ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
田中均の「世界を見る眼」

中国が欧州、アジアで着々と布石
その戦略的意図をどう読むか

田中 均 [日本総合研究所国際戦略研究所理事長]
【第50回】 2015年11月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

英独仏、ベトナム、そして台湾──
積極的な首脳外交の背景にあるものは

11月7日にシンガポールで行われた中台首脳会談での習近平国家主席(左)と馬英九総統(右)
Photo:新華社/アフロ

 これまでも本コラムで取り上げてきたが、最近の中国の頻繁な首脳外交や南シナ海における活発な動きの背景にある、戦略的意図をどう読むべきだろうか。

 9月末の米中の首脳会談は大きな成果を生み出すことはなかったが、その後、11月1日に3年振りの日中韓の首脳会談が実現した。また同7日には66年前の中台分離後初めてとなる中台首脳会談が開催され、その直前の5日には、9年振りとなる中国国家主席のベトナム訪問が行われた。

 欧州との関係においても活発な首脳外交が行われている。習近平国家主席は10月19~23日に英国を訪問し、400億ポンドと言われる経済協力のパッケージに合意したほか、10月末から11月頭にかけて訪中したメルケル独首相、オランド仏大統領とも相次いで首脳会談を行った。この間、南シナ海問題は米国駆逐艦の「航行の自由作戦」により、新たな局面を迎えている。

 中国は対外的戦略として、鄧小平時代には「韜光養晦」、すなわち力をためるまで対外的には低姿勢で臨む基本姿勢をとった。近年までの10年間、年平均10%の経済成長を実現し急速に台頭してきたが、「平和的台頭」という言葉を掲げ、周辺国の警戒心の払拭に努めた。他方、世界で第二の経済大国に躍り出た2010年以降、中国は自信をつけ、東シナ海や南シナ海などでの一方的行動が目につくようになった。習近平政権は「中国の夢」や「新型の大国関係」といった概念を掲げ、積極的な対外行動に出ている。

 おそらく、習近平国家主席にとっては「中国の夢」が最も重要な概念なのだろう。本年6月にこのコラムで「膨張する『中国の夢』に日本はどう向き合うか」の題で書いてから5ヵ月の間にも、この「中国の夢」の実現に向け具体的動きが見られる。国内的には中国国民も豊かになる夢を持つべきとし、2020年には対2010年比GDP及び一人当たり国民所得の倍増を達成すると約しているが、達成可能なのだろうか。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

田中 均 [日本総合研究所国際戦略研究所理事長]

1947年生まれ。京都府出身。京都大学法学部卒業。株式会社日本総合研究所国際戦略研究所理事長、公益財団法人日本国際交流センターシニアフェロー、東京大学公共政策大学院客員教授。1969年外務省入省。北米局北米第一課首席事務官、北米局北米第二課長、アジア局北東アジア課長、北米局審議官、経済局長、アジア大洋州局長、外務審議官(政策担当)などを歴任。小泉政権では2002年に首相訪朝を実現させる。外交・安全保障、政治、経済に広く精通し、政策通の論客として知られる。

 


田中均の「世界を見る眼」

西側先進国の衰退や新興国の台頭など、従来とは異なるフェーズに入った世界情勢。とりわけ中国が発言力を増すアジアにおいて、日本は新たな外交・安全保障の枠組み作りを迫られている。自民党政権で、長らく北米やアジア・太平洋地域との外交に携わり、「外務省きっての政策通」として知られた田中 均・日本総研国際戦略研究所理事長が、来るべき国際社会のあり方と日本が進むべき道について提言する。

「田中均の「世界を見る眼」」

⇒バックナンバー一覧