ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ヘンタイ美術館
【第9回】 2016年1月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
山田五郎 [評論家],こやま淳子 [コピーライター]

ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロ
誰が一番ヘンタイか?

1
nextpage

「ヘンタイ美術館」とは、美術評論家・山田五郎さんを館長、ズブの西洋美術シロウト・コピーライターこやま淳子さんを学芸員見習いに見立てた架空の美術館。美術に興味はあるけれどどこから入っていいのかわからない、という方々に向けた、西洋美術の超入門・連載です。こちらの連載では、書籍『ヘンタイ美術館』から内容をピックアップしてお届けします。今回は、「ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロ 誰が一番ヘンタイか?」についてです。

結論。いちばんの
ヘンタイは誰だ!?

山田 そんなわけで、発注する側としてはダ・ヴィンチは信用できない。故郷フィレンツェや当時の画家の聖地バチカンでは雇い主が見つからず、ミラノ公に自分を売り込んでやっと職を得た。それも画家としてではなく軍事技術者として売り込んだ結果なんですよ。自己推薦文の最後に「絵も描きます」みたいな一言が添えてあったとか。

こやま 「なんでもやります」的な(笑)。

山田 実際、ミラノ公に頼まれた仕事は城壁のデザインとか武器の考案とか、そんなのばっかりなんですよ。

こやま できたんですか?

山田 いや、例によってほとんど実現していません。巨大な騎馬像の彫刻も注文されてるんだけど、それも原型の粘土像までで終わってます。

こやま それもやりきれなかったんですね……。

山田 ただ、メモやスケッチはちゃんと残ってるんですよ。

こやま スケッチが残っててもねえ……、ちゃんとやれよって感じですよね。多少はできたわけですから。

山田 その多少できたなかに『最後の晩餐』というヒット作が一発あったから、あとはやればできる子で引っ張れたのかも。

こやま すごい自由な人ですね……。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


山田五郎[評論家]

やまだ・ごろう/1958年東京生まれ大阪育ち。映画を学ぼうと上智大学新聞学科に入るが西洋美術史に興味を持ち、オーストリアに遊学。帰国後、大学院に進もうとしたが向いてないと教授に言われ自分でもそう思ったので出版社に就職。美術書を手がけるつもりが雑誌編集者として働くことに。
あらゆる分野で細分化と厳密化が進みすぎて全体像がわかりにくくなっている中で、自分は専門家ではないからこそ批判を怖れずざっくり面白く伝えることができると気づく。以来、美術、時計、食、街などについて、ざっくりした話を書いたり語ったり。
近著に『知識ゼロからの西洋絵画史入門』(幻冬舎)、『銀座のすし』(文春文庫)など。テレビ『ぶらぶら美術・博物館』(BS日テレ)や『出没!アド街ック天国』(テレビ東京系)など。

こやま淳子[コピーライター]

こやま・じゅんこ/京都生まれ。早稲田大学卒業後、博報堂などを経て独立。西洋美術はズブのシロウト。そんな自分にも楽しく美術を解説してくれた山田五郎トークの魅力にとりつかれ、ギャラリストの小和田氏、VoiceVisionの上地氏らとともに『ヘンタイ美術館』を企画。「学芸員見習い」として五郎館長に教えを請うトークイベントから始まり、同名書籍の元になった原稿を作成。様々な方々の協力を得ながら刊行に至る。
最近の仕事に、プラン・ジャパン「13歳で結婚。14歳で出産。恋は、まだ知らない。」、ワコール、カゴメ、ロッテの他、宣伝会議講師なども務める。著書に『しあわせまでの深呼吸。』『choo choo 日和』シリーズ。


ヘンタイ美術館

この「ヘンタイ美術館」は、美術評論家・山田五郎さんを館長に見立てた架空の美術館。美術に興味はあるけれどどこから入っていいのかわからない、という方々に向けた、西洋美術の超入門企画。

ダ・ヴィンチやミケランジェロといった、有名美術家たちは、じつはかなりどうかしちゃってるヘンタイばかり。そんな人間くさい美術家たちのキャラクターにスポットを当て、わかりやすく解説。

「ヘンタイ美術館」

⇒バックナンバー一覧