ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
岸博幸のクリエイティブ国富論

事業仕分けと普天間基地問題で
鳩山政権が投げた「消える魔球」

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]
【第90回】 2010年5月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 事業仕分け第2弾が終了しました。昨年11月の第1弾のときとは異なり、マスメディアの狂騒もそこまでひどくありませんでしたが、それでも連日大きく報道されました。しかし、特に第2弾については大きな問題点があり、かつそれが普天間基地問題と共通することを見逃してはいけません。今の政権の本質がこの二つの問題に現れているのです。

無理があった事業仕分け第2弾

 事業仕分け第2弾は、前半は独立行政法人を、後半は公益法人を対象に行なわれました。この両方には天下り/渡り、過度の予算投入、埋蔵金など行政のあらゆる無駄が蓄積されていますので、行政の無駄の削減が目的である事業仕分けの対象としてふさわしいことは事実です。

 しかし、残念ながら、この第2弾はまったく評価できないと言わざるを得ません。それは、行政プロセスの観点から見て、やり方があまりに“詰まっていなかった”からです。

 その最大の理由は、仕分け人の判定結果には何の法的拘束力もないということです。国民の溜飲を多いに下げた事業の廃止という判定も、所詮は単なる政治的な掛け声に過ぎなかったのです。

 それでも、昨年11月に行なわれた事業仕分け第1弾では有効に機能しました。それは、第1弾の対象が予算であり、予算査定という法的な権限を持つ財務省が、仕分け人の判定結果を積極的に取り入れて予算を削減しようとしたからです。判定結果自体には何の法的拘束力がなくても、結果的にそれが行政プロセスに反映されるメカニズムが存在したのです。

 これに対して、独立行政法人や公益法人の場合は、判定結果がどのように行政プロセスに反映されて実際に行政の無駄が取り除かれて行くのか、まったく不明です。それは、独立行政法人や公益法人については、所管の省庁が判定結果を取り入れようとしない限り、行政のプロセスに反映されないからです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]

1986年通商産業省(現経済産業省)入省。1992年コロンビア大学ビジネススクールでMBAを取得後、通産省に復職。内閣官房IT担当室などを経て竹中平蔵大臣の秘書官に就任。不良債権処理、郵政民営化、通信・放送改革など構造改革の立案・実行に関わる。2004年から慶応大学助教授を兼任。2006年、経産省退職。2007年から現職。現在はエイベックス・マーケティング株式会社取締役、エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社顧問も務める。

 


岸博幸のクリエイティブ国富論

メディアや文化などソフトパワーを総称する「クリエイティブ産業」なる新概念が注目を集めている。その正しい捉え方と実践法を経済政策の論客が説く。

「岸博幸のクリエイティブ国富論」

⇒バックナンバー一覧