ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ドラッグストアニュースPick-Up

イケセイキレイステーション
ブランドの垣根を越えた
カウンセリングサービスを強化

ドラッグストアニュース
【第14回】 2010年6月22日
著者・コラム紹介バックナンバー

 「今使っている化粧品は本当に私の肌に合っているのだろうか?」「もっとぴったりの化粧品があれば、是非使ってみたい」

 そんな女性たちのホンネをすくい上げて、ブランド横断型のカウンセリングサービス「イケセイキレイステーション」を立ち上げたのが西武池袋本店(東京・池袋)だ。

 リーマン・ショック以降、節約志向が強くなり、ネット通販やセルフ業態への顧客流出などもあって、右肩上がりを続けていた百貨店の化粧品売場の売上が、2009年度はマイナスに転じた。そごう・西武(東京都千代田区)では、あらためて顧客ニーズがどこにあるのかを探るべく、カード会員や女性従業員にアンケートを実施したところ、「百貨店のカウンターは敷居が高く、買わされる感じがして苦手」「ブランドを超えてアドバイスをくれるコーナーがほしい」「さまざまなブランドを試せるコーナーを設置してほしい」という声が。それを解決し、百貨店の化粧品売場の敷居を下げようという試みが、イケセイキレイステーションだ。

 西武池袋本店に出店している28ブランドの研修を受けた西武百貨店の専門スタッフが肌解析をしたり、抱えているトラブルをヒアリング。予約制で50分もしくは20分のコースが選べる。専門スタッフは8人いて、常時、店頭に4~5人いる態勢だ。タッチパネルを使って10分でできるセルフカウンター(いずれも無料)も用意している。

 28ブランドのスキンケア化粧品をデータベース化しているので、50分コースの最後は肌質に合った商品を絞り込んで、参考資料として出力。各ブランドのカウンターで購入するか否かは自由なので、心理的負担は軽い。

 4月7日からスタートして5日間の実績では、50分コースを利用した62人中29人が購入に結びついており、「手ごたえを感じている」と同社商品部衣料品統括部婦人雑貨部チーフバイヤーの矢田康泰氏。

 さらに、メーカーの協力を得て、イケセイキレイステーション内にテスターやサンプル(有料)、スターターキット(有料)も準備し、まずは試して実感してから各ブランドで購入したいという女性のニーズにも対応している。こちらも好評だ。

 13坪ほどのスペースを使っているが、正面部分には各ブランドの限定キットなどを陳列。中に入ると美白や毛穴といった肌の悩み別に売れ筋商品を見られるようにして、テスターも置くなど積極的な情報発信に挑戦。百貨店でありながらセルフで情報を取得できるようにしている。

 矢田氏は、「売り込まない場をつくることで敷居を下げながら、的確な情報提供で売場につなげ、初年度は昨対比2ケタ増をめざしている」という。

 DgSなどセルフが主体の業態でも、現状はブランド展開が主流だ。しかし、これでは同質化を免れない。ブランド以外の切り口を持って「あなたの肌にはこれ」という提案が導き出せる売場づくりが求められているのではないだろうか?


「ドラッグストアニュース」6月号 好評発売中!

6月号の『ドラッグストアニュース』は、注目の特集が目白押しです。第1特集は、薬事法改正で登場した新資格者・登録販売者にスポットを当て、全国初の企画としてまとめました。ドラッグストアはもちろん、スーパーマーケットやコンビニエンスストアで働く彼らの現場レポートも必見です。
第2特集は、2010年上半期の注目新業態レポート。マツモトキヨシやイオン、セブン&アイはじめ、MUJI、@cosme store、薬日本堂の新たな訴求ポイントに注目です!
企業レポートは、狭域高密度出店で付加価値を生み出すサンキュードラッグ(福岡県)、イオングループスーパーマーケットでの医薬品販売モデルを構築した琉球ジャスコ(沖縄県)が登場します。
その他、カウンセリングとプロモーション情報を満載した『ドラッグストアニュース』をお見逃しなく!
購読のお申し込みはこちらから

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

ドラッグストアニュース

ドラッグストアニュースは、拡大するヘルスケア&ビューティケアマーケットに携わるビジネスパーソンに向けた情報誌。最新店舗情報や企業情報、そして今後ますます重要になる、生活者に自店のファンになっていただくための商品カウンセリング、コミュニケーション情報を満載し、薬剤師や登録販売者など、スタッフのスキルアップをサポートしています。成熟社会が訪れたいま、身近で快適なライフスタイルを生活者に提案するスタッフへビジネスのヒントを届けます。
最新号の内容・購読お申し込みはこちら


ドラッグストアニュースPick-Up

業界情報から消費者トレンドまで、ドラッグストアニュース編集部が日々の取材活動を通じて取り上げる選りすぐりの巻頭ニュース。

「ドラッグストアニュースPick-Up」

⇒バックナンバー一覧