ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏

人事がフェイスブックを見て不採用にする人の投稿の特徴

丸山貴宏 [株式会社クライス・アンド・カンパニー代表取締役]
【第30回】 2016年1月25日
1
nextpage

SNSは自分が判断される
材料の一部になる

あなたのフェイスブックの投稿を、採用担当者は事細かに見ています!

 フェイスブックやツイッターなどのSNSが普及し、一般の個人でも「炎上」するケースは珍しくもありません。SNSは不特定多数の人々に発信するものであり、自分が判断される材料の一部になるという認識は欠かせなくなりました。

 では企業は中途採用活動において、個人のSNSをどう見ているでしょうか。結論から言うと、採用活動をしている企業の多くが応募者のフェイスブックをチェックしており、当社も採用時には必ず目を通します。ツイッターは実名でやっている応募者が少ないせいか、あまり話題にはのぼりません。

 フェイスブックを見るタイミングはいろいろで、必ずしも一次面接の前に全員のフェイスブックをチェックするわけではありませんが、採用プロセスが進んでいけば必ずどこかのタイミングで目を通すことになります。

面接時の印象と
タイムラインにズレはないか?

 ではフェイスブックのどんな点に注目し、どう使っているのか。タイムラインを一通り眺めて気になる要素はないかを見て、あれば面接で確認する。あるいは面接後にフェイスブックを見て、実際に会ったときの印象とタイムライン上の印象にずれがないかを確認するといった使い方が多いです。要するに「念のため」的に見ている人事やコンサルタントが多いのです。

 もちろん、そこには面接ではなかなか見えてこないネガティブな側面がないかをチェックする意図もあります。面接ではごく一般的な会社員の印象を与える人だったのに、フェイスブックのタイムラインを見たら他者に対して非常に攻撃的で、ひどい言葉づかいをしている人がいたりします。また、一方的で理不尽なクレームを書き散らかしている人を見かけることもあります。人事はこういう人たちを警戒して見ることになります。

 まして、公序良俗に反する行動や言動があればアウトになることは言うまでもありません。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

丸山貴宏 [株式会社クライス・アンド・カンパニー代表取締役]

1986年滋賀大学経済学部卒業後、リクルート入社。7年間人事担当採用責任者として新卒、中途、留学生、外国人など多岐にわたる採用を担当し同社の急成長を人材採用の側面から支える。退職後現社を設立。リクルートで実践した「企業力を超える採用」の実現のため1000社を超える顧客にそのノウハウを提供、さまざまな分野の支援を実現。また個人へのキャリアコンサルティングは1万名を超え、「個人の本気に火をつける」面談には定評がある。49歳。1963年生まれ、いて座。

 


転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏

35歳以上の転職がもはや当たり前の時代になり、これからはより多くの人が転職を意識することになる。しかしそのときに「転職の作法」を全く知らないがために、失敗し続けてしまっては本末転倒だ。この連載では、失敗した人を具体的な事例として出しながら、何が悪かったのか2万人を見てきた転職コンサルタント丸山貴宏の視点で一刀両断。成功へと導く手助けをします。

「転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏」

⇒バックナンバー一覧