ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
逆境経営 ~山奥の地酒「獺祭」を世界に届ける逆転発想法~
【第15回】 2015年12月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
桜井博志 [旭酒造株式会社 代表取締役社長]

日本の食と酒をもっと世界へ!
BEEF×SAKEの意外かつ最強コラボが実現
【赤塚保正・柿安本店社長×桜井博志・旭酒造社長対談】

1
nextpage

倒産の危機に見舞われながらも、獺祭を随一の純米大吟醸酒に育て上げ、躍進をつづける旭酒造。一方、1871(明治4)年創業の牛鍋屋をルーツとする柿安本店も「伝統と革新」を合い言葉に、BSE(牛海綿状脳症)問題という災禍をデパ地下惣菜店の積極展開で乗り越え、精肉や和菓子、レストランといった5事業を擁して成長中です。「食へのこだわり」「お客さま第一主義」など多くのポイントで共鳴する赤塚保正・柿安本店社長と桜井博志・旭酒造社長が意気投合し、去る11月17日に「獺祭×柿安」スペシャルイベントが開催されました。柿安の特別懐石メニューが獺祭とともに供される本イベント開始直前、今回のコラボレーションが決まったきっかけや趣向、今後の2社の展望について両社長に聞きました。

「肉×日本酒」は定番化しつつある?!
大きく変化した日本酒の楽しみ方

赤塚 以前から様々な席で桜井さんのお顔は拝見していたのですが、きちんとご挨拶できたのは1年半程前でした。

桜井 私はかなりお酒が入っていましたよね。大変失礼しました(笑)。

赤塚保正社長プロフィル/1963(昭和38)年三重県生まれ。慶應義塾大学法学部を卒業後、米国留学を経て、1989(平成元)年に柿安入社。精肉やレストラン等の現場からたたきあげ、取締役レストラン営業部長、常務、専務を経て2006(平成18)年に社長就任。創業から6代目に当たる。柿安本店は精肉・惣菜・和菓子・レストラン・食品の5事業を展開しており、2016年2月期は売上高440億円、当期純利益14.2億円を見込む。

赤塚 その後、とある立食パーティーでばったり再会したのですが、くしくも2人とも獺祭の入ったグラスを手にしていて。そこへ、ちょうど牛肉ステーキが運ばれてきて、ご縁があったら獺祭と柿安でコラボレーションしたいですね、というお話をしたんです。

桜井 お会いするたび、私はいつも飲んでますね……(苦笑)そう、でもそれが今回の企画の発端でした。ちょうど肉ブームですし、私も獺祭と合わせてみたいと思っていたんです。世間では肉といえばワインなど、日本酒と合うイメージはあまり持たれていないかもしれません。でも、それは質の悪い日本酒と組み合わせてしまっているから。旨い肉と美味い日本酒なら、最高のマリアージュになると私は確信していました。

赤塚 実際、日本酒と肉って合うなと感じている方たちは大勢いらっしゃると思います。私たちの銀座店は開業から40数年が経ちますが、近年はお客さまのお酒の飲み方がかなり変化されたなと実感しています。

桜井 どんなふうに変わってきましたか?

赤塚 とりあえずビール”から始めるパターンは変わりませんが、小瓶かグラス程度にとどめて、その先は日本酒に切り換えるお客さまが増えているんです。かつて日本酒と言えば、おじさんが熱燗の徳利を傾けるイメージでしたが、最近はまったく違います。

桜井 日本酒の愛飲者といえば、楽しむためではなく安く酔えることが主眼のようなところが長らくありましたよね。

赤塚 そうですよね。今やガラリと変わって、老若男女を問わずオシャレにグラスを傾けて日本酒を楽しんでいらっしゃいます。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


桜井博志 [旭酒造株式会社 代表取締役社長]

1950年、山口県周東町(現岩国市)生まれ。家業である旭酒造は、江戸時代の1770年創業。1973年に松山商科大学(現松山大学)を卒業後、西宮酒造(現日本盛)での修業を経て76年に旭酒造に入社したが、酒造りの方向性や経営をめぐって先代である父と対立して退社。79年に石材卸業の櫻井商事を設立して集中していた。父の急逝を受けて84年に家業に戻り、純米大吟醸「獺祭」の開発を軸に経営再建をはかる。社員による安定的な旨い酒造りを目指し、四季醸造の実現や遠心分離機の導入など改革を進めた。2000年頃から始めた海外販売を本格強化するため、2014年のパリを皮切りに海外直営店を出店予定である。


逆境経営 ~山奥の地酒「獺祭」を世界に届ける逆転発想法~

純米大吟醸「獺祭」を展開する旭酒造は、約30年前、普通酒を主体とするつぶれかけの酒蔵でした。先代である父の急逝により、急遽三代目を継いだ著者は、目の前の常識を疑い、新たな酒蔵として生まれ変わるべく、改革を進めます。変革を可能にし、海外約20カ国に展開するまでに至った、熱い心と合理的思考法を紹介します!

 

「逆境経営 ~山奥の地酒「獺祭」を世界に届ける逆転発想法~」

⇒バックナンバー一覧