ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
元銀行マンの准教授が語る 「腹に落ちる」環境学

理想と現実のギャップが埋まらない「地球温暖化対策基本法案」は、実効力が見えないバーチャル法案?

――政府の環境政策が、国民の腹に落ちていかないワケ

見山謙一郎 [立教大学AIIC特任准教授/フィールド・デザイン・ネットワークス代表]
【第17回】 2010年5月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 2020年までに、温室効果ガスの排出量を1990年比、25%削減することや、2012年からの国内排出量取引制度の実施、そして地球温暖化対策税の創設などを明記した「地球温暖化対策基本法案」が、5月14日に衆議院環境委員会で可決されました。

 「地球温暖化防止は人類共通の課題」と崇高な目的を謳うこの法案ですが、お決まりの殺伐とした審議風景の中で採決される光景は、何とも言いがたい“ギャップ”を感じました。強行採決の光景のみならず、この法案自体にも“ギャップ”を垣間見ることができます。

 それは、多くの国民が、賛否を問わず環境問題に対して何らかの関心を持ちながら(理想)、政府の環境政策がなかなか腹に落ちていかない(現実)というものです。その理由は、『理想と現実のギャップ』にあるのではないか、と私は考えます。

ギャップが偏在。
法案の険しい道のり

 地球温暖化対策法案は、

 「地球温暖化を防止することが人類共通の課題」
「国際協調の下、これらの課題に取り組むことが重要」

というような、地球規模での対応がまず謳われています。そのために、

 「国内排出量取引制度や温暖化対策税などの施策を講じつつ、新たな産業の創出及び就業機会の拡大による経済成長を図る」

としており、最後に、

 「地球環境保全並びに現在及び将来の国民の健康で文化的な生活の確保に寄与することを目的とする」

と結ばれています。

 要約すれば、

 「日本が温室効果ガスの削減をすれば、国内経済の発展に伴い、国民の健康で文化的な生活が確保され、ひいては地球温暖化防止という人類共通の課題に貢献ができる」

ということです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

見山謙一郎 [立教大学AIIC特任准教授/フィールド・デザイン・ネットワークス代表]

1967年生まれ、埼玉県出身。90年立教大学法学部を卒業後、住友銀行(現三井住友銀行)に入行。05年立教大学大学院ビジネスデザイン研究科修了(MBA)。同年10月に三井住友銀行を退職し、Mr.Childrenの桜井和寿等が設立したNPOバンク(ap bank)に理事として参画。09年2月に株式会社フィールド・デザイン・ネットワークスを設立し、代表取締役に就任。企業や金融機関に対する戦略・企画コンサルティングを行う。専門は、循環型(環境)ビジネス、ソーシャルビジネス、BOPビジネス及びファイナンス。立教大学AIIC「立教グラミン・クリエイティブラボ」副所長。多摩大学経営情報学部非常勤講師。
☆ご意見・お問合わせはこちら  ☆Twitterアカウント:ken_miyama


元銀行マンの准教授が語る 「腹に落ちる」環境学

ちまたにあふれる環境ニュースやキーワードの数々。近年のエコブームで「地球にやさしい」というところで思考停止してしまい、その本質を理解できていない人は意外と多い。当連載では、国やメディアに先導されたままの環境キーワードを取り上げ、「論理」と「感性」の両方を満たす、真の環境リテラシーについて考える。

「元銀行マンの准教授が語る 「腹に落ちる」環境学」

⇒バックナンバー一覧