マイホームを共有名義で購入するなら、税務署から「お尋ねの書類」がくることを想定して、書類上のつじつまが合うようにしておきたい。表面の持ち分比率と裏面の資金調達の比率が同じであれば、それ以上調査されることはない。

夫が急死!夫の親は
「夫婦のお金」と思ってくれる?

 もうひとつ考えられる弊害は、相続の問題だ。たとえば、子どもがいない夫婦で「結婚してから貯めた『夫婦のお金』は2000万円。全額夫名義の銀行口座にある」という場合、口座の名義人が死亡するとちょっとやっかいだ。

 子どもがいない夫婦の場合、相続人は配偶者と親である(配偶者3分の2、親3分の1)。夫が死亡すると、2000万円の預金は夫の両親にも相続権がある。妻は「2000万円は2人で貯めたお金だから、1000万円は私のもの。相続の対象となるのは半分の1000万円のはず」と思うだろうが、夫の両親はそう見ないかもしれない。息子の名義の口座にあるなら、息子が働いて貯めたお金と見るのが自然だ。

 夫の両親が「私たちは息子のお金を当てにして生活していたわけでないので、このお金は要りません」と権利を放棄してくれれば何の問題もないが、放棄してくれる親ばかりとは言いがたいのが実際だ。日頃から親との関係が良好でないと「もめる」可能性は高い。

 親より先に死亡するケースは可能性として少ないが、マイホーム購入はほとんどの人に当てはまる事例だ。銀行預金が「2人の連名」の名義で作れない以上、あとで「もめる」要素を残さないようにするのがいい。