ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか
【第35回】 2015年12月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
津田 久資

頭がカタい人必読!!「ひらめきセンス」を磨く法

1
nextpage

「もっとアイデアの質を高めたい」「どうすればひらめきが出てくるのかを知りたい」研修をやっていると、そんなことを質問してくる人がいる。アイデアの質を高めるもっとも手っ取り早い方法は、アイデアの「総量」を増やすことである。しかし、「とにかくたくさん」アイデアを出せばいいというわけではない。キーワードは「広さ」だ。

「なるほど! そのアイデアもあったか!!」と思わず膝を打つようなアイデアをいとも簡単に出している人たちは、どんな手順を踏んで考えているのだろうか?
今回は『あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか—論理思考のシンプルな本質』より、「3つのステップ」に沿って解説する。

パッと「いいアイデア」を出すように見える人は、何をやっているのだろうか?

アイデアの質は「総量」ではなく
「総量 × 広さ」である

以前の連載でも解説したことがあるが、アイデアの「」を高めたければ、アイデアの「」を増やさなければならない。ただし、やみくもにとにかくたくさんアイデアを出せばいいということではない。
重要なのは「広くたくさんのアイデアを出せているか」ということである。

たとえばできる限りたくさんの車を挙げる」という課題があったとき、こんな答えをする人がいる。

・ カローラ
・ クラウン
・ プリウス ……

また、こんな答えの人もいる。

・ セダン
・ ワンボックス
・ ミニバン ……

このときの問題は「発想の視点」が広がっていないことだ。
たとえば、「カローラ」「クラウン」「プリウス」というのは車種名だし、「セダン」「ワンボックス」「ミニバン」というのはボディ形状に基づく分類である。

発想が広がっていないときには、このように自分で無意識のうちに「枠組み」をつくり出してしまい、「その範囲内で」考えてしまっていることが多い。

だからこそ、「ベンツ」とか「トヨタ」とか「4WD」とか「軽自動車」といった答えを他の人が出したときに、「なるほど! そのアイデアもあったか!!」となってしまうわけである。

もちろん、ひょっとしたらその「見落とし」の中に、優れたアイデアが隠れているかもしれない。優れた発想をする人は、アイデアを拾い上げる能力が高い以前に、そうした「見落とし」が少ないのだ。

これを防ぐための具体的な方法を3つのステップに沿ってご紹介することにしよう。
モレが出ないように考えたいときには、次の3ステップを踏んでみるといい。

ステップ(1) ひとまず直感だけでアイデアを出す
ステップ(2) 大きなかたまりから分解
ステップ(3) 「下流」からも考えてみる

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


津田 久資

1958年生まれ。東京大学法学部およびカリフォルニア大学バークレー校経営大学院(MBA)卒業。博報堂、ボストン コンサルティング グループ、チューリッヒ保険で一貫して新商品開発、ブランディングを含むマーケティング戦略の立案・実行にあたる。 現在、AUGUST-A㈱代表として、各社のコンサルティング業務に従事。 また、アカデミーヒルズや大手企業内の研修において、論理思考・戦略思考の講座を多数担当。表層的なツール解説に終始することなく、ごくシンプルな言葉を使いながら、思考の本質に迫っていく研修スタイルに定評があり、のべ1万人以上の指導実績を持つ。 著書に、就活面接本の超定番書『ロジカル面接術』(WAC)のほか、『世界一わかりやすいロジカルシンキングの授業』(KADOKAWA)、『出来る人ほど情報収集はしないもの!』(WAC)、『超MBA式ロジカル問題解決』などがある。


あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか

【BCG・博報堂で考えた 勝ち続ける発想力】アカデミーヒルズや大手企業向け研修で「論理思考」を1万人以上に教えてきた津田氏は「いまや学歴エリートが容易に敗北する時代になった」と語る。では、ビジネスで勝てる人はどのように考えているのか? ライバルよりも優れたアイデアを素速く発想するための「論理思考の本質」に迫る。

「あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか」

⇒バックナンバー一覧