『中学受験という選択』(日本経済新聞出版社)、『オバタリアン教師から息子を守れ』(中央公論新社)、『パパのトリセツ』(ディスカヴァー)など硬軟多数ある。海外で翻訳されている著書も多い。

 

全国健康生活普及会

カイロプラクティックを普及していく活動支援団体として、1977年創立。日本におけるカイロプラクター養成団体の草分けであり、現在でも本場アメリカの名門「テキサスカイロプラクティックカレッジ」と提携し、常に最先端の技術を取り入れている。全健会の各カイロプラクティック施術院では、手技による骨格矯正だけではなく、総合指導法として生活習慣の改善を提案しており、通院者に多角的なアドバイスを行っている。全健会会員の施術院は日本全国に約4000店舗あり、毎月40万人以上が施術を受けている。

 


背骨&骨盤 ゆがみを直せば若返る! おおたとしまさ

日常生活の中で、肩こり・腰痛といった体の不調や変調は、多くの人が抱える悩みだ。実は、それらの原因は、背骨や骨盤の「ゆがみ」である場合が多い。「歳のせい」と思われがちな体型崩れや肌荒れも、実は背骨や骨盤の「ゆがみ」に起因している場合もあるという。慢性的な腰痛・肩こりに悩むジャーナリストのおおたとしまさが、 “健康体を取り戻す方法"を、“カイロプラクティックの達人(施術院の先生)"に聞く。

「背骨&骨盤 ゆがみを直せば若返る! おおたとしまさ」

⇒バックナンバー一覧