ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

大阪ダブル選挙圧勝!
橋下維新「恐るべき強さ」の謎を解く

政治ジャーナリスト・松井雅博

松井雅博 [政治ジャーナリスト]
2015年11月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

大阪ダブル選挙で圧勝!
橋下徹と維新はなぜこんなに強いのか

大阪都構想否決に内紛劇、それでも橋下維新がこれほどまでに強いのはなぜか? 写真右から、大阪ダブル選挙で街頭演説する大阪維新の会の橋下徹代表、大阪市長に初当選した吉村洋文氏、大阪府知事選で再選した松井一郎氏
Photo:アフロ/読売新聞

 11月22日、大阪に激震が走った。

 この日投開票された大阪府知事選挙及び大阪市長選挙のいわゆる「大阪ダブル選挙」において、大阪維新の会の公認候補が圧勝したのだ。大阪府知事には現職の松井一郎氏が再選、橋下徹氏の後任となる大阪市長には新人の吉村洋文氏が選出された。

 半年前、5月17日に維新の看板政策である「大阪都構想」を問う住民投票が行われたが、結果は否決。僅差とはいえ、大阪市民からの厳しい審判を受け、橋下徹元大阪市長は政界引退を表明。その後の維新の漂流と内紛劇につながった。

 一方、相手候補は自民・民主・共産が推薦または支持する「非維新連合」。維新にとっては決して楽な戦いではなかったはずだが、大阪での根強い支持を全国へ見せつける結果となった。

 それにしても、なぜ大阪維新の会はここまで根強い支持を受けるのだろうか。都構想が否決され、幾多の泥仕合を展開しても、なお支持されるカラクリは何なのか。客観的に考えれば、実に不思議な話である。

 そして、これから再び4年間の任期を得た大阪のリーダーたちは、次に何を目指すべきか。この勝利が日本全体に及ぼす影響は何なのか。

 本稿では、前回の大阪ダブル選挙からの維新をめぐる得票数に注目し、大阪の有権者の投票行動を分析しながら、今回の「勝利が持つ意味」について徹底的に考察する。

 まず、大阪市について分析してみよう。

 大阪市ではここ最近、頻繁に選挙が続いていた。2011年に前回の大阪ダブル選挙が行われたが、翌年には衆議院議員総選挙が行われ、2013年に参議院議員選挙が続き、2014年には突然橋下徹元市長が辞任を表明した大阪市長選挙(出直し選挙)と衆議院議員選挙、そして2015年は統一地方選挙を経て大阪都構想を問う住民投票があり、今回の大阪市長選挙が続いた。

 多額の税金をかけて行われる選挙であるから、データは有権者の想いを汲み取るためにぜひ有効に活用しなくてはいけない。大阪市民の投票行動の推移をわかりやすく示すために、一例として、右のグラフを作成した。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

松井雅博[政治ジャーナリスト]

まつい・まさひろ/1979年6月14日生まれ。慶應義塾大学理工学部卒。工学・教育学の2つの修士号を持つ。国家公務員1種法律職試験合格(政策秘書資格取得)。国連英検A級。マッキンゼーアンドカンパニーなどグローバル企業での勤務を経て、国会議員政策担当秘書として政界へ飛び込む。35歳の若さで、第47回衆議院議員選挙に兵庫10区(加古川市、高砂市、稲美町、播磨町)より出馬し、5万1316票を獲得するも落選。一民間人の感覚で政治の現場や裏側を見た経験を活かし、これまでブラックボックスだった政治の世界をできる限りわかりやすく面白く伝えることに情熱を燃やす。


DOL特別レポート

内外の政治や経済、産業、社会問題に及ぶ幅広いテーマを斬新な視点で分析する、取材レポートおよび識者・専門家による特別寄稿。

「DOL特別レポート」

⇒バックナンバー一覧