ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
気になるあの本を読んでみた!ベストセラー目のつけどころ
【第6回】 2015年12月4日
著者・コラム紹介バックナンバー

クリエイティブな発想はマニュアルから生まれる!
『トヨタの自工程完結』とは

1
nextpage

トヨタ現役幹部が手掛ける『現場からオフィスまで全社で展開する トヨタの自工程完結』が話題だ。タイトルに入れば売れる、と言われている「トヨタ関連本」の中でもとりわけ耳慣れない『自工程完結』という言葉には、実はとんでもない仕事のスキルが隠されていた。クリエイティブ系の人にこそ読んでもらいたい、その逆転の発想とは――。(文/斎藤哲也)

どうすればホワイトカラーの
生産性を高めることができるだろうか

 本書、『現場からオフィスまで全社で展開する トヨタの自工程完結』は、ホワイトカラーにとって、とても耳の痛い話から始まっている。

トヨタの強さはどこから生まれるのか

 日本企業の強みは何かと問われたら、多くの人は「現場」と答えるのではないだろうか。一度でも、製造業の工場見学をした人ならばわかると思うが、生産効率を高め、品質管理を徹底するための創意工夫が工場内には満ち満ちている。現場の技術力や製品の品質の高さは、いまなお世界一といっても身びいきにはなるまい。

 だが、それに比べて日本のホワイトカラーの影は極端に薄い。やたらと会議は長く、意思決定にも時間がかかる。日本企業の最大の弱点は、経営層も含めたホワイトカラーにあるというのもよく耳にする話だ。

 どうやら事情は、トヨタでも同じらしい。トヨタで長年、品質管理畑を歩んできた著者は、次のように厳しく指摘する。

〈トヨタの現場はすごい、と言われます。技術の高さ、製品の品質の高さは、世界で評価されています。しかし、ホワイトカラーについてはどうでしょうか。トヨタのホワイトカラーの仕事がすごいとは、誰も言ってくれません〉

 では、どうすればホワイトカラーの生産性を高めることができるだろうか。

 本書は、この難題に対するトヨタの取り組みを解説したものだ。トヨタでは、二〇〇七年一月から、現場で大きな成果を挙げていた新しい取り組みを、スタッフ部門の仕事にまで広げていくことが決まった。それが本書のタイトルにもなっている「自工程完結」と呼ばれるものだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
再起動 リブート

再起動 リブート

斉藤徹 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年12月

<内容紹介>
僕は4回死に、そのたびに復活した。 波瀾万丈のベンチャー経営を描き尽くした真実の物語。 バブルに踊ろされ、金融危機に翻弄され、資金繰り地獄を生き抜き、会社分割、事業譲渡、企業買収、追放、度重なる裁判、差し押さえ、自宅競売の危機を乗り越え、たどりついた境地とは

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、1/8~1/14)


注目のトピックスPR



気になるあの本を読んでみた!ベストセラー目のつけどころ

今、巷で話題になっている本、売れている本、気になっている本をさくっと一気読みしてみました。そこでわかったベストセラーの理由とは。これさえ読めば、流行り本のすべてがわかる!

「気になるあの本を読んでみた!ベストセラー目のつけどころ」

⇒バックナンバー一覧