ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
トヨタの自工程完結 ウェブ版
【第4回】 2015年12月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐々木眞一

トヨタの自工程完結は、
「カイゼン」と両輪になるものです

トヨタの現役幹部による最新刊『現場からオフィスまで、全社で展開する トヨタの自工程完結』から、読みどころを抜粋してお届けしています。今回は、「カイゼン」「QCサークル」「トヨタ生産方式」といったトヨタ発のキーワードの中で、「自工程完結」はどのような位置づけになるのか、簡単に紹介します。

前々回、前回で日本のオフィスでの仕事の進め方に関する問題がどこにあるのかを私なりに紹介してきました。残念ながら、トヨタにおいても、こういった仕事がたくさんあると思っています。私は技術屋で生産性を常に追求してきた人間でした。現場を知っている人間には、とりわけスタッフ部門の仕事には歯がゆさがありました。

 しかし、そもそもこんなことをやっていたのでは、もはや海外との競争では勝てない、ということに気づかなければいけません。生産性を高め、素早く意思決定しないといけない。

 そこで「心がけ」を「心がけ」で終わらせることなく、科学的にやることを考えたのが、「自工程完結」という新しい取り組みだったのです。

 「自工程完結」とは、良い仕事しかできない、良いものしか作れないという条件は何なのか、ということを徹底的に、科学的に実現しようとする考え方です。

 この考え方のもとで仕事を突き詰めていくと、今まではあきらめていた生産性の向上が、これまで以上に図れるのではないかと考えました。

 トヨタには、世界に知られるさまざまな用語があります。「カイゼン」もそうですし、「QCサークル」もそう。「トヨタ生産方式」もそうです。では、新しい取り組みの「自工程完結」はその中で、どんな位置づけになるのか。

 端的に言えば、トヨタの品質と生産性をカバーしているのは、「トヨタ生産方式」です。「カイゼン」はその中で行われるエンドレスの活動です。そして「QCサークル」は、「カイゼン」を促進する活動と言っていいと思います。

 「自工程完結」は、良い仕事をするためには、どうすればいいのか、を科学的に洗い出す、という考え方です。部分ではなく、全体を見ます。

 その意味では、「カイゼン」との両輪をなすもの、と言えると思います。「自工程完結」という笠をかぶせたうえで、「カイゼン」を行っていくと、「カイゼン」は後戻りせず、定着していくのです。

 まだ、概念的で少しわかりにくいかもしれません。本書では、実際のトヨタのオフィスでの事例や私の経験をベースに、なぜこの新しい取り組みが生まれたか、というところから、詳しく説明しています。

 

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


佐々木眞一 [トヨタ自動車株式会社 顧問・技監]

1970年3月 北海道大学工学部機械工学科 卒業
1970年4月 トヨタ自動車工業株式会社(現トヨタ自動車)入社
1990年4月 トヨタ モーター マニュファクチャリング UK 株式会社 品質管理部長
1995年1月 トヨタ自動車株式会社 堤工場 品質管理部部長
2001年6月 取締役就任
2003年6月 常務役員就任
2004年6月 トヨタモーターエンジニアリング・マニュファクチャリングヨーロッパ株式会社 取締役社長
2005年6月 専務取締役就任
2005年10月 トヨタモーターヨーロッパ株式会社 取締役社長
2009年6月 取締役副社長就任
2013年6月 相談役・技監就任
2015年11月 著書『現場からオフィスまで、全社で展開する トヨタの自工程完結』上梓
2016年7月 顧問・技監就任


トヨタの自工程完結 ウェブ版

トヨタが現場からオフィスまで、全社で取り組んでいる「自工程完結」という考え方を現役幹部が紹介。仕事の進め方が変わる!

「トヨタの自工程完結 ウェブ版」

⇒バックナンバー一覧