ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ビッグデータで解明!「物件選び」の新常識

賢い人は避けている「マンション管理費」5つの罠

沖有人 [スタイルアクト(株)代表取締役/不動産コンサルタント]
【第9回】 2015年11月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

ひょっとして管理費が高いかも?
そう感じたら調べたい「5つの罠」

「うちのマンションは管理費が高いかも……」と感じていないか。管理費は物件の条件によって想像以上に大きく変わり、その負担はバカにならない

 「うちのマンションは管理費が高いかも……」

 常日頃から、あなたはそう感じていないだろうか。

 今回は、読者が気になるマンションの管理費の実態について分析し、お伝えしたい。「私のマンションの管理費、高いような気がするんだけど……」「管理費は削減できるのだろうか……」「マンションを買うときの管理費の目安が知りたい」と悩んでいる読者諸氏は、ぜひ参考にしていただきたい。

 管理費分析のツールとなるのは、スタイルアクトが運営する物件比較サイト「住まいサーフィン」である。ここでは、1993年以降に分譲された首都圏2.3万棟のデータを基に、「管理費の実態」を調べ、公表している。そこで紹介されているデータを基に、分析していこう。

 70平方メートルで1万4420円、1平方メートルあたり206円――。これが首都圏マンションの管理費(修繕積立金は含まない)の平均値だ。管理費は、管理会社への委託状況、共用施設の内容、エリアや新築時の価格(物件グレード)によって差がある。その傾向と相場を知ることは、購入してはいけない物件の見極めや高値売却に結びつく管理費の削減など、自宅の売買戦略に欠かせない知恵となるだろう。

 では、管理費の実態を見抜く上でポイントとなる「5つのワナ」を、具体的に説明していこう。

【管理費の罠1】
ワンルームの管理費単価は
ファミリータイプの2倍以上

 第一の罠は、「ワンルームマンションの管理費単価はべらぼうに高い」ということだ。たとえば、平均面積10平方メートル台のワンルームマンションの管理費の平方メートル単価は436円と、平均面積80平方メートルのファミリーマンションの1平方メートル単価(178円)の2.5倍となる。同じ床面積となる規模のマンションで管理費がこれほど違うと、この違いはぼったくりの域と言ってもいいだろう。ワンルームは購入したオーナーが住むわけでもなく、管理組合に積極的に参加するわけでもなく、販売している会社の系列の管理会社に管理をやらせているのだから、業者は最大の収益を目論んでいると言われても否定できない。不動産屋の考えそうなことだ。これだから、不動産業界には情報格差を飯のタネにしているダーティなイメージがついて回ってしまうのだ。

 ちなみに、各マンションの平均面積帯ごとに管理費単価を集計してみると、10平方メートル台の管理費は平方メートル単価436円、20平方メートル台は361円……というように、80平方メートル台までは面積が大きくなるほど管理費は安くなる。それが70~80平方メートル台で底打ちし、そこから先は面積が大きくなるにしたがって管理費が高くなる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

沖有人(おき・ゆうじん) [スタイルアクト(株)代表取締役/不動産コンサルタント]

1988年、慶應義塾大学経済学部卒業後、2社を経て、1998年、現スタイルアクト株式会社を設立。マンション購入・売却者向けの「住まいサーフィン」は17万人以上の会員を擁する。「タワーマンション節税」などの不動産を使った節税の実践コンサルティングに定評があり、不動産分野でのベストセラー作家として講演・寄稿・取材・テレビ出演多数。主な著書に『マンションは10年で買い替えなさい』(朝日新書、2012年)、『マンションを今すぐ買いなさい』(ダイヤモンド社、2013年)、『タワーマンション節税! 相続対策は東京の不動産でやりなさい』(朝日新書、2014年)など。


ビッグデータで解明!「物件選び」の新常識

不動産は個人資産の半分を占めるにもかかわらず、プロとの情報格差が大きい。この情報格差を少しでも解消できれば、個人はもっと多角的な視点から「よい物件」を選ぶことができ、将来を見据えた資産形成が可能となる。「自宅投資」「資産インフレ予測」「タワーマンション節税」などをメディアで提唱し、新たなムーブメントを起こしてきたスタイルアクト株式会社の沖有人代表取締役が、これまで蓄積した「不動産ビッグデータ」を基に、住宅の選び方に関する「新しい常識」を徹底指南する。スタイルアクトが自宅を投資になぞらえて情報提供している「住まいサーフィン」では、17万人の会員のうち、自宅査定ツールで7割が含み益を出していることから、資産形成した人数は12万人相当と想定される。株や投資信託のように学習することで、プロ顔負けの資産形成ができる手法はある。沖社長が次に提示する不動産の秘策は、これまで同様「早い者勝ち」となるかもしれない。

「ビッグデータで解明!「物件選び」の新常識」

⇒バックナンバー一覧