ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら
【第7回】 2015年12月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
岩崎 夏海

【『もしドラ』第2弾『もしイノ』試読版 第4回】
「文乃先生の二番煎じになっちゃって、面白くないと思うんです」

1
nextpage

この作品の舞台となっているのは、東京の西部に位置する日野市。新宿から電車で30分のところにあるベッドタウンです。
この日野市に、南北を貫く「多摩モノレール」が走っています。『もしイノ』では、このモノレールが重要な役割を果たします。夢たちが通う浅川学園から野球部のグラウンドまで、これに乗って移動するからです。
この日、夢はそのモノレールに乗って初めて訪れたグラウンドで、ある意外な提案を友人の真実から持ちかけられます。

「文乃先生の二番煎じになっちゃって、
面白くないと思うんです」

 驚いた夢は、思わず大きな声を上げた。今の今まで、自分が野球部のマネージャーをやるなどとは想像もしていなかったのだ。
 しかし、すぐに真顔に戻ると、束の間考えた。それから顔を上げて、真実を見るとこう言った。
「私、やりたい。野球部のマネージャーになります!」
 するとその瞬間、真実が夢に抱きついてきた。そして、その頬にキスをした。
 驚いた夢は、思わずキャッと声を上げた。しかし真実は、なおも夢をきつく抱きしめたまま、こう言った。
「さすが夢! 話が早い。夢のそういうところ、大好きよ」
 それで夢も、抱きしめられた格好のまま、こう尋ねた。
「でも、私なんかでいいの?」
 すると、真実はこう言った。
「夢『で』いいんじゃないのよ。夢『が』いいの!」
 それを聞いた夢は、真実の方を向くと、小鼻を膨らませてこう言った。
「私、がんばる!」
「うん!」
 そうして真実は、再び夢を強く抱きしめた。公平は、それを顔を赤らめながら横目で見ていた。
 やがて、ようやく夢から離れた真実が言った。
「じゃあ、早速グラウンドを案内するよ。公平さん、お願いします」
「オーケー」
 公平は、持っていた鍵で鉄製の扉を開いた。すると、錆びた蝶番(ちょうつがい)がギギギと鳴って、ドアが重々しく開いた。
 ドアが開くと、その向こうには一面の草っ原が広がっていた。
「わぁ! だいぶ荒れてるねえ」
 そう嘆息したのは真実だった。それに対して、公平が言った。
「仕方ないよ。もう二五年も放置されていたんだから」
 真実は、その草っ原を見渡しながら言った。
「まずは、ここの草むしりからスタートかな……」
 それから三人はグラウンドを一回りしてみた。入り口付近がホームベースで、両側にはコンクリート製の屋根付きベンチもあった。一塁側のベンチ裏にはブルペンがあり、外野にはフェンスが張り巡らされていた。その向こうは北西向きの下り斜面になっている。学校の看板は、その傾斜地に立てかけられていた。
 グラウンドは小高い丘の山頂付近にあって、とても見晴らしが良かった。そのため、グラウンドのどこにいても、先ほど乗ってきたモノレールの高架や、その向こうにある多摩動物公園、さらには多摩丘陵の山々を見通すことができた。
「きれいねぇ……。すごい、あっちは浅川まで見通せる!」と外野フェンスに手をかけ、北東の方を指さしながら夢が声を上げた。「まるで『天空の城ラピュタ』みたい」
 すると、真実が振り返って言った。
「それ、いい!」
「え?」
「このグラウンドの名前、『天空グラウンド』にしようよ。略して『天グラ』」
 それに対して、夢は「すてき!」と同調した。公平も「いいねぇ」と感心して頷いた。
 そうしてこの日以降、野球部のグラウンドは「天空グラウンド」と呼ばれるようになったのだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


岩崎夏海(いわさき・なつみ)

1968年生まれ。東京都日野市出身。東京藝術大学建築科卒。 大学卒業後、作詞家の秋元康氏に師事。放送作家として『とんねるずのみなさんのおかげです』『ダウンタウンのごっつええ感じ』等、テレビ番組の制作に参加。その後、アイドルグループAKB48のプロデュースなどにも携わる。2009年12月、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(ダイヤモンド社)を著し、ベストセラーに。他の著書に『エースの系譜』(講談社)、『小説の読み方の教科書』(潮出版社)、『チャボとウサギの事件』(文藝春秋)、『宇宙って面白いの?』(講談社)、『まずいラーメン屋はどこへ消えた?―「椅子取りゲーム社会」で生き残る方法』(小学館)、『部屋を活かせば人生が変わる』(部屋を考える会著/夜間飛行)、『『もしドラ』はなぜ売れたのか?』(東洋経済新報社)、『競争考』(心交社)などがある。 また、ドワンゴ・夜間飛行にて有料メルマガ『ハックルベリーに会いに行く』を配信中。Youtubeチャンネル『ハックルテレビ』を運営。2015年から岩崎書店の社外取締役となり、児童書のプロデュースにも携わる。他に、「岩崎夏海クリエイター塾」の講師を2014年から務めている。

 


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら

275万部を突破した『もしドラ』から6年。再びドラッカーを題材にした新刊『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら』を書き下ろした著者・岩崎夏海氏が、各界の著名人を迎え、今作のテーマについて語り合います。

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら」

⇒バックナンバー一覧