ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら
【第15回】 2015年12月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
岩崎 夏海

【『もしドラ』第2弾『もしイノ』試読版 第9回】
「これが『マネジメントを学ぶ』ということなんだね」

1
nextpage

マネージャーだけ五人も集まるという「予期せぬ成功」に着目した野球部は、早速のその分析に当たります。すると、その過程で学校と生徒との間にある「ギャップ」や、生徒たちの「ニーズ」というものにも気づかされました。
そうして、イノベーションの機会というものが徐々に姿を現し始めたところで、ふいに真実が、とんでもないことを言い出します。
「私たちの野球部は、マネージャーがマネジメントを学ぶための組織とするのです!」
なんと、それを「野球部の定義」にするというのです。

「これが『マネジメントを学ぶ』ということなんだね」

 真実のその言葉に、一同はシーンと静まり返った。みんな、どう反応していいか分からなかった。
 やがて、公平が呆然とした顔でつぶやいた。
「確かに、それは新しい……」。それから、一同を見回すとこう続けた。「野球部が、野球をするための組織ではなく、マネジメントを学ぶための組織だなんて、聞いたことがないよ」
「でも……」と、不安げに口を開いたのは洋子だった。「そんな大胆な定義で、本当に大丈夫かしら? みんなから、『頭がおかしい』って思われたりしない?」
「もちろん、その可能性はあると思う」
 と真実が答えた。
「でしょ、リスクが大きすぎるわ」
 すると、その洋子の言葉に対し、真実はこう言った。
「でも、この定義は闇雲に考え出したものではないわ。私たちの理想や願望でもない。『予期せぬ成功』という現実から導き出した分析の結果なの──」。それから、『イノベーションと企業家精神』の本を掲げるとこう続けた。「ドラッカーは、予期せぬ成功についてこんなふうにもいっているわ」

予期せぬ成功は機会である。しかし、それは要求でもある。正面から真剣に取り上げられることを要求する。(二三頁)

 「予期せぬ成功は、単にイノベーションのチャンスというだけではなく、それは社会の要求でもある──と。だから、それについて『正面から真剣に取り上げ』るのは、マネージャーとしての真摯さが問われることでもあるんじゃないかしら」
「むむむ、なるほど……」
「さらに、ドラッカーはこうもいっているわ──」

予期せぬ成功は、自らの事業と技術と市場の定義について、いかなる変更が必要かを問うことを強いる。それらの問いに答えたとき初めて、予期せぬ成功が最もリスクが小さく、しかも最も成果が大きいイノベーションの機会となってくれる。(二〇頁)

 「さっき洋子は『リスクが大きすぎる』って言ったけど、ドラッカーの考えはむしろ逆なの。ドラッカーは、イノベーションには大きなリスクが伴うと一般的には思われているけど、それは誤りだといっているわ。むしろ、イノベーションが必要な分野でイノベーションを行わないことこそ、最もリスクが大きいって」

 イノベーションが必然であって、大きな利益が必然である分野、すなわち、イノベーションの機会がすでに存在する分野において、資源の最適化にとどまることほどリスクの大きなことはない。論理的にいって、企業家精神こそ最もリスクが小さい。企業家精神のリスクについての通念が間違いであることを教えてくれる企業家的な組織は、われわれの身近にいくらでもある。(五頁)

 それを聞いて、五月が言った。
「確かに、冒頭の『変化を利する者』というところにも、こういう言葉が書いてあるわね──」

企業家とは、秩序を破壊し解体する者である。シュンペーターが明らかにしたように、企業家の責務は「創造的破壊」である。(四頁)

 「これでいうと、野球部を『マネジメントを学ぶための組織』と定義することは、正しいのかもしれない。だって、それってまさに『秩序を破壊し解体する』ことだから。高校野球一〇〇年の歴史と伝統を、『創造的』に『破壊』することだから」
 それを受け、真実が言った。
「ちょっと話がずれるけど、野球部の定義を『マネジメントを学ぶための組織』にしようと考えたとき、ドラッカーの提唱した『民営化』のことを思い出したんだ」
「民営化? 民営化って、例えば電電公社がNTTになったり、国鉄がJRになったりしたこと?」と洋子が言った。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


岩崎夏海(いわさき・なつみ)

1968年生まれ。東京都日野市出身。東京藝術大学建築科卒。 大学卒業後、作詞家の秋元康氏に師事。放送作家として『とんねるずのみなさんのおかげです』『ダウンタウンのごっつええ感じ』等、テレビ番組の制作に参加。その後、アイドルグループAKB48のプロデュースなどにも携わる。2009年12月、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(ダイヤモンド社)を著し、ベストセラーに。他の著書に『エースの系譜』(講談社)、『小説の読み方の教科書』(潮出版社)、『チャボとウサギの事件』(文藝春秋)、『宇宙って面白いの?』(講談社)、『まずいラーメン屋はどこへ消えた?―「椅子取りゲーム社会」で生き残る方法』(小学館)、『部屋を活かせば人生が変わる』(部屋を考える会著/夜間飛行)、『『もしドラ』はなぜ売れたのか?』(東洋経済新報社)、『競争考』(心交社)などがある。 また、ドワンゴ・夜間飛行にて有料メルマガ『ハックルベリーに会いに行く』を配信中。Youtubeチャンネル『ハックルテレビ』を運営。2015年から岩崎書店の社外取締役となり、児童書のプロデュースにも携わる。他に、「岩崎夏海クリエイター塾」の講師を2014年から務めている。

 


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら

275万部を突破した『もしドラ』から6年。再びドラッカーを題材にした新刊『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら』を書き下ろした著者・岩崎夏海氏が、各界の著名人を迎え、今作のテーマについて語り合います。

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら」

⇒バックナンバー一覧