ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
東京23区 データで分かる区の実力

文京区――東大や出版社を擁する「学問の街」には、
実は汗と涙の歴史もある

小口達也 [一般社団法人東京23区研究所 上席研究員],東京23区研究所,フィルモア・アドバイザリー
【第6回】 2010年6月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「文京」とはやや珍しい区名だが、これは「文の京」「文教(学問)の府」であることを象徴したものだ。その名にふさわしく、東京大学をはじめとする高等教育機関が数多く所在し、出版関連の事業所も多く有する区。そして、小石川後楽園、六義園(りくぎえん)のような名庭園もある。

「学問の府」の象徴である
「文京区」の名前の由来

 文京区は、1948(昭和23)年、東京都の区部が22区(後に23区)に改編された時に、旧・小石川区と旧・本郷区の両区が合併して誕生した。

 「帝国大学」(後に「東京帝国大学」、現「東京大学」)が旧本郷元富士町の加賀前田屋敷跡に開学したのは、明治10年のことであった。現在の文京区に当たる地域は、江戸時代には大半が武家地によって占められていた。明治時代に入ると、それらの広大な武家屋敷の跡地は大学などの教育機関の敷地や軍用に転用されていく。

 それに先立ち、区域内には幕府の最高学府「昌平坂学問所」があり、官学の府ともいうべき湯島聖堂があった。「文京(文教)」は、すでに江戸時代にして基礎づけられていたのである。

 昌平坂学問所跡に師範学校、女子師範学校が設立され、東京大学が現在地に移転を完了し、文教地区文京の特色をいよいよ鮮明にしていった。一方、水戸徳川家の上屋敷内の庭園が現在の小石川後楽園となり、甲府の柳沢家の下屋敷庭園が六義園となったことから、貴重な緑地を保全することにつながった。

 「文の京」と言えば、やはり、学校。この区には、私立学校が充実している。区域が広くないにもかかわらず、私立の中学校、高等学校、ともにその数は23区中第2位である。また、この区にある高等学校(国・公・私立)の生徒の大学等進学率を見れば、男子では70.6%で23区のトップに立つ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
使えるデータ満載「東京23区ランキング」2冊同時発売中

東京23区の各区の特徴をランキングで徹底分析したデータブック「東京23区ランキング」。各区ごとにまとめた「赤版 意外な区の横顔編」(写真)と、テーマごとに区の実力をランキング化した「青版 仕事に役立つデータ編」の2冊が刊行。小口達也+東京23区研究所著。各1260円(税込)

話題の記事

小口達也 [一般社団法人東京23区研究所 上席研究員]

一般社団法人東京23区研究所上席研究員。1978年より財団法人・東京都政調査会研究員、都市問題・自治体政策の研究に従事。87年より中央大学社会科学研究所・客員研究員、多摩地区の地域開発研究に従事。その後、フリーを経て現職。

フィルモア・アドバイザリー

2006年11月、海外機関投資家向けの独立系リサーチ会社として設立。現在は数値データのグラフ化・共有サイト「vizoo」、グラフ投稿サイト「Figit」の運営を行うほか、メディア向けにグラフを用いた特集記事等を配信。
フィルモア・アドバイザリー


東京23区 データで分かる区の実力

世界一の都市圏である東京。特にその中心となる23区は、データや知識を積み重ねると、それぞれの区が特徴や「区民性」を持ちながら、それぞれの土地に人やビジネスを惹きつけていることがわかる。そんな各区のデータを見ながら、歴史や周辺情報と共に、23区それぞれの特徴、「実力」を明らかにしていく。

「東京23区 データで分かる区の実力」

⇒バックナンバー一覧