ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
政局LIVEアナリティクス 上久保誠人

菅首相は高い人気を利用し、不人気だが必要な政策の実現を

上久保誠人 [立命館大学政策科学部教授、立命館大学地域情報研究所所長]
【第51回】 2010年6月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 鳩山由紀夫首相が辞任し、菅直人副総理・財務大臣が新たに首相に就任した。菅氏は民主党代表選から組閣・党役員人事、国民新党との駆け引きで手際の良さを見せて、政権誕生直後の支持率が60%を超えた。

鳩山・小沢ダブル辞任への
自民党の危機管理意識の欠如

 一方、普天間基地移設問題で鳩山政権を追い込んだはずの自民党は支持率を大きく下げた。前回、普天間基地移設問題での鳩山政権への批判は、いずれ自民党に降りかかると警告した(第50回)。菅政権の誕生で、自民党はより深刻な危機に直面した。

 鳩山・小沢一郎両氏の辞任は、9回裏の逆転満塁ホームランのようだ。その鮮やかさに、「5月末」の期限設定は、「辞任カード」を切るための仕掛けだったという指摘すら出ている。さすがにそれは考えすぎだが、自民党はもう少し「5月末」のリスクを管理すべきだっただろう。

 森喜朗元首相は自民党執行部に内閣不信任案の早期提出を訴えていた。鳩山政権の総辞職を防ぐためだったという。「5月末」に訪れる自民党の危険性を察した「政局眼」はさすがだったが、執行部はこれを無視した。

 しかし、それ以上に深刻なのは、自民党が国会で政策論争を行ってこなかったことだ。ダブル辞任で「政治とカネ」「普天間」が消えてしまうと、国民の目には自民党はなにもしてこなかったと映るようになるからだ。

 この連載では、自民党が「政権交代ある民主主義に対応する政党」に生まれ変わるべきと主張してきた(第34回)。それは、積極的に対案を出して、小選挙区制下で政権選択ができるようになった有権者に応えることだ。ところが自民党は、政権交代とは「自民党へのお仕置き」であり、民主党が失政を犯せばすぐに政権の座に戻れると考えた。

 だが、鳩山政権が迷走しても、自民党への支持は戻らなかった。国民は自民党政権の安易な復活を望んでいないからだ。また、「政治とカネ」「普天間」はそもそも自民党政権期に起こっていた問題なのに、自民党が積極的に対応しないことにも、国民は不信感を持った。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上久保誠人 [立命館大学政策科学部教授、立命館大学地域情報研究所所長]

1968年愛媛県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、伊藤忠商事勤務を経て、英国ウォーリック大学大学院政治・国際学研究科博士課程修了。Ph.D(政治学・国際学、ウォーリック大学)。博士論文タイトルはBureaucratic Behaviour and Policy Change: Reforming the Role of Japan’s Ministry of Finance。

 


政局LIVEアナリティクス 上久保誠人

「大物政治家に話を聞いた」「消息通に話を聞いた」といった大手マスコミ政治部の取材手法とは異なり、一般に公開された情報のみを用いて、気鋭の研究者が国内・国際政局を分析する。

「政局LIVEアナリティクス 上久保誠人」

⇒バックナンバー一覧