ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
秘書だけが知っている仕事ができる人、できない人 能町光香

秘書だからわかる!仕事ができる人「4つの特徴」

能町光香 [株式会社リンクCEO 人材育成コンサルタント 一流秘書養成スクール校長]
【第2回】 2015年4月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
あなたは秘書から見て仕事のできる人?できない人? Photo:taka-Fotolia.com

 秘書の目は、鷹の目よりも鋭い。

 これは、私が秘書として働いていた時に、同僚から言われた言葉です。どういう意図でそう言ったのかを聞いてみると、「ボクが見えないところを見ている。いったい目がいくつあるのだろう、と思うほどだ」とのことでした。

 秘書は、その職業の性質上、「一流の目が養われる」ポジションと言えるでしょう。なぜなら、秘書の仕事の特異性により、通常、なかなか垣間みることのできない場面に身を置くことになり、一流の人たちが日々どのように仕事をしているのかをつぶさに見ることが可能だからです。

 たとえば、会議の議事録をとる役割を担うと、経営会議に参加することもあります。議事録をとりながら、経営層がどのようなテーマについて議論しているのか、その議論の論点はどこにあるのか、どのように意思決定がなされるのか、10年後には会社はどこに向かうのか、など様々な点について知ることになります。もちろん、その情報はコンフィデンシャルですから、他言することはありません。

 日々、秘書は、間近でリーダーの考え方や哲学、仕事ぶりに触れることができる立場なのです。

秘書は1日一緒に仕事をしただけで
仕事のできる人かどうか、がわかる

 ここで、きっとこんなふうに思う人もいらっしゃるのではないでしょうか。リーダーの側で働く秘書の人たちに、「仕事ができる人」とは、どんな人なのかを一度聞いてみたい、と。

 現在、一流秘書養成スクールを主宰していますが、受講生である現役秘書の人たちに、「1日仕事を一緒にしたら、その人が仕事のできる人かどうかわかりますか?」と聞くと、多くの人が声を潜めながら、こう言います。

 「(躊躇しながら)大きな声では言えませんが、わかります」

 さらに、ベテラン秘書にもなると、将来、相手がどんなポジションにつくのかまで予測できると言います。それぐらい、「人を見る目」が、仕事を通じて養われていくものなのです。

 そこで今日は、誠に僭越ながら、秘書の立場・視点から見た「仕事のできる人、できない人」についてお伝えしたいと思います。

次のページ>> 「言い訳をしない」
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

能町光香(のうまち・みつか)[株式会社リンクCEO 人材育成コンサルタント 一流秘書養成スクール校長]

青山学院大学、The University of Queensland大学院卒業。10年間、バンクオブアメリカ・メリルリンチ、ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インクなどの一流企業のトップエグゼクティブの秘書として活躍し、数々の業績を残し、組織から高い評価を受ける。その後、人材育成コンサルタントとして独立。2013年に、日本での秘書人材育成の必要性を痛切に感じ、「一流秘書養成スクール」を創設。上司の右腕として活躍できる「真のエグゼクティブ・アシスタント」の育成を目指し、豊富な経験に基づく実践的な解決方法を伝える講演や企業研修、コンサルティングをおこなっている。また、サービス・ホスピタリティ・アワード審査委員を務めるなど、経営における「サービス・ホスピタリティ力」の重要性を説き、サービス・ホスピタリティ・マネジメントの普及啓蒙を行う。主な著書に、20万部のベストセラー「誰からも気がきくと言われる45の習慣」(クロスメディア・パブリッシング)など著書多数。
公式ホームページ:http://www.link2u.co.jp/


秘書だけが知っている仕事ができる人、できない人 能町光香

この連載では、10年間秘書を務め、現在では一流秘書の育成に携わる能町光香さんが、経営層に近いところで働く秘書だからこそ垣間みることができた、一流の人たちの仕事術についてお伝えしていきます。
 

「秘書だけが知っている仕事ができる人、できない人 能町光香」

⇒バックナンバー一覧