ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
あなたの1日は27時間になる。
【第1回】 2015年12月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
木村聡子

仕事を効率化しても、残業は減らない。
キーワードは「脱・習慣」

本連載は、誰にも邪魔されない「自分だけの3時間」の作り方をお伝えするものです。著者は税理士の木村氏。残業続きで終電族だった木村氏は、いかに自分の人生を取り戻したのか? 人生と仕事の超整理法をお伝えします。本日のテーマは「残業」です。

残業続きの毎日。
どうすればいいのか?

 はじめまして。税理士の木村聡子と申します。本連載は、私が行ってきた仕事の工夫やスピードアップメソッドをお伝えするものです。そして目的は、みなさんに「自分だけの自由な時間」をお作りいただくこと。

 「自分だけの時間」を作るために、最初にすべきことは何でしょうか?それは生活リズムを整えることです。「時間がない」「忙しい」「残業続き」という方の多くは、残業を前提とした生活リズムが習慣化してしまっています。「朝起きる→仕事に行く→定時終了→残業開始→夜遅くまで働く」という1日の流れが、定着してしまっているわけです。生活リズムを少しずつ変え、悪い習慣をなくしていきましょう。

 実は私も、「残業続きで、終電帰り」が習慣化していた人間でした。朝は6時に起きて、帰りは毎日終電。仕事を効率化しても、残業を前提とした生活リズムが習慣化していたため、なかなか残業を減らすことができませんでした。

最も危険なのは、残業を前提にした生活習慣!

 そんな私が、自分の時間をもつために最初にやったこと。それは前業の習慣をつけることでした。これは例えば、「残業時間の30分を、始業前に仕事をする30分に変えましょう」という提案です。

 定時の9時に出勤してしばらくは、従業員からの報告や相談、顧客からのメール処理に追われ、気がつけば既にお昼。自分の仕事がこなせるのは午後から……。そんな毎日を変えるべく、前業を意識的に行うようにしました。

 最初にしたことは、「催促や問い合わせが来そうだ」という顧客に、先手を打って連絡や回答をすること。受け身で仕事をすると、1日のリズムが崩れてしまうので、先手を打つ時間に「朝」を使ったわけです。その結果、従業員に対し、笑顔で余裕をもって接することができるようになりました。これが、私がダラダラ残業の日々から一歩前進するきっかけとなったのです。

残業が与える3つの悪影響を
考える

 次に、前業を行い、残業を減らすべき理由について、詳しくお話しします。

 まず本来、定時(終業)以降の時間は、職場に拘束されない自分自身の時間です。それを「残業」という形で職場に捧げるのを当たり前とするのは、もったいないと思います。私は15時以降を「投資の時間」とし、本業以外のことや自分を豊かにすること(教養、新規ビジネス模索、趣味、家族サービス)にこの時間を使うと決めています。そして18時以降については、仕事は極力やりません。

 そして2つ目、「前業」は残業よりも少ない時間で効率よく仕事ができます。始業前は訪問客も電話もなく、仕事が進みやすいことと、心や身体の疲労度が低いからです。そして何よりも「始業までに〇〇をやる」と時間に限りがあることを強く意識するので、残業よりもだらけにくく、その分仕事が早く終わります。逆に残業は、「まだまだ時間がある」と錯覚しがちです。

 最後の3つ目は、職場の人たちや顧客に先がけて仕事をすることで、1日を自分のペースで送ることが可能になる、ということです。みなさんも「そろそろあのお客様から連絡がありそう」「今日あたり上司に『あの報告書はどうなってるの?』と聞かれそう」というカンが働くことがありますよね。出勤早々このカンが当たり、相手から連絡や問い合わせがあると、仕事のペースが乱されます。残業続きで始業ギリギリ出社だと、起こりがちです。「前業」はこうしたとき、先手を打つのに使えます。始業前にこちらから連絡を入れておいたり、要求されるであろう資料を送信しておけば、自分のペースを守ることができます。

 この「前業」、みなさんが実践する際は、最初はムリのないよう10分でも20分でもいいので、始業前にちょっと仕事をするクセをつけることから始めてください。そうすると、その日のスタートダッシュの効きが明らかに違うことを実感できるでしょう。

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


税理士。木村税務会計事務所所長。
1991年、法政大学法学部卒業後、一般企業に就職。その直後のバブル崩壊で
「会社に頼らない生き方をしよう」と決意。手に職をつけるべく、
会計事務所に転職しフルタイム勤務をしながら、実質3年で税理士試験合格。
2000年に開業。

「これで自分の望む人生が手に入る!」と思ったのもつかの間、
休日もなく、朝早くから終電まで働く日々が始まる。
次第に、顧客が忙しさの元凶であるかのごとく、被害者意識を感じるまでに。
心身ともに疲れ果てたある日、「自分は何のために働いているんだろう」を考え抜き、
仕事のやり方・考え方を一新する。

6年の試行錯誤の結果、労働時間は激減。プライベートを充実させるだけではなく、
「もっと自分の価値を高めないと」という思いから、
空いた時間を
セミナー講師としての技量磨きや、
顧客への情報提供の一環としてブログ執筆に充てる。
その結果、講師業、作家業と、活動の幅が大きく広がり、年収も倍増。
現在は、顧問税理士としてだけではなく、
税務や資金調達に関するセミナー講師
としても高い評価を得ており、
年間数十講演をこなしている。


著書に『注文の多い料理店の消費税対応』(中央経済社)がある。
趣味は全国各地の球場に足を運んでのプロ野球観戦。


あなたの1日は27時間になる。

誰にも邪魔されない「自分だけの3時間」の作り方!
残業続きで終電族。毎日疲弊し、心身ともに疲れ果てた著者が、
「仕事漬けの人生を変えたい! 」と一念発起。
仕事の効率化とスピードアップで、「残業ゼロ・年収倍増」を実現!
その全メソッドを公開!

「あなたの1日は27時間になる。」

⇒バックナンバー一覧