ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

公的マネー息切れ 円安頭打ち
16年は1万6000円割れも

丸山 俊(BNPパリバ証券日本株チーフストラテジスト)
2016年1月4日
1
nextpage

 日本株(特に日経平均株価)の先進各国に比べて相対的に割高なバリュエーションは、(1)公的・準公的年金基金のポートフォリオ見直しに伴う国内株式買い入れと(2)円安にけん引された高い利益成長によってもたらされてきた。

 しかし、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)に続いて、運用見直しに着手した3共済も、2016年春先には買い余力が尽きる見込み。今後は株価下落で国内株式の資産配分比率が大幅に低下しない限り、国内株式の買い余力はないと考えるべきだろう。

 日本銀行は年間3兆円(16年4月からは3兆3000億円)のETF(上場投資信託)買い入れを継続する。しかし、日銀は株価の下落時にしか買い入れない。

 ゆうちょ銀行とかんぽ生命保険も有価証券運用において国内株式を増額することを表明している。

 しかし、貯蓄銀行であるゆうちょ銀行が積極的にリスクを取る必要はない。ベンチマークになる資産配分比率がなく、トレーディング収益に依存するのであれば買い一辺倒にはならないはずだ。かんぽ生命保険には国内株式増額を通じて運用収益を改善させる余地がまだあるものの、いつも買い持ち主体というわけではない。16年春以降、公的・準公的マネーに期待はできない。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2016年9月3日号 定価710円(税込)

特集 メガバンク 地銀 証券 金融エリートの没落

本業全滅!銀行員、証券マンの苦悩を徹底描写

【特集2】
全てはボールペン軸から始まった
「加工の匠」積水化学の開発力

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧