ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

単なる「言いたい放題」ではない!
トランプ氏の老獪なメディア戦術

窪田順生 [ノンフィクションライター]
2016年1月9日
1
nextpage

白人労働者層のハートをわしづかみ
「トランプ旋風」はなぜ起きたか

 ドナルド・トランプ氏の勢いがとまらない。昨年末、CNNとORCが発表した世論調査では、米大統領選に向けた共和党の指名争いで、トランプ氏が支持率39%と、他の候補者に圧倒的な差をつけている。

 イスラム教徒の入国禁止、メキシコとの国境に高い壁を建てろ、などなど政治生命を失いかねない放言を繰り返しているにもかかわらず、この強さの秘密はいったいどこにあるのか。

数々の放言を繰り返す”危険人物”・トランプ氏。しかし、その奇抜な言動の裏には、生き馬の目を抜く不動産ビジネスで培った、したたかな戦略がある Photo:AP/AFLO

 BBCは、トランプ氏の支持者は「年配で、より経済的に豊かではなく、より教育を受けていない層」だと分析。カナダのトロント・スター紙も、「右寄りの白人低所得者層で、現在の政治システムに裏切られたと感じている人々」としている。

 近年、民主党に見切りをつけて共和党に流れ込む白人労働者層が増えており、彼らのハートをわしづかみにしていることが、トランプ旋風の正体だというわけだ。

 有識者やアナリストらも同様の見立てで、この勢いは長く続かないと多くはみている。今は物珍しさで持ち上げられているが、実際の選挙戦が近づくと具体的な政策討論や実行力に注目が集まるので「飽きられる」らしい。

 「そのとおり!」と膝を打つ人も多いかもしれないが、個人的にはこれらの分析をすべて鵜呑みにはできない、と思っている。

 米メディアやインテリ層は当初、トランプ氏を「泡末候補」だと触れ回っていたという過去もさることながら、これらの論調が、すでになにかしらの政治的意図をもったスピンコントロール(情報操作)である可能性もあるからだ。

 日本の選挙でも「空中戦」という言葉があるように、メディアを用いて対抗馬にネガティブな情報を流すというのは、どこの国でも変わらない。特にアメリカでは、ホワイトハウスのプレスルームを「スピンルーム」(情報操作の部屋)と呼ぶように、政治の世界では自らを利する「情報操作」「印象操作」を行うことは決して珍しくないのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
ビジネスプロフェッショナルの方必見!年収2,000万円以上の求人特集
ビジネスプロフェッショナルの方必見!
年収2,000万円以上の求人特集

管理職、経営、スペシャリストなどのキーポジションを国内外の優良・成長企業が求めています。まずはあなたの業界の求人を覗いてみませんか?[PR]

経営課題解決まとめ企業経営・組織マネジメントに役立つ記事をテーマごとにセレクトしました

クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

窪田順生 [ノンフィクションライター]

くぼた・まさき/1974年生まれ、学習院大学文学部卒業。在学中から、テレビ情報番組の制作に携わり、『フライデー』の取材記者として3年間活動。その後、朝日新聞、漫画誌編集長、実話紙編集長などを経て、現在はノンフィクションライターとして週刊誌や月刊誌でルポを発表するかたわらで、報道対策アドバイザーとしても活動している。『14階段――検証新潟少女9年2カ月監禁事件』(小学館)で第12回小学館ノンフィクション大賞優秀賞を受賞。近著に『死体の経済学』(小学館101新書)、『スピンドクター“モミ消しのプロ”が駆使する「情報操作」の技術』(講談社α文庫)がある。


DOL特別レポート

内外の政治や経済、産業、社会問題に及ぶ幅広いテーマを斬新な視点で分析する、取材レポートおよび識者・専門家による特別寄稿。

「DOL特別レポート」

⇒バックナンバー一覧